古銭買い取り業者徹底比較!

天皇陛下御在位60年記念硬貨の買取相場と概要とは?

天皇陛下御在位60年記念硬貨買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。
天皇陛下御在位60年記念硬貨買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

天皇陛下御在位60年記念硬貨の各種額面の買取相場と概要一覧

このページでは天皇陛下御在位60年記念硬貨の買取相場と概要情報を額面ごとに先に一覧でご紹介し、そのあとで下記内容をご紹介しています。

  • 天皇陛下御在位60年記念硬貨の買取相場と概要の一覧
  • おすすめの記念硬貨買取業者について
  • 天皇陛下御在位60年記念硬貨の詳細情報
  • 天皇陛下御在位60年記念硬貨の発行経緯・概要について

他の記念硬貨の買取相場も一覧で紹介していたりやおすすめの古銭(記念硬貨)買取業者も紹介していますのでぜひ参考にしてください。(買取業界では基本的に古銭買取業者=記念硬貨買取業者です)

天皇陛下御在位60年記念500円硬貨の概要まとめ

天皇陛下御在位60年記念硬貨500円白銅貨
発行年度:1986年(昭和61年)
発行枚数:7000万枚
量目・サイズ:13g・直径30mm
素材の品位:銅:750、亜鉛:250
当時の販売価格:等価で両替
絵柄について:表面には陛下御即位の大礼の儀が行われた京都御所内の建物「紫宸殿」が描かれ、裏面には天皇と皇室を表す「菊の御紋」が描かれています。(※裏面は全ての額面で同じ絵柄)

天皇陛下御在位60年記念1万円銀貨の概要まとめ

天皇陛下御在位60年記念硬貨1万円銀貨
発行年度:1986年(昭和61年)
発行枚数:1000万枚
量目・サイズ:20g・直径35mm
素材の品位:純銀(銀:1000)
当時の販売価格:等価で両替
絵柄について:表面には中心には日本の自然を表す日の出を、周囲にはめでたい時を表現する「瑞雲(戦闘機ではない)」と「瑞鳥」が描かれ、裏面には「菊の御紋」が描かれています。

天皇陛下御在位60年記念10万円金貨の概要まとめ

天皇陛下御在位60年記念硬貨10万円金貨
発行年度:1986年・1987年(昭和61年・昭和62年)
発行枚数:1000万枚、100万枚
量目・サイズ:20g・直径30mm
素材の品位:純金(24K)
当時の販売価格:等価で両替
絵柄について:表面には平和の象徴である「鳩」と日本の自然を表す「水」を描き「稲作文化」が表現され、裏面には各種額面通り「菊の御紋」が描かれています。

天皇陛下御在位60年記念10万円プルーフ金貨の概要まとめ

天皇陛下御在位60年記念10万円プルーフ金貨
発行年度:1987年(昭和62年)
発行枚数:124000枚
量目・サイズ:20g・直径30mm
素材の品位:純金(24K)
当時の販売価格:126500円
補足説明:天皇陛下御在位60年記念10万円金貨を「プルーフ貨幣(極印を丁寧に磨いて打刻を繰り返し、表面を鏡のように綺麗に仕上げた硬貨)」にしたものが1枚入っています。

天皇陛下御在位60年記念10万円金貨(単体ケース)の概要まとめ

天皇陛下御在位60年記念10万円金貨(単体ケース)
発行年度:1987年(昭和62年)
発行枚数:8308枚
量目・サイズ:20g・直径30mm
素材の品位:純金(24K)
当時の販売価格:117300円
補足説明:天皇陛下御在位60年記念10万円金貨(プラスチックケース入り)を特製BOXに入れて販売したもので、8308部が作られました。

天皇陛下御在位60年記念貨幣2点セットの概要まとめ

天皇陛下御在位60年記念貨幣2点セット
発行年度:1987年(昭和62年)
発行部数:3296部
当時の販売価格:233500円
セット内容:天皇陛下御在位60年記念10万円金貨(昭和61年銘)×1、天皇陛下御在位60年記念10万円金貨(昭和62年銘)×1・・・計2枚セット
補足説明:天皇陛下御在位60年記念10万円金貨の昭和61年銘・昭和62年銘のものが1枚ずつ(計2点)入ったセットです。硬貨はプラスチックケースに封入され、特製BOXが付いています。

天皇陛下御在位60年記念貨幣3点セットの概要まとめ

天皇陛下御在位60年記念貨幣3点セット
発行年度:1987年(昭和62年)
発行部数:13832部
当時の販売価格:130000円
セット内容:天皇陛下御在位60年記念500円硬貨×1、天皇陛下御在位60年記念1万円銀貨×1、天皇陛下御在位60年記念10万円金貨×1・・・計3枚セット
補足説明:天皇陛下御在位60年記念貨幣の500円硬貨・1万円銀貨・10万円金貨が1枚ずつ入ったセットです。

天皇陛下御在位60年記念硬貨の買取価格一覧

  • 記念硬貨の種類
    未使用
    美品
    並品
  • 500円白銅貨
    未使用
    額面~600円
     
    美品
    額面
     
    並品
    額面
     
  • 1万円銀貨
    未使用
    額面~11000円
     
    美品
    額面
     
    並品
    額面通り
     
  • 10万円金貨
    未使用
    額面~120000円
     
    美品
    額面通り
     
    並品
    額面通り
     
  • プルーフ金貨
    未使用
    10万円~13万円
     
    美品
    額面
     
    並品
    額面
     
  • 単体ケース金貨
    未使用
    10万円~13万円
     
    美品
    額面
     
    並品
    額面
     
  • 2点セット
    未使用
    25万円~30万円
     
    美品
    20万円~25万円
     
    並品
    20万円
     
  • 3点セット
    未使用
    額面~130000円
     
    美品
    110500円(額面)
     
    並品
    110500円(額面)
     

過去の天皇陛下御在位60年記念硬貨の買取価格一覧

  • 記念硬貨の種類
    未使用
    美品
    並品
  • 500円白銅貨
    未使用
    600円~800円
    美品
    500円~600円
    並品
    額面
  • 1万円銀貨
    未使用
    12000円~15000円
    美品
    10000円~12000円
    並品
    額面通り
  • 10万円金貨
    未使用
    110000円~120000円
    美品
    100000円~110000円
    並品
    額面通り
  • プルーフ金貨
    未使用
    115000円~130000円
    美品
    100000円~115000円
    並品
    額面通り
  • 単体ケース金貨
    未使用
    120000円~140000円
    美品
    100000円~120000円
    並品
    100000円
  • 2点セット
    未使用
    250000円~350000円
    美品
    200000円~250000円
    並品
    200000円
  • 3点セット
    未使用
    130000円~150000円
    美品
    110500円~130000円
    並品
    110500円

過去の買取相場リスト

記念硬貨買取におけるおすすめ買取業者を紹介

優秀な記念硬貨買取業者に依頼をするだけで、特に手間をかけずにお手軽かつ安心に記念硬貨の高価買取が実現可能です。

ですので、先に記念硬貨買取におけるおすすめ買取業者をご紹介します。記念硬貨の買取は古銭買取業者が併せて行っているので、【おすすめ記念硬貨買取業者=おすすめ古銭買取業者】となっています。

  • 古銭買取福ちゃん

    福ちゃんの古銭買取データ早見表
    買取価格(古銭) 8.0 ポイント8
    買取価格(記念硬貨) 7.5 ポイント7_5
    顧客対応(サービス) 8.0 ポイント8
    対応のスピード 7.0 ポイント7
  • バイセル(旧スピード買取.JP)

    バイセルの古銭買取データ早見表
    買取価格(古銭) 7.0 ポイント7
    買取価格(記念硬貨) 7.0 ポイント7
    顧客対応(サービス) 6.0 ポイント6
    対応のスピード 8.0 ポイント8

天皇陛下御在位60年記念硬貨の買取相場と詳細

天皇陛下御在位60年記念硬貨

天皇陛下御在位60年記念硬貨とは、昭和天皇の在位60年を記念して発行された記念硬貨で、10万円金貨・1万円銀貨・500円白銅貨の3種類が発行されました。

ただし、60周年記念なのに発行されたのは61年と期間にズレがあります。これは、10万円金貨・1万円銀貨ともに今までなかった高額な貨幣になるため、臨時補助貨幣としての特別法が制定されたので、1986年(昭和61年)に発行に至りました。

このページでは天皇陛下御在位60年記念硬貨について、500円硬貨、1万円銀貨、10万円金貨の順にご紹介していきます。

天皇陛下御在位60年記念貨幣【500円硬貨】について

天皇陛下御在位60年記念500円白銅貨

天皇陛下御在位60年500円白銅貨は、即位の場である「京都御所内の紫宸殿」、裏面には「菊の紋章」が描かれた500円硬貨です。

発行年は1986年(昭和61年)で、3種の天皇陛下御在位60年記念硬貨の中では発行枚数が最も多く、5000万枚が発行されました。

天皇陛下御在位60年500円記念硬貨の素材は、銅が75%・ニッケル25%からなる白銅貨です。直径は30mm、量目(重さ)は13gと、現在発行されている通常500円硬貨よりも少し大きく重いです。

「天皇陛下御在位60年500円記念硬貨」の買取価格は、未使用で綺麗な状態であっても最新の買取相場は600円前後位です。発行枚数が5000万枚と非常に多い事から、並品だと額面以上の価値は期待できません。

けれども未使用状態の記念硬貨や、上記の「天皇陛下御在位60年記念貨幣3点セット」のように他の記念硬貨と一緒に買取に出すと額面以上の買取価格が付く可能性もありますので、記念硬貨買取業者の写真査定を利用して価値を判断されるのをおすすめします。

天皇陛下御在位60年記念貨幣【1万円銀貨】について

天皇陛下御在位60年記念1万円銀貨

「天皇在位60年1万円銀貨」は1986年(昭和61年)に1000万枚が発行され、表面には「日の出と瑞鳥」のデザイン、裏面にはこちらも「菊の紋章」が採用されています。

天皇陛下御在位60年記念1万円銀貨の素材は純銀で出来ていて、直径は35mm、量目(重さ)は20gです。大きくずっしりとした硬貨で見映えも良く、記念として発行するには最適です。

記念硬貨買取での「天皇在位60年1万円銀貨」の買取価格は、未使用の綺麗な状態であれば最大12000円前後位です。

一応は銀行での換金も出来ますが、その場合は額面通りの1万円との両替になってしまいますので、記念硬貨買取業者の写真査定で正確な価値を判断されるのがおすすめです。

天皇陛下御在位60年記念貨幣【10万円金貨】について

天皇陛下御在位60年記念10万円金貨

天皇陛下御在位60年記念貨幣の10万円金貨は、1986年(昭和61年)から1987年(昭和62年)にかけて発行された記念金貨です。

額面以上の買取価格が期待できるプレミア記念硬貨ですので、是非とも記念硬貨買取業者の利用をおすすめします。

記念硬貨のデザインは、表面には「鳩と水の図柄」、そして裏面には天皇家を表す「菊の紋章」が描かれています。発行枚数は1986年が1000万枚、1987年は100万枚の追加発行が行われました。

10万円硬貨の素材には純金が採用されており、額面は10万円と高額です。ちなみに日本の記念硬貨の素材に金が使われたのは、こちらの天皇陛下御在位60年記念10万円硬貨が初めてです。

10万円記念金貨の直径は30mm、量目(重さ)は20gに設定されています。大きさは通常貨幣の500円玉より少し大きいくらいですが、純金ならではのずっしりとした重みがあります。

「天皇在位60年10万円金貨」の買取価格は、1枚あたり最大12万円前後までが期待できます。

また、買取業者によっては金買取のレートを採用しているケースもあり、その場合は時々の金相場に基づいて買取価格は上下します。

金相場は買取業者ごとに設けているレートが違いますので、天皇在位60年10万円金貨を高く売るなら、出来るだけ複数の買取業者で相見積もりを取ることをおすすめします。

天皇陛下御在位60年記念硬貨の発行経緯・概要について

1986年発行の天皇陛下御在位60年記念硬貨

天皇陛下御在位60年記念貨幣は、昭和天皇の在位60年を記念して発行された記念硬貨です。

御在位50年の際には記念硬貨100円白銅貨の1種類のみ発行されましたが、何故在位60年のときには「10万円金貨・1万円銀貨・500円白銅貨」の3種の記念硬貨が発行されたのかというと、これは時代背景にも関係があります。

当時のアメリカと日本の貿易摩擦(日米貿易摩擦)は深刻な状態に陥っていました。高度成長期を迎えた日本はカラーテレビなどの電化製品や自動車を大量に作り、アメリカにも多くの日本製品が輸出されていきました。

やがて米日の貿易収支が逆転し、アメリカでは安い日本製品が出回ることによって自国の製品が売れなくなり、企業の倒産や失業者の増加が問題視されるようになりました。

そこで、アメリカから金を大量に購入することによって、この貿易摩擦を緩和しようとしたのです。その金が「天皇陛下御在位60年記念10万円金貨」の材料として使われました。

ですが、ここまで額面の大きな硬貨はこれまで発行したことがなく、当時の臨時補助貨幣の額面の上限は500円に定められていました。

そこで特別法として「天皇陛下御在位六十年記念のための十万円及び一万円の臨時補助貨幣の発行に関する法律」が定められ、無事に記念硬貨を発行することが出来るようになりました。

けれども、記念硬貨の発行から4年後になる1990年(平成2年)、天皇陛下御在位60年記念10万円金貨の大量偽造が発覚します。偽造された金貨の数は10万7946枚にもなり、1枚あたりの額面が10万円と高額なため、被害額は107億9460万円にも上りました。

この偽造事件を機に記念硬貨には様々な偽造防止策が成されるようになり、例えば”金の地金価格(材料に使われた金の値段)より高い価格で販売し、額面を低くする”タイプの「収集型記念硬貨」の発行も多くなっていきます。

今月のおすすめ業者!

ページ上部へスクロール