古銭買い取り業者徹底比較!

丁銀の買取相場・価値と概要を紹介します。丁銀の買取でおすすめの買取業者をお探しの際にも参考にしてください!

丁銀の価値と概要、おすすめ買取業者を紹介します!

丁銀の価値と買取価格、おすすめ買取業者とは?

古銭の価値に悩む女性

丁銀とは、主に江戸時代に使われていた貨幣の1種で「その時々の金額に応じて切って使う」という特徴がありました。 そのため丁銀は、切り分けやすいように長細いナマコ形になっており、どこで切っても丁銀だと分かるよう、表面には「極印」と呼ばれる印が幾つも押されています。

丁銀も古銭の一種として数えられるため、古銭の買取業者では丁銀の買取も受け付けています。 丁銀は買取価値が高いものが多いので、特に珍しい丁銀を買取に出した場合、数百万円の買取価格になる可能性もあります!

このページでは、丁銀の買取相場の目安を一覧形式でご紹介しています。
丁銀の買取価格や買取情報の他にも、それぞれの丁銀の特徴もなるべく掲載していますので、丁銀の種類について知りたいときも、ぜひ参考にしてください!
※このページで説明している価値は状態の良い丁銀の買取相場目安です。

丁銀買取におけるおすすめ買取業者を紹介

優秀な丁銀買取業者に依頼をするだけで、特に手間をかけずにお手軽かつ安心に丁銀の高価買取が実現可能です。ですので、先に丁銀買取におけるおすすめ買取業者をご紹介します。丁銀の買取は古銭買取業者が併せて行っているので、【おすすめ丁銀買取業者=おすすめ古銭買取業者】となっています。

丁銀の買取価格を簡単に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明するのはあくまでも丁銀の目安の価値や買取相場ですので、先に丁銀の買取価格を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に丁銀を査定してもらえます。

丁銀は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに買取価格は明らかになります。

丁銀は状態によって価値が大きく変動しますので、正確に知りたいと言う方であればメール査定が価値を知る為にこの上ない程の最善の手段なのです!
特に、価値の高い丁銀をお持ちであれば、複数の古銭買取業者にメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。 メール査定であれば買取も簡単に断れますのでご安心ください♪

丁銀をメール査定してもらう方法やお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

丁銀の買取相場と価値について

では、丁銀の価値と基本的な情報について説明していきます
このページでは、日本国内で発行された丁銀の価値について説明します。このページで説明する丁銀の一覧は次の通りです。
※丁銀の名称をクリック(タップ)でページ内ジャンプします

発行年度順:丁銀一覧リスト

※丁銀の名称をクリック(タップ)でページ内ジャンプします。

丁銀の価値と買取価格を紹介

慶長丁銀の価値と買取価格

慶長丁銀
鋳造年度:1601年(慶長6年)
品位:銀800、その他200
古銭としての買取価値:高い
慶長丁銀は、慶長6年(1601年)に発行された丁銀で、通常のもので古鋳、前期、後期と分けられ、その他に「12面丁銀」「沢潟丁銀」、さらに祝儀用に作られた「12面大黒丁銀」と、計6種類が存在します。それぞれで買取相場は違いますが、安い慶長丁銀でも50万円以上の買取価格が、高いものでは500万円以上の買取価格になる慶長丁銀もあります。

元禄丁銀の価値と買取価格

元禄丁銀
鋳造年度:1695年(元禄8年)
品位:銀640、その他360
古銭としての買取価値:高い
元禄丁銀は、表面に「大黒像と常是」「常是、寳」、上下2箇所に「元」の極印が打たれているのが特徴です。元禄丁銀も通常の物の他、12箇所に極印が打たれた「12面丁銀」、祝儀用の「12面大黒丁銀」があり、買取相場が違います。元禄丁銀の買取相場は、安い種類で50万円前後の買取価格が、希少なものだと300万円以上の買取価格が期待できます。

宝永二ツ宝丁銀の価値と買取価格

宝永二ツ宝丁銀
鋳造年度:1706年(宝永3年)
品位:銀500、その他500
古銭としての買取価値:高い
宝永二ツ宝丁銀は、上下に「宝」が、他に「大黒像」「寳」の極印が打たれています。宝永期間の丁銀については「常是」の極印がないため、コツが分かれば比較的簡単に見分けることが出来ます。宝永二ツ宝丁銀は、希少価値が高く綺麗なものだと300万円前後の買取価格が期待できますが、一般的なものでも50万円前後の買取価格が基準です。

宝永永字丁銀の価値と買取価格

宝永永字丁銀
鋳造年度:1710年(宝永7年)
品位:銀400、その他600
古銭としての買取価値:非常に高い
宝永永字丁銀は、単に「永字丁銀」と呼ばれることもあり、上下に「宝」、真ん中に「永」の極印が打たれていることが特徴です。古銭買取における宝永永字丁銀の買取相場はかなり高く、あまり綺麗な状態でなくても200万円前後の買取価格が期待できます。宝永永字丁銀は鋳造期間が短く、かつ鋳造量が最も少ないため、買取価値も高いです。

宝永三ツ宝丁銀の価値と買取価格

宝永三ツ宝丁銀
鋳造年度:1710年(宝永7年)
品位:銀320、その他680
古銭としての買取価値:高い
宝永三ツ宝丁銀は、単に「三ツ宝丁銀」と呼ばれることもある丁銀で、古銭買取における買取相場は、大体100万円前後からが基準になってきます。宝永三ツ宝丁銀にも、祝儀用に作られた「12面大黒丁銀」がありプレミア価値も高く、宝永三ツ宝丁銀の12面大黒丁銀だと、買取価格は300万円以上も期待できるようになります。

宝永四ツ宝丁銀の価値と買取価格

宝永四ツ宝丁銀
鋳造年度:正徳元年(1711年)
品位:銀200、その他800
古銭としての買取価値:高い
こちらは「四ツ宝丁銀」とも呼ばれる丁銀で、厳密な発行時期は正徳年間ですが、従来の宝永丁銀の性質を受け継いでいるため「宝永四ツ宝丁銀」と呼ばれています。宝永四ツ宝丁銀の買取相場は、希少価値が低い種類でも50万円以上の買取価格が期待でき、12面大黒丁銀など希少価値が高い種類になると、80万円前後の買取価格が基準になります。

享保丁銀(正徳丁銀)の価値と買取価格

享保丁銀(正徳丁銀)
鋳造年度:1714年(正徳4年)
品位:銀800、その他200
古銭としての買取価値:普通~高い
享保丁銀は、正徳年間に作られた丁銀のため「正徳丁銀」と呼ばれることもあります。享保丁銀の買取価格は大体5万円前後からですが、希少価値が高い種類になると100万円近い買取価格になる場合も<あります。ですが、享保丁銀の見た目は慶長丁銀と同形式のため見分けが付きづらいので、古銭買取業者へ問い合わせてみることをオススメします。

元文丁銀の価値と買取価格

元文丁銀
鋳造年度:1736年(元文元年)
品位:銀460、その他540
古銭としての買取価値:普通~高い
元文丁銀は、上下に「文」の極印があり、そのほかに「常是」「常是、寳」あるいは「大黒印」が打たれています。元文丁銀の買取価格は、通常品だと大体2万円前後の買取価格が基準になります。ですが、12面の大黒印が打たれた「12面大黒丁銀」であれば希少価値が上がり、30万円前後の買取価格も期待できるようになります。

文政丁銀の価値と買取価格

文政丁銀
鋳造年度:1820年(文政3年)
品位:銀360、その他640
古銭としての買取価値:普通~高い
文政丁銀は、上記の元文丁銀と区別するため「新文字丁銀」「草文丁銀」と呼ばれることもあります。文政丁銀にも上下に「文」の極印があり、元文丁銀と見分けが付きづらいのですが、文政丁銀の「文」には草書体が用いられており、文字も太くなります。買取価格は大体3万円前後からで、希少価値が高い種類だと50万円前後の買取価格が見込めます。

天保丁銀の価値と買取価格

天保丁銀
鋳造年度:1837年(天保8年)
品位:銀261、その他739
古銭としての買取価値:普通~高い
天保丁銀は、上下に「保」の極印が打たれているのが特徴です。この頃はちょうど天保の大飢饉に当てはまり、財政難の解決として、さらに銀の品位を落とした状態で発行されました。天保丁銀の買取相場は大体1万円前後からが基準ですが、希少価値が高い「12面大黒丁銀」だと、50万円前後の買取価格も期待できるようになります。

安政丁銀の価値と買取価格

安政丁銀
鋳造年度:1859年(安政6年)
品位:銀135、その他865
古銭としての買取価値:普通~高い
安政丁銀は「政字丁銀」とも呼ばれている丁銀で、上下に「政」の極印が打たれています。ちょうどこの頃は黒船来航、金貨の国外流出があり、他の銀貨幣の需要が強くなった為、この安政丁銀で丁銀の発行は終了します。安政丁銀の買取相場は大体1万円前後からですが、価値が高い種類だと、こちらも50万円以上の買取価格になるケースもあります。
  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者のスピード買取はこちら
ページ上部へスクロール