古銭買い取り業者徹底比較!

銀貨の買取でおすすめ業者は?買取相場や価値も併せてご紹介。

銀貨の価値と概要、おすすめ買い取り業者を紹介します!

銀貨の買い取り価格はピンキリです

古銭の価値に悩む女性

まず、銀貨の定義とは「銀を主成分とした通貨の総称」です。その為、現在流通している100円硬貨のような銀貨以外にも、四角い形状の「一分銀」や重量で金額が決まる秤量貨幣の「丁銀」なども銀貨に分類されます。

さて、銀貨の買い取り価格についてですが「1.銀貨自体の価値を基準にする銀貨」と「2.グラム単位での銀買取相場を基準にする銀貨」の2種類に大きく分けられます。

ですが、銀貨の買取価格はほとんどが1の「銀貨自体の価値を基準にする銀貨」に該当し、2の「グラム単位での銀買取相場を基準にする銀貨」はメープルリーフ銀貨といった一部の地金型銀貨のみとなっています。

ですので、売ろうと考えている銀貨の価値を知らずに、「重量×銀相場」で買取をお願いしてしまうと大きく損をしてしまう可能性もあります。

そして、銀貨の買取価格は金貨に劣ると思われがちですが、銀貨の種類によっては金貨よりも遥かに高い買取価格も期待できます!

例を挙げますと、海外のアンティーク銀貨である「モルガン1ドル銀貨」はなんと数千万円以上の買取価格も期待できますし、日本の「1円銀貨」でも数十万から100万円を超える買取価格すらも期待できるほどなのです!

さて、このページでは銀貨の買取相場について一覧で紹介していきますが、「銀貨を手っ取り早く、高く売りたい」や「銀貨の種類が分からないけど正確な買取相場が知りたい」という方の為に、先に「1.高く安心に売れるおすすめ銀貨買取業者」と「2.銀貨の正確な買取価格を調べる簡単な方法」をご紹介します。

銀貨買取におけるおすすめ買取業者を紹介

優秀な銀貨買取業者に依頼をするだけで、特に手間をかけずにお手軽かつ安心に銀貨の高価買取が実現可能です。私も古銭買取の際には一圓銀貨など複数の銀貨も併せて相見積もりを行っていますのでその経験を基におすすめ買取業者をご紹介します。

銀貨の価値を簡単かつ正確に知る方法

メール査定がおすすめ

銀貨の正確な価値を知る方法は非常に簡単です。

古銭買取業者にメール査定を依頼するだけです
それだけで専門家に現在の銀貨買い取り価格を査定してもらえます。

銀貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、メールで相談するのはとても良い方法なのです。

銀の取引相場以上に価値の高い銀貨に関しては状態によって買い取り価格や価値が変動しますので、メール査定は状態も考慮した銀貨の正確な価値を知る事もできます!
特に、このページで確認したうえで価値の高い銀貨をお持ちであれば、メール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。 そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください♪

銀貨をメール査定してもらうのにお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

銀貨の買取相場と種類一覧リスト

では、銀貨の価値と概要について説明していきます。日本国内の銀貨に関しては全種類、海外の銀貨に関しては有名な種類をピックアップし紹介しています。

このページで説明する銀貨の一覧は次の通りです。

日本の銀貨一覧

外国銀貨一覧

上記の銀貨の名称をクリックするとそこまでジャンプします。

日本銀貨の価値と買い取り価格を紹介

100円銀貨の価値と買い取り価格一覧

100円銀貨
発行年度:1601年~1966年(昭和32年~昭和41年)
100円銀貨の種類:全3種類
額面が100円の銀貨は全部で3種類発行されています。このページでは100円銀貨の「種類ごと」の買取価格帯を一覧で紹介していますが、100円銀貨の買取価格は「発行年度」や「状態」に応じても細分化されます。「発行年度別」での100円銀貨の買取価格も次の「全ての100円硬貨一覧ページ」で一覧で紹介しています。(※東京オリンピック記念硬貨については後述の記念硬貨ページでも紹介しています。)

100円銀貨の買取価格一覧リスト

  • 100円銀貨の名称
    買取価格
  • 1.鳳凰100円銀貨(1957年~1958年)
    買取価格
    100円~500円
  • 2.稲100円銀貨(1959年~1966年)
    買取価格
    100円~800円
  • 3.東京オリンピック100円銀貨(1964年)
    買取価格
    100円~400円

1円銀貨の価値と買い取り価格一覧

1円銀貨
発行年度:1870年~1914年(明治3年~大正3年)
1円銀貨の種類:全6種類
一円銀貨は「円銀」とも呼ばれる日本の近代銀貨で、明治時代の真貨条例により発行された銀貨です。1円銀貨の価値は発行年代によって大きく異なり、買取相場もピンからキリまであります。特に明治初期のものになるとプレミアがつく傾向にありますが、贋作や偽物も数多く出回っている程です。1円銀貨の価値一覧ページ」では1円銀貨の「年代別・状態別」で買取相場を説明していますのでぜひご覧ください。

1円銀貨の買取価格一覧リスト

  • 1円銀貨の名称
    買取価格
  • 1.旧1円銀貨(1870年)
    買取価格
    3000円~25万円
  • 2.旧1円銀貨「丸銀打」(1870年)
    買取価格
    5000円~5万円
  • 3.新1円銀貨「大型」(1874年~1887年)
    買取価格
    1000円~280万円
  • 4.新1円銀貨「小型」(1887年~1914年)
    買取価格
    400円~22万円
  • 5.新1円銀貨「大型丸銀打」(1874年~1887年)
    買取価格
    1000円~190万円
  • 6.新1円銀貨「小型丸銀打」(1887年~1897年)
    買取価格
    500円~10万円

50銭銀貨の価値と買取価格一覧

50銭銀貨
発行年度:1870年~1938年(明治3年~昭和13年)
50銭銀貨の種類:全6種類
50銭銀貨は1870年~1938年まで発行されていた銀貨で、旭日竜、八咫烏などと種類が分けられている他、発行年代によっては「上切・下切」などに分けられ、それぞれで買取相場が異なります。50銭硬貨買取相場一覧ページ」では、発行年代・状態別に詳しく買取価格をご紹介しています。買取価格は数百円に留まるものもありますが、高額な種類では70万円前後の買取相場を持つ50銭銀貨もあります。

50銭銀貨の買取価格一覧リスト

  • 50銭銀貨の名称
    買取価格
  • 1.旭日竜大型50銭銀貨(1870年~1871年)
    買取価格
    300円~5万円
  • 2.旭日竜小型50銭銀貨(1871年)
    買取価格
    500円~20万円
  • 3.竜50銭銀貨(1873年~1905年)
    買取価格
    100円~800万円
  • 4.旭日50銭銀貨(1906年~1917年)
    買取価格
    50円~25000円
  • 5.八咫烏50銭銀貨(1918年~1919年)
    買取価格
    10万円~130万円
  • 6.小型50銭銀貨「鳳凰50銭銀貨」(1922年~1938年)
    買取価格
    10円~4500円

20銭銀貨の価値と買取価格一覧

竜20銭銀貨
発行年度:1870年~1911年(明治3年~昭和44年)
20銭銀貨の種類:全3種類
日本の20銭銀貨は1870年~1911年まで発行されており、こちらも旭日竜や旭日20銭など計3種類に分けられます。20銭銀貨も種類以外に「発行年度」や「状態」によっても大きく価値が変わります。有名な例を挙げると明治13年発行の竜20銭銀貨は単体で450慢円もの買取価格も期待できます。「状態別・年度別」での詳しい買取相場についてはこちらの「全ての20銭硬貨一覧ページ」をご覧ください。

20銭銀貨の買取価格一覧リスト

  • 20銭銀貨の名称
    買取価格
  • 1.旭日竜20銭銀貨(1870年~1871年)
    買取価格
    200円~2万円
  • 2.竜20銭銀貨(1873年~1905年)
    買取価格
    50円~450万円
  • 3.旭日20銭銀貨(1906年~1911年)
    買取価格
    20円~15万円

10銭銀貨の価値と買取価格一覧

竜10銭銀貨
発行年度:1870年~1919年(明治3年~大正8年)
10銭銀貨の種類:全4種類
10銭銀貨は1870年~1919年まで発行されていて、特に八咫烏10銭銀貨は非常に価値が高いプレミア古銭として知られており、もし買取に出されるとすれば80万円もの買取価格も期待できます。その他も竜10銭銀貨・旭日10銭銀貨などがあり、発行年や状態によって買取相場も大きく変わりますので「全ての10銭硬貨買取価格一覧ページ」で更に詳しく年代・状態別に買取相場をまとめています。

10銭銀貨の買取価格一覧リスト

  • 10銭銀貨の名称
    買取価格
  • 1.旭日竜10銭銀貨(1870年)
    買取価格
    100円~18000円
  • 2.竜10銭銀貨(1873年~1906年)
    買取価格
    50円~7万円
  • 3.旭日10銭銀貨(1907年~1917年)
    買取価格
    20円~2万円
  • 3.八咫烏10銭銀貨(1918年~1919年)
    買取価格
    7万円~80万円

5銭銀貨の価値と買い取り価格

旭日竜5銭銀貨
発行年度:1870年~1880年(明治3年~明治13年)
5銭銀貨の種類:全3種類
日本の5銭銀貨は1870年~1880年まで発行されていて、「1.旭日竜5銭銀貨」「2.旭日大字5銭銀貨」「3.竜5銭銀貨」の3種類が存在します。5銭銀貨の価値は種類のみならず、発行年度や状態によっても買取価格が異なり、例えば明治3年の旭日竜5銭銀貨は、通常のものと”明瞭ウロコ”と呼ばれるものでは買取相場も倍以上違います。それぞれの詳しい買取相場は「全ての5銭硬貨一覧ページ」で紹介しています。

5銭銀貨の買取価格一覧リスト

  • 5銭銀貨の名称
    買取価格
  • 1.旭日竜5銭銀貨(1870年~1871年)
    買取価格
    2000円~10万円
  • 3.旭日大字5銭銀貨(1871年)
    買取価格
    500円~2万5000円
  • 2.竜5銭銀貨(1873年~1880年)
    買取価格
    200円~6万円

貿易銀の価値と買い取り価格

貿易銀
発行年度:1875年~1877年(明治8年~明治10年)
貿易銀の種類:全3種類
貿易銀とは貿易の取引専用に発行された銀貨のことで、日本では明治8年から発行が開始され、種類は「1.通常」と【丸銀】の刻印が左右どちらかに打たれた「2.丸銀右打」「3.丸銀左打」という主に3種類に分けられます。(※画像は丸銀右打)。
貿易銀に関してはこの「銀貨ページ」以外で紹介していませんので、ここで「全年度」かつ「状態別」での買取相場を一覧でご紹介します。

貿易銀の買取価格一覧リスト

  • 年代
    未使用
    美品
    並品
  • 明治8年(1875年)
    未使用
    12万円~35万円
    美品
    3万円~8万円
    並品
    6000円~2万円
  • 明治9年(1876年)
    未使用
    10万円~30万円
    美品
    3万円~8万円
    並品
    6000円~2万円
  • 明治10年(1877年)
    未使用
    15万円~40万円
    美品
    3万円~10万円
    並品
    6000円~2万円

貿易銀丸銀「左打」の買取価格一覧リスト

  • 年代
    未使用
    美品
    並品
  • 明治8年(1875年)
    未使用
    12万円~40万円
    美品
    3万円~8万円
    並品
    6000円~2万円
  • 明治9年(1876年)
    未使用
    12万円~35万円
    美品
    3万円~8万円
    並品
    6000円~2万円
  • 明治10年(1877年)
    未使用
    15万円~45万円
    美品
    3万円~10万円
    並品
    6000円~2万円

貿易銀丸銀「右打」の買取価格一覧リスト

  • 年代
    未使用
    美品
    並品
  • 明治8年(1875年)
    未使用
    12万円~42万円
    美品
    3万円~9万円
    並品
    6000円~2万円
  • 明治9年(1876年)
    未使用
    12万円~37万円
    美品
    3万円~9万円
    並品
    6000円~2万円
  • 明治10年(1877年)
    未使用
    15万円~50万円
    美品
    3万円~10万円
    並品
    6000円~2万円

丁銀の価値と買取価格一覧

丁銀
鋳造期間:1601年~1865年(慶長6年~慶応元年)
丁銀の種類:全11種類
丁銀はナマコ形をした細長い銀貨で、その時々の支払い金額に応じ、切って使われていた貨幣です。丁銀は1601年~1865年まで長きに渡って使われていた銀貨で、発行年代によって11種類に分けられます。そこから丁銀に打たれている印によっても種類が細分化され、それぞれで買取相場が倍以上異なる種類もありますので「丁銀買取相場一覧ページ」をご覧ください。

丁銀の買取価格一覧リスト

  • 丁銀の名称
    買取価格
  • 1.慶長丁銀
    買取価格
    10万円~1100万円
  • 2.元禄丁銀
    買取価格
    30万円~400万円
  • 3.宝永二ツ宝丁銀
    買取価格
    60万円~450万円
  • 4.宝永永字丁銀
    買取価格
    120万円~700万円
  • 5.宝永三ツ宝丁銀
    買取価格
    100万円~600万円
  • 6.宝永四ツ宝丁銀
    買取価格
    20万円~180万円
  • 7.享保丁銀(正徳丁銀)
    買取価格
    8000円~170万円
  • 8.元文丁銀
    買取価格
    5000円~45万円
  • 9.文政丁銀
    買取価格
    7000円~120万円
  • 10.天保丁銀
    買取価格
    3500円~100万円
  • 11.安政丁銀
    買取価格
    3000円~120万円

古金銀の銀貨の価値と買い取り価格

古金銀
発行年度:1829年~1869年(文政12年~明治2年)
古金銀の銀貨の種類:全12種類
古金銀とは江戸時代から明治初期にかけて使われていた四角形の古銭で、素材には金や銀が使われていますが、銀貨の種類は合計で12種類確認されています。ただし、「逆打ち」や「両本」「特殊刻印」など、種類は同じ古金銀でも特殊な状態によって種類はかなり細分化され、買取相場も異なります。更に詳しい古金銀の買取価格目安は「古金銀買取相場一覧ページ」にて画像付きで紹介しています。

古金銀の銀貨の買取価格一覧リスト

  • 古金銀の銀貨の名称
    買取価格
  • 1.天保一分銀(古一分)
    買取価格
    200円~35万円
  • 2.庄内一分銀
    買取価格
    1000円~13万円
  • 3.安政一分銀(新一分)
    買取価格
    100円~40万円
  • 4.明治一分銀(川常)
    買取価格
    2000円~6万円
  • 5.文政南鐐一朱銀
    買取価格
    800円~6000円
  • 6.嘉永一朱銀
    買取価格
    100円~4000円
  • 7.明治一朱銀
    買取価格
    100円~1500円
  • 8.古南鐐二朱銀
    買取価格
    1000円~15万円
  • 9.新南鐐二朱銀
    買取価格
    500円~7000円
  • 10.安政二朱銀
    買取価格
    1.2万円~300万円
  • 11.明和五匁銀
    買取価格
    2万円~12万円
  • 12.改三分定銀
    買取価格
    10万円~70万円

記念硬貨(銀貨のみ)の価値と買い取り価格

記念硬貨(銀貨のみ)
発行年度:1964年~現在(昭和39年~現在)
記念銀貨の種類:全26種類
記念硬貨は「金貨」「銀貨」「銅貨」と様々な種類の硬貨が現在でも発行されていますが、銀貨は26種類(同種複数発行込なら29種)あります。そして、記念銀貨に関しては発行から間もない(予定だけで未発行の分も含めた)銀貨は買取情報や取引事例が等が圧倒的に少ないのでの買取相場に関しては17種類まで一覧で紹介しています。状態別での買取相場など記念硬貨について詳しくはこちらのページも参考にしてください。

記念硬貨(銀貨のみ)の買取価格一覧リスト

  • 記念銀貨の名称
    買取価格
  • 1.東京オリンピック記念100円銀貨
    買取価格
    100円~400円
  • 2.東京オリンピック記念1000円銀貨
    買取価格
    1000円~3000円
  • 3.天皇陛下御在位60年記念10000円銀貨
    買取価格
    10000円~15000円
  • 4.国際花と緑の博覧会記念5000円銀貨
    買取価格
    5000円~7000円
  • 5.裁判所制度100周年記念5000円銀貨
    買取価格
    5000円~8000円
  • 6.議会開設100周年記念5000円銀貨
    買取価格
    5000円~8000円
  • 7.皇太子殿下御成婚記念5000円銀貨
    買取価格
    5000円~8000円
  • 8.長野オリンピック記念5000円銀貨
    買取価格
    5000円~8500円
  • 9.FIFAワールドカップ記念1000円銀貨
    買取価格
    1000円~3000円
  • 10.第5回アジア冬季競技大会記念1000円銀貨
    買取価格
    1000円~15000円
  • 11.奄美群島復帰50周年記念1000円銀貨
    買取価格
    1000円~4000円
  • 12.日本国際博覧会記念1000円銀貨
    買取価格
    1000円~3000円
  • 13.中部国際空港開港記念500円銀貨
    買取価格
    500円~2000円
  • 14.国際連合加盟50周年記念1000円銀貨
    買取価格
    1000円~4000円
  • 15.2007年ユニバーサル技能五輪国際大会記念1000円銀貨
    買取価格
    1000円~2000円
  • 16.第67回国際通貨基金・世界銀行グループ年次総会記念1000円銀貨
    買取価格
    1000円~6000円
  • 17.新幹線鉄道開業50周年記念1000円銀貨
    買取価格
    1000円~15000円

地方自治法施行60周年記念銀貨の価値と買取価格一覧

貿易銀
発行年度:2008年~2016年(平成20年~平成28年)
銭銀貨の種類:全47種
地方自治法施行60周年記念硬貨は「各都道府県ごと」に「銀貨とクラッド貨幣」の2種がそれぞれ発行されています。クラッド貨幣に関しては都道府県ごとに買取相場はほとんど変わりませんが、銀貨に関しては人気が異なる事から高く売れる都道府県もございます。地方自治施行60周年記念硬貨の買取相場等について詳しくは詳しくはこちらのページで画像付きで紹介していますので参考にしてください。

地方自治法施行60周年記念銀貨の買取価格一覧リスト

  • 銀貨の名称
    買取価格
  • 1.1000円カラー銀貨(2008年~2016年)
    買取価格
    1000円~1万円

外国銀貨の価値と買い取り価格を紹介

イーグル銀貨の価値と買い取り価格

イーグル銀貨
鋳造年度:1986年~毎年発行
生産国:アメリカ合衆国
品位:銀999
イーグル銀貨とはアメリカから発行されている地金型銀貨で、1986年から毎年発行が続けられています。通常タイプの他にプルーフ加工が施された銀貨もあり、種類によっては銀の相場よりも少し高くなる可能性もあります。しかし一般的には通常の銀相場が買取価格となり、銀の買取相場-数百円×重量が目安になります。

メイプルリーフ銀貨の価値と買い取り価格

メイプルリーフ銀貨
鋳造年度:1998~毎年発行
生産国:カナダ
品位:銀999
メイプルリーフ銀貨はカナダ王室造幣局から発行されている地金型の銀貨で、エリザベス2世の肖像とサトウカエデの葉が描かれています。プルーフ加工されたメイプルリーフ銀貨も存在し、そちらは通常のものよりも少し価値が高くなります。買取価格は地金型銀貨ですので基本的には一般的な銀と同様で、銀の買取相場-数百円×重量となります。

オーストラリア1キロ銀貨の価値と買い取り価格

オーストラリア1キロ銀貨
鋳造年度:毎年発行
生産国:オーストラリア
品位:銀999
オーストラリア1キロ銀貨とは量目が1kg、直径が10cmにもなる大型の銀貨で、オーストラリアの他にはクック諸島やロシアなども1kg銀貨を発行しています。図柄は固有種であるクカブラ(カワセミ)が採用されており、基本的には銀の相場に沿っての買取になりますが単純に重さがあるため買取価格もまとまった金額が手に入ります。

今月のおすすめ業者!

ページ上部へスクロール