古銭買い取り業者徹底比較!

記念硬貨の買取相場・価値と概要を紹介します。記念硬貨の買い取りをお考えの際にも参考にしてください!

記念硬貨の価値と概要、おすすめ買い取り業者を紹介します!

記念硬貨の価値と買い取り価格はどれくらい?

古銭の価値に悩む女性

記念硬貨は銀行にて額面通りの金額で換金できますが、記念硬貨には額面以上の価値がある可能性がありますので、換金を考える前に古銭買い取り業者に買取を依頼した方が賢明です。
※記念硬貨の買取は古銭買取の1ジャンル扱いですので、ほとんどは「古銭買取業者=記念硬貨買取業者」となっています。

「コインショップでは額面以上では買取してくれない」という話もありますが、それは記念硬貨の状態と種類によります。記念硬貨は額面よりも高く販売されていた種類も多い事から、額面よりも高い価格で買い取りしてもらえる記念硬貨は意外と多く存在します。

このページで記念硬貨の買取相場の目安を一覧と概要を一覧で紹介していますので、まずは参考にしてみてください。
※このページで説明している価値は状態の良い記念硬貨の買取相場目安です。

ちなみに、記念硬貨は換金せずとも額面通りの価値で買い物で使用する事も可能ですが、見慣れた硬貨ではない為、お店によっては使用を断られる事もあります。


記念硬貨の買取価格を簡単に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明するのはあくまでも記念硬貨の目安の価値や買い取り相場ですので、先に記念硬貨の買取価格を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に記念硬貨を査定してもらえます。

記念硬貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに買取価格は明らかになります。

記念硬貨は状態によって価値が大きく変動しますので、正確に知りたいと言う方であればメール査定が価値を知る為にこの上ない程の最善の手段なのです!
特に、価値の高い記念硬貨をお持ちであれば、複数の古銭買取業者にメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。 メール査定であれば買取も簡単に断れますのでご安心ください♪

記念硬貨をメール査定してもらう方法やお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

記念硬貨の買取相場と価値について

では、記念硬貨の価値と基本的な情報について説明していきます
このページでは、日本国内で発行された記念硬貨の価値について説明します。このページで説明する記念硬貨の一覧は次の通りです。
※記念硬貨の名称をクリック(タップ)でページ内ジャンプします

新しい記念硬貨情報をピックアップ

発行年度順:記念硬貨一覧リスト

※記念硬貨の名称をクリック(タップ)でページ内ジャンプします。

最近の記念硬貨の価値と買い取り相場

東京2020オリンピック競技大会記念硬貨の価値と買い取り価格

東京2020オリンピック競技大会記念硬貨
発行年度:2016年(平成28年)
額面の種類:1000円
素材:銀貨
東京2020オリンピック競技大会記念硬貨は2020年(平成32年)に開催される東京オリンピックを記念して発行された記念硬貨です。素材は純銀でできており、大きな特徴として日本で初めて両面がカラーの記念硬貨という点も挙げられます。東京2020オリンピック競技大会記念硬貨の買取価格は10000円以上は期待したいところです。

東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨の価値と買い取り価格

東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨
発行年度:2016年(平成28年)
額面の種類:1000円
素材:銀貨
東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨は2020年(平成32年)に開催される東京パラリンピックを記念して発行された記念硬貨で、上記の「東京2020オリンピック記念硬貨」と図柄以外はほぼ同じ条件で発行されています。その為、東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨の買取価格も10000円以上は期待したいところです。

第8回アジア冬季競技大会記念硬貨の価値と買い取り価格

第8回アジア冬季競技大会記念硬貨
発行年度:2017年(平成29年)
額面の種類:1000円
素材:銀貨
第8回アジア冬季競技大会記念硬貨は額面が1000円の純銀貨幣、製造費用が額面を超えるプレミアム貨幣です。2020東京オリンピック記念硬貨の次に作られた記念硬貨です。2020東京オリンピック記念硬貨と比べると人気に差が出てしまいますが、第8回アジア冬季競技大会記念硬貨の買取価格は4000円から期待できます。

記念硬貨の価値と買い取り価格を紹介

東京五輪記念硬貨の価値と買い取り価格

東京五輪記念硬貨
発行年度:1964年(昭和39年)
額面の種類:100円、1000円
素材:銀貨
東京五輪100円銀貨の価値はおよそ800円で買取価格となると100~300円まで期待できます。「東京五輪1000円銀貨」の価値は5000円程度、買取価格となると2000円~3000円程度まで期待できます。五輪記念硬貨は最も有名な記念硬貨の一つで、買取相場でいうと1000円銀貨の方が買取相場は高い傾向にあります。

大阪万博記念硬貨の価値と買い取り価格

大阪万博記念硬貨
発行年度:1970年(昭和45年)
額面の種類:100円
素材:白銅貨
大阪万博記念硬貨は別名「大阪万博100円白銅貨」と呼ばれ、文字通り1970年に開催された大阪万博の開催を記念して発行された記念硬貨です。
大阪万博100円白銅貨の価値はおよそ1000円前後、買い取り価格となると200~500円程度というところです。

札幌五輪記念硬貨の価値と買い取り価格

札幌五輪記念硬貨
発行年度:1972年(昭和47年)
額面の種類:100円
素材:白銅貨
札幌五輪記念硬貨は別名「札幌五輪100円白銅貨」と呼ばれ、1972年に開催された冬季札幌オリンピックの開催を記念して発行された記念硬貨です。
「札幌五輪100円白銅貨」の価値はおよそ1000円前後、買い取り価格となると200円~500円程度というところです。

沖縄国際海洋博覧会記念硬貨の価値と買い取り価格

沖縄国際海洋博覧会記念硬貨
発行年度:1975年(昭和50年)
額面の種類:100円
素材:白銅貨
沖縄国際海洋博覧会記念硬貨は別名「沖縄海洋博100円白銅貨」と呼ばれ、沖縄国際海洋博覧会の開催を記念して発行された記念硬貨です。
発行枚数はなんと120,000,000枚と記念硬貨の中で最大数な事から、「沖縄海洋博100円白銅貨」の価値は200~300程度であり、買取価格は額面通りです。

天皇陛下御在位50年記念硬貨の価値と買い取り価格

天皇陛下御在位50年記念硬貨
発行年度:1976年(昭和51年)
額面の種類:100円
素材:白銅貨
天皇陛下御在位50年記念硬貨は別名「天皇在位50年100円白銅貨」と呼ばれ、昭和天皇の在位50年目を記念して発行された記念硬貨です。 天皇在位50年100円白銅貨の価値は500円程度、良くて1000円前後というところで、買取価格は額面通り~500円程度という所が相場になります。

国際科学技術博覧会記念硬貨の価値と買い取り価格

国際科学技術博覧会記念硬貨
発行年度:1985年(昭和60年)
額面の種類:500円
素材:白銅貨
国際科学技術博覧会記念硬貨とは別名「つくば科学博500円白銅貨」と呼ばれ、 1985年に開催されたつくばEXPO’85を記念して発行された記念硬貨です。
つくば科学博500円白銅貨の価値はおよそ800円~1000円程度であり、買取価格にすると額面通り~600円程度が相場となります。

内閣制度創始100周年記念硬貨の価値と買い取り価格

内閣制度創始100周年記念
発行年度:1985年(昭和60年)
額面の種類:500円
素材:白銅貨
内閣制度創始100周年記念硬貨は別名「内閣制度百周年500円白銅貨」と呼ばれ、内閣制度が発足された時代である明治18年から数えて100周年を迎えた記念に発行された記念硬貨です。
内閣制度百周年500円白銅貨の価値はおよそ1000円前後であり、買取価格は600円~700円程度が相場と言えます。

天皇陛下御在位60年記念硬貨の価値と買い取り価格

天皇陛下御在位60年記念硬貨
発行年度:1986年or1987年(昭和61年or昭和62年)
額面の種類:500円、1万円、10万円
素材:白銅貨、銀貨、金貨
「天皇在位60年10万円金貨」の価値は14万~15万円前後であり、買取価格は12万円前後が相場でしょう。
そして、「天皇在位60年1万円銀貨」の価値はおよそ2万円前後で、買取価格は12000円~15000円程度、「天皇在位60年500円銅貨」の価値はおよそ2000円前後であり、買取価格の相場は1000円~1500円程です。

青函トンネル開通記念硬貨の価値と買い取り価格

青函トンネル開通記念硬貨
発行年度:1988年(昭和63年)
額面の種類:500円
素材:白銅貨
青函トンネル開通記念硬貨は別名「青函トンネル500円白銅貨」と呼ばれ、1988年に世界最長の海底トンネルである青函トンネルが開通した事を記念して発行された記念硬貨です。
「青函トンネル500円白銅貨」の価値は1500円~2000円前後であり、買取価格は1000円前後が相場となります。

瀬戸大橋開通記念硬貨の価値と買い取り価格

瀬戸大橋開通記念硬貨
発行年度:1988年(昭和63年)
額面の種類:500円
素材:白銅貨
瀬戸大橋開通記念硬貨は別名「瀬戸大橋開通500円白銅貨」と呼ばれ、青函トンネルが開通した同年1988年に世界最大級である「瀬戸大橋」が開通した事を記念して発行された記念硬貨です。
「瀬戸大橋開通500円白銅貨」の価値は1500円~2000円前後であり、買取価格の相場は1000円前後となります。

国際花と緑の博覧会記念硬貨の価値と買い取り価格

国際花と緑の博覧会記念硬貨
発行年度:1990年(平成2年)
額面の種類:5000円
素材:銀貨
国際花と緑の博覧会記念硬貨とは別名「花と緑の博覧会5千円銀貨」と呼ばれ、1990年に開催された国際花と緑の博覧会(通称:花の万博)の開催を記念して発行された記念硬貨です。
「花と緑の博覧会5千円銀貨」の価値はおよそ7000円~9000円程であり、買取価格にすると6000円前後が相場となります。

天皇陛下御即位記念硬貨の価値と買い取り価格

天皇陛下御即位記念硬貨
発行年度:1990年or1991年(平成2年or平成3年)
額面の種類:500円、10万円
素材:白銅貨、金貨
天皇陛下御即位記念硬貨は別名「天皇即位10万円金貨」or「天皇即位500円銅貨」の二種類が存在します。 「天皇即位500円銅貨」の価値は2000円前後で、買取価格も1000~1300円前後が相場ですが、「天皇即位10万円金貨」の価値は18万前で、買取価格も15万前後が相場で、今後もアンティークとしての価値が上がって行く事が期待できます!

裁判所制度100周年記念硬貨の価値と買い取り価格

裁判所制度100周年記念硬貨
発行年度:1990年(平成2年)
額面の種類:5000円
素材:銀貨
裁判所制度100周年記念硬貨は別名「裁判所制度記念5千円銀貨」と呼ばれ、裁判所制度が発足して100年を迎えた記念に発行された記念硬貨です。
「裁判所制度記念5千円銀貨」の価値は12000円前後であり、買取価格にするとおよそ8000円前後が相場となります。

議会開設100周年記念硬貨の価値と買い取り価格

議会開設100周年記念硬貨
発行年度:1990年(平成2年)
額面の種類:5000円
素材:銀貨
議会開設100周年記念硬貨は別名「議会開設記念5千円銀貨」と呼ばれ、議会が開設されてから100年を迎えた記念に発行された記念硬貨です。
「議会開設記念5千円銀貨」の価値は12000円前後であり、買取価格にするとおよそ8000円前後が相場となります。

沖縄復帰20周年記念硬貨の価値と買い取り価格

沖縄復帰20周年記念硬貨
発行年度:1992年(平成4年)
額面の種類:500円
素材:白銅貨
沖縄復帰20周年記念硬貨は別名「沖縄復帰記念500円白銅貨」と呼ばれ、1972年に沖縄の施政権がアメリカから返還されてから20年を迎えた記念に発行された記念硬貨です。
「沖縄復帰記念500円白銅貨」の価値は1500円前後であり、買取価格にするとおよそ800円~1000円前後が相場となります。

皇太子殿下御成婚記念硬貨の価値と買い取り価格

皇太子殿下御成婚記念硬貨
発行年度:1993年(平成5年)
額面の種類:500円、5000円、5万円
素材:白銅貨、銀貨、金貨
「皇太子御成婚500円白銅貨」の価値は1800円前後であり、買取価格にするとおよそ1000円前後が相場となり、「皇太子御成婚5000円銀貨」の価値はおよそ12000円前後、買取価格は8000円前後が相場です。
そして、「皇太子御成婚50000円金貨」の価値は10万円前後であり、買取価格でいうと75000円前後が相場となります。

関西国際空港開港記念硬貨の価値と買い取り価格

関西国際空港開港記念硬貨
発行年度:1994年(平成6年)
額面の種類:500円
素材:白銅貨
関西国際空港開港記念硬貨は別名「関西空港記念500円白銅貨」と呼ばれ、関西国際空港が開港した記念に発行された記念硬貨です。
「関西空港記念500円白銅貨」の価値は1500円前後ですが、買取価格にするとおよそ600円~700円程が相場となります。

第12回アジア競技大会記念硬貨の価値と買い取り価格

第12回アジア競技大会記念硬貨
発行年度:1994年(平成6年)
額面の種類:500円
素材:白銅貨
第12回アジア競技大会記念硬貨は別名「広島アジア大会500円白銅貨と呼ばれ、1994年に広島県にて第12回アジア競技大会が開催された記念に発行された記念硬貨です。 「広島アジア大会500円白銅貨」に刻まれた絵は【走る】【跳ぶ】【泳ぐ】の三種類ありますが、全て価値は2000円前後であり、買取価格にすると800円前後が相場となります。

長野オリンピック記念硬貨の価値と買い取り価格

長野オリンピック記念硬貨
発行年度:1997年or1998年(平成9年or平成10年)
額面の種類:500円、5000円、1万円
素材:白銅貨、銀貨、金貨
長野オリンピック記念硬貨は合計で9種類の絵柄が存在し、「長野五輪500円白銅貨」の価値はおよそ1500円前後、買取価格は800円前後が相場となり、長野五輪5000円銀貨」の価値はおよそ7500円前後、買取価格は6000円前後が相場ですが、長野五輪1万円金貨の価値は8万前後であり、買取価格は4万円前後が相場価格となります。

天皇陛下御在位10年記念硬貨の価値と買い取り価格

天皇陛下御在位10年記念硬貨
発行年度:1999年(平成11年)
額面の種類:500円、10000円
素材:白銅貨、金貨
天皇陛下御在位10年記念硬貨は天皇陛下が即位されてから10年目を迎えた記念に発行された記念硬貨です。
「天皇在位10年500円白銅貨」の価値は1500円前後、買取価格にするとおよそ700円前後が相場ですが、「天皇在位10年1万円金貨」の価値は12万前後と高く、買取価格も8万円前後が相場となります。

FIFAワールドカップ記念硬貨の価値と買い取り価格

FIFAワールドカップ記念硬貨
発行年度:2002年(平成14年)
額面の種類:500円、1000円、10000円
素材:ニッケル黄銅貨、銀貨、金貨
FIFAワールドカップ記念硬貨の内、「World Cup500円黄銅貨」はどの種類でも価値は1500円程度で、買取価格は700円前後が相場で、「World Cup1000円銀貨」の価値はおよそ2500円前後、買取価格は1500円前後になります。 そして、World Cup1万円金貨」の価値はおよそ8万円前後、買取価格となると五万円前後が相場になります。

第5回アジア冬季競技大会記念硬貨の価値と買い取り価格

第5回アジア冬季競技大会記念硬貨
発行年度:2003年(平成15年)
額面の種類:1000円
素材:銀貨
第5回アジア冬季競技大会記念硬貨の種類は額面が1000円の銀貨一種類ですが、発行枚数が5万枚ほどと多くはありません。その為、、額面は1000円ですが希少性の高さから価値としては1万5千円~2万円以上は期待できます。また、買取価格としても第5回アジア冬季競技大会記念硬貨であれば1万円以上という高額買取も期待できます。

奄美群島復帰50周年記念硬貨の価値と買い取り価格

奄美群島復帰50周年記念硬貨
発行年度:2003年(平成15年)
額面の種類:1000円
素材:銀貨
奄美群島復帰50周年記念硬貨は発行枚数が額面1000円の銀貨一種類のみが発行されており、発行枚数は5万枚です。図柄に鹿児島県の県鳥に指定されている奄美大島の固有種でもある「ルリカケス」が採用されているのがとても特徴的です。奄美群島復帰50周年記念硬貨の買取価格は単体で5000円以上も期待できます。

日本国際博覧会記念硬貨(愛知万博)の価値と買い取り価格

日本国際博覧会記念硬貨
発行年度:2004年(平成16年)
額面の種類:500円、1000円、1万円
素材:ニッケル黄銅貨、銀貨、金貨
日本国際博覧会記念硬貨は愛知万博開催を記念して発行された記念硬貨であり、「愛知万博500円黄銅貨」の価値はおよそ1200円前後、買取価格は600円前後が相場で、「愛知万博1000円銀貨」の価値は4000円前後で買取価格となると2000円前後が相場ですが、「愛知万博1万円金貨」の価値は8万円前後あり、買取価格は6万前後が相場でしょう。

中部国際空港開港記念硬貨の価値と買い取り価格

中部国際空港開港記念硬貨
発行年度:2005年(平成17年)
額面の種類:500円
素材:銀貨
中部国際空港開港記念硬貨は額面の種類が500円の1種類のみですが、純銀製で製造されている事から製造コスト自体が非常に高いので価値自体は額面を上回ります。発行枚数も5万枚と今までの500円記念硬貨と比べて比較的少ない枚数ですので、買取価格も高いと思われるかもしれませんが、中部国際空港開港記念硬貨の買取価格は1000円前後が基準です。

国際連合加盟50周年記念硬貨の価値と買い取り価格

国際連合加盟50周年記念硬貨
発行年度:2006年(平成18年)
額面の種類:1000円
素材:銀貨
国際連合加盟50周年記念硬貨は純銀で作られた額面が1000円の記念硬貨で、カラーの地球の周りに桜花があしらわれているのがとても特徴的ですね。国際連合加盟50周年記念硬貨の買取価格は単体で2000~3000円位が相場となりますが、今後希少価値が付いたり需要の関係で相場は変動すると考えられます。

南極地域観測50周年記念硬貨の価値と買い取り価格

南極地域観測50周年記念硬貨
発行年度:2007年(平成19年)
額面の種類:500円
素材:ニッケル黄銅貨
南極地域観測50周年記念硬貨は別名「南極地域観測50周年記念500円黄銅貨」と呼ばれ、日本が南極地域を観測し50周年を迎えた記念に発行された記念硬貨です。
「南極地域観測50周年記念500円黄銅貨」の価値はおよそ1500円前後、買取価格となると大体800円前後が相場価格となります。

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念硬貨の価値と買い取り価格

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念硬貨
発行年度:2007年(平成19年)
額面の種類:1000円
素材:銀貨
2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念硬貨は「第39回技能五輪国際大会」と「第7回国際アビリンピック」を同時開催したことを記念して発行された記念硬貨で、カラーの虹と大会シンボルマークが特徴的ですね。2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念硬貨の買取価格は1500~2000円が基準となりますので、額面以上の買取価格は期待できます。

日伯交流年・移住百年記念硬貨の価値と買い取り価格

日伯交流年・移住百年記念硬貨
発行年度:2008年(平成20年)
額面の種類:500円
素材:ニッケル黄銅貨
議会開設100周年記念硬貨は別名「日・伯移住記念500円黄銅貨」と呼ばれ、日本人移民が100周年を迎えた記念に発行された記念硬貨です。
「日・伯移住記念500円黄銅貨」の価値は800円前後であり、買取価格は良くても600円、ほとんどが額面通りの相場となります。
天皇陛下御在位20年記念
発行年度:2009年(平成21年)
額面の種類:500円、1万円
素材:ニッケル黄銅貨、金貨
天皇陛下御在位20年記念硬貨は天皇陛下が在位されてから20周年を記念して発行された記念硬貨です。
「天皇在位20年500円黄銅貨」の価値は1000円前後で、買取価格となると600円前後が相場となりますが、 一方で「天皇在位20年1万円金貨」の価値は10万円前後で、買取価格の相場は8万円前後となっています。

第67回国際通貨基金・世界銀行グループ年次総会記念硬貨の価値と買い取り価格

第67回国際通貨基金・世界銀行グループ年次総会記念
発行年度:2012年(平成24年)
額面の種類:1000円
素材:銀合金貨幣
第67回国際通貨基金・世界銀行グループ年次総会記念硬貨は5万枚発行されており、銀品位は銀合金貨幣とあるように純銀ではなく銅が混ざっています。ですが、生産コスト自体は額面よりも高くなっており、元々の販売価格が8000円という事から、買取価格としては5000円以上から期待できます。額面通りの金額という事はまず考えられないので、うっかりと街中で使用しないように気を付けましょう。

新幹線鉄道開業50周年記念硬貨の価値と買い取り価格

新幹線鉄道開業50周年記念
発行年度:2014年~2016年~(平成26年~28年)
額面の種類:100円、1000円
素材:クラッド(銅or白銅)、銀貨
新幹線鉄道開業50周年記念硬貨は発酵されている種類が非常に多く、1000円銀貨は1種類ですが、100円クラッド硬貨は9種類もの新幹線鉄道開業50周年記念硬貨が3年に渡って各種が発行されています。100円硬貨の買取価格は基本的には額面近い価格ですが、1000円銀貨の買取価格は高くなっており、単体で2万円を超える金額で買取してもらえることもあります。

東日本大震災復興事業記念硬貨の価値と買い取り価格

東日本大震災復興事業記念硬貨
発行年度:2015年~2016年(平成27年~平成28年)
額面の種類:1000円、1万円
素材:銀貨、金貨
東日本大震災復興事業記念硬貨とは約一年間に1次~4次まで発行され、各次において1000円と1万円の二つの額面で計8種類が発行されました。ですが、どの東日本大震災復興事業記念貨幣でも販売価格が高かった事もあり買取価格はかなりの金額が見込め、10000円金貨なら6万円以上、1000円銀貨なら4000円以上の買取価格も十分期待できます
  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者のスピード買取はこちら
ページ上部へスクロール