古銭買い取り業者徹底比較!

金札(藩札)の買取相場・価値と概要を紹介します。金札の買取でおすすめの古銭買取業者をお探しの際にも参考にしてください!

金札の価値と概要、おすすめ買取業者を紹介します!

金札(藩札)の価値と買取価格、おすすめ買取業者とは?

古銭の価値に悩む女性

江戸時代では紙幣を使うのに慣れていなく、貨幣として流通するものは、ほとんどが穴銭や古金銀といった古銭類でした。ですが、その時代も”金貨の代わり”として諸藩や政府が発行していた紙幣があり、それらは「金札」あるいは「藩札」と呼ばれています。

金札も古銭のひとつとして分類されるため、古銭買取業者では、金札も買取対象になっています。
そのため、このページでは「金札買取業者=古銭買取業者」としてご紹介しています。

このページでは、古銭買取における金札の買取相場の目安を一覧リストにして掲載しています。 金札には額面が複数あり、その額面によって古銭買取での相場も異なりますが、額面の違いによる買取相場もなるべくお伝えしています。

古銭買取での金札買取相場を知りたい場合にはもちろん、金札の種類や情報について知りたい場合も、是非参考にしてください。
※このページで説明している価値は状態の良い金札の買取相場目安です。

金札(藩札)買取におけるおすすめ古銭買取業者を紹介

優秀な古銭買取業者に依頼をするだけで、特に手間をかけずにお手軽かつ安心に金札の高価買取が実現可能です。ですので、先に金札買取におけるおすすめ古銭買取業者をご紹介します。金札の買取は古銭買取業者が併せて行っているので、【おすすめ金札買取業者=おすすめ古銭買取業者】となっています。

金札(藩札)の買取価格を簡単に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明するのはあくまでも金札の目安の価値や買取相場ですので、先に金札の買取価格を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に金札を査定してもらえます。

金札は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに買取価格は明らかになります。

金札は状態によって価値が大きく変動しますので、正確に知りたいと言う方であればメール査定が価値を知る為にこの上ない程の最善の手段なのです!
特に、価値の高い金札をお持ちであれば、複数の古銭買取業者にメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。 メール査定であれば買取も簡単に断れますのでご安心ください♪

金札をメール査定してもらう方法やお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

金札(藩札)の買取相場と価値について

では、金札の価値と基本的な情報について説明していきます
このページでは、日本国内で発行された金札の価値について説明します。このページで説明する金札の一覧は次の通りです。
※金札(藩札)の名称をクリック(タップ)でページ内ジャンプします

発行年度順:金札一覧リスト

※金札(藩札)の名称をクリック(タップ)でページ内ジャンプします。

金札の価値と買取価格を紹介

江戸横浜通用札の価値と買取価格

江戸横浜通用札
鋳造年度:1867年(慶応3年)
額面の種類:25両・10両・5両・1両
古銭としての買取価値:非常に高い
江戸横浜通用札は、横浜貿易のために作られた金札で、古銭買取業者でも買取対象となっています。25両、10両、5両、1両の4種類の額面があり、江戸横浜通用札を古銭買取に出した場合の買取相場は、額面とその状態によって異なります。4種の中で最も希少価値が低い1両でも、買取相場は5~10万円前後が基準になります。

兵庫開港札の価値と買取価格

兵庫開港札
鋳造年度:1867年(慶応3年)
額面の種類:金1両・金2分・金1分
古銭としての買取価値:普通~高い
兵庫開港のため発行された「兵庫開港札」は、額面が金1両、金2分、金1分の3種類があります。古銭買取における兵庫開港札の買取相場は、どの額面も大体3000円前後からが買取価格の基準になってきます。
ですが、額面が金1両のものは古銭買取での希少性がやや高いため、買取価格が倍ほどになる可能性もあります。

太政官札の価値と買取価格

太政官札
鋳造年度:1868年(慶応4年)
額面の種類:金10両・金5両・金1両・金1分・金1朱
古銭としての買取価値:普通~高い
太政官札は、維新政府での経費を賄うために発行された金札で、額面は金10両、金5両、金1両、金1分、金1朱の5種類があります。古銭買取においての太政官札の買取相場も額面ごとに分かれており、最も希少価値が高い金10両だと、大体2万円前後が買取価格の基準になります。金1分、金1朱などの小さな額面だと、買取相場は2000円前後が基準です。

民部省札の価値と買取価格

民部省札
鋳造年度:1869年(明治2年)
額面の種類:金2分・金1分・金2朱・金1朱
古銭としての買取価値:普通~高い
民部省札は政府経費を賄うために発行された金札で、額面は金2分、金1分、金2朱、金1朱の4種類があります。古銭買取での民部省札の買取相場は、大体3000円~5000円前後が買取価格の基準になります。ですが、金2分は若干希少価値があり、綺麗な状態であれば、1万円前後の買取価格まで期待できます。
  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者のスピード買取はこちら
ページ上部へスクロール