古銭買い取り業者徹底比較!

国際連合加盟50周年記念硬貨の買取相場と概要とは?

国際連合加盟50周年記念硬貨買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。
国際連合加盟50周年記念硬貨買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

国際連合加盟50周年記念硬貨の各種額面の買取相場と概要

このページでは国際連合加盟50周年記念硬貨の買取相場と概要情報を各額面ごとに先に一覧でご紹介し、そのあとで次の内容ご紹介しています。

  • 国際連合加盟50周年記念硬貨の買取相場と概要の一覧
  • 国際連合加盟50周年記念硬貨の詳細情報
  • 国際連合の加盟について
  • おすすめの記念硬貨買取業者について
  • 記念硬貨の正確な買取価格を知る方法

他の記念硬貨の買取相場も一覧で紹介していたりやおすすめの古銭(記念硬貨)買取業者も紹介していますのでぜひ参考にしてください。(買取業界では基本的に古銭買取業者=記念硬貨買取業者です)

国際連合加盟50周年記念1000円銀貨の買取相場と概要

国際連合加盟50周年記念硬貨
発行年度:2006年(平成18年)
発行枚数:7万枚
量目・サイズ:31.1g・直径40mm
素材の品位:純銀(銀100%)
目安買取相場:1000円~4000円前後
絵柄について:表面には桜花で囲まれた地球、裏面には国際連合のエンブレムが描かれている

国際連合加盟50周年記念硬貨の買取価格リスト

  • 記念硬貨の種類
    未使用
    美品
    並品
  • 1000円銀貨
    未使用
    2000~4000円
    美品
    1000円~2000円
    並品
    額面

裁判所制度100周年記念硬貨の買取相場と詳細

裁判所制度100周年記念硬貨

国際連合加盟50周年記念硬貨は、1956年に日本が国際連合に加盟してから50周年を迎えたことを記念して発行されました。額面は1000円の1種類で、素材に銀が使われた豪華な記念硬貨です。

国際連合加盟50周年記念硬貨は額面こそ1000円の1種類ですが、全てが「プレミアム型記念貨幣」として作られ、表面には鏡面のような美しいプルーフ加工が施されています。

では、詳細を紹介していきます。

国際連合加盟50周年記念1000円銀貨について

国際連合加盟50周年記念1000円銀貨

国際連合加盟50周年記念1000円銀貨は、額面は1000円、素材が銀の”銀貨”であることから、正式名称としては「国際連合加盟50周年記念1000円銀貨幣」が用いられています。

記念硬貨買取での「国際連合加盟50周年記念1000円銀貨」の買取価格は、箱・中身ともに綺麗な状態であれば最大で4000円前後の買取価格まで期待できます。 銀行で換金した場合は額面通りの1000円にしかならないため、金融機関ではなく記念硬貨の買取業者を利用することをおすすめ致します。

また買取価格はケース・付属品の有無でも変動しますので、全て合わせた状態で査定に出すと買取価格も上がりやすくなります。

国際連合加盟50周年記念硬貨の素材は銀が100%を占めており、かつ表面はつややかなプルーフ加工、そしてカラー印刷(カラーコイン)と、極めて豪華な作りの記念硬貨になっています。 製造費用が額面の価格を超えてしまうことから、あらかじめ額面以上の定価で販売される”プレミアム型記念貨幣”として作られ、発行も70000枚の少数に留まりました。 造幣局としての定価は6000円ですが、申込数が販売枚数を上回ったために抽選形式で購入者が選ばれ、当選倍率は14.7倍に上りました。

記念硬貨の表面には7色ものカラー印刷技術が採用され、桜花で囲まれた地球が色鮮やかに描かれました。 裏面には国際連合のエンブレムが描かれ、上部に”国際連合加盟50年”と打刻されています。記念硬貨の直径は40.0mm、量目(重さ)は31.1gと、現行のどの通常貨幣よりも大きくて重い硬貨になっています。

国際連合加盟50周年記念貨幣発行記念メダルについて

また、記念硬貨の発行を記念して「国際連合加盟50周年記念貨幣発行記念メダル」も作られました。 メダルの中央には記念硬貨の図柄がそのまま採用されており、裏面には”国際連合加盟50周年記念貨幣発行記念 平成18年”と印字されています。

記念メダルは銀いぶし仕上げの落ち着いた仕上がりで、1万個と記念硬貨よりも少ない発行枚数ですが、あくまで”記念メダル”であるため、貨幣としての価値を持ちません。

ですが銀としての買取価値はありますので、国際連合加盟50周年記念貨幣発行記念メダルの買取であれば、こちらも記念硬貨買取業者の利用をおすすめ致します。

国際連合の加盟について

国際連合の加盟について

日本が国際連合に加盟したのは、1956年(昭和31年)12月18日のことです。 本当は1952年(昭和27年)に国連への加盟申請を行っていました。ですが、当時の日本はまだ法的に戦争が継続された状態にあり、ソ連などの拒否権によって否決されることになりました。ですが、その4年後に「日ソ共同宣言」が交わされて両国の国交が回復したため、全会一致の承認を持って80か国目の加盟国として迎え入れられました。

国連加盟以降の日本は、経済社会理事会の理事国を14期に渡って勤め上げ、積極的な貢献を果たします。国連の日本への信頼は強く、例えば、安全保障理事会の非常任理事国には日本は12回選出されたのですが、これは国連の中でも最多の回数です。

国際連合の本部はアメリカのニューヨークにあり、その他も多くの機関によって構築されています。国連の前身にあたる「国際連盟」は、第一次世界大戦後に「国際の平和と安全を維持する」ために構成されました。ですが、当時の条約の範囲では第二次世界大戦を防ぐことが出来ず、その反省を踏まえて「国際連合」が誕生して今に至ります。加盟国は現在では193か国にも上り、国際平和と安全の維持に努めています。

国連が発足する最初のきっかけは、アメリカのルーズベルト大統領とイギリスのチャーチル首相が提唱した「大西洋憲章」にあります。この憲章の内容は”国際連盟(国連の前身)に代わる国際平和機構を創設”する構想が示されており、その後アメリカ国務省によって国際機構の構想が急速に進むことになったのです。

記念硬貨買取におけるおすすめ買取業者を紹介

優秀な記念硬貨買取業者に依頼をするだけで、特に手間をかけずにお手軽かつ安心に記念硬貨の高価買取が実現可能です。ですので、先に記念硬貨買取におけるおすすめ買取業者をご紹介します。記念硬貨の買取は古銭買取業者が併せて行っているので、【おすすめ記念硬貨買取業者=おすすめ古銭買取業者】となっています。

  • 古銭買取福ちゃん

    福ちゃんの古銭買取データ早見表
    買取価格(古銭) 8.0 ポイント8
    買取価格(記念硬貨) 7.5 ポイント7_5
    顧客対応(サービス) 8.0 ポイント8
    対応のスピード 7.0 ポイント7
  • バイセル(旧スピード買取.JP)

    バイセルの古銭買取データ早見表
    買取価格(古銭) 7.0 ポイント7
    買取価格(記念硬貨) 7.0 ポイント7
    顧客対応(サービス) 6.0 ポイント6
    対応のスピード 8.0 ポイント8

国際連合加盟50周年記念硬貨の買取価格を簡単に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明するのはあくまでも国際連合加盟50周年記念硬貨の目安の価値や買い取り相場ですので、国際連合加盟50周年記念硬貨の買取価格を正確に知る方法も最後にご紹介しておきます。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に国際連合加盟50周年記念硬貨を査定してもらえます。

国際連合加盟50周年記念硬貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに買取価格は明らかになります。

国際連合加盟50周年記念硬貨は状態による買取相場の判断が難しいので、正確に知りたいと言う方であればメール査定が価値を知る為にこの上ない程の最善の手段なのです!メール査定であれば買取も簡単に断れますのでご安心ください♪

国際連合加盟50周年記念硬貨をメール査定してもらう方法やお勧めの古銭買取業者は次のページも参考にしてください

今月のおすすめ業者!

ページ上部へスクロール