古銭買い取り業者徹底比較!

軍用手票(軍票)について買取相場や価値・概要を紹介します。軍票買取の際にはぜひ参考に!

軍用手票の価値と概要、おすすめ買取業者を紹介します!

軍用手票の価値と買取価格はどれくらい?

古銭の価値に悩む女性

軍用手票とは通称「軍票」と呼ばれている政府紙幣で、戦争中の軍隊が国外、つまりは戦争地の現地にて使用する目的で発行された紙幣です。こうした発行の背景から、軍票の発行は一時的なものが多く現存数も少ない種類が一般的です。その為、軍票の買取相場や価値は総じて高額で、見つければ古銭買取業者に買取を依頼する事をおすすめします。
※軍用手票の買取は古銭買取の1ジャンル扱いですので、軍用手票の買取は古銭買取業者に依頼することが一般的です。

このページで軍用手票の買取相場の目安を一覧と概要を一覧で紹介していますので、是非参考にしてみてください。
※このページで説明している価値は状態の良い軍用手票の買取相場目安です。


軍用手票の買取価格を簡単に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明するのはあくまでも軍用手票の目安の価値や買取相場ですので、先に軍用手票の買取価格を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に軍用手票を査定してもらえます。

軍用手票は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに買取価格は明らかになります。

軍用手票は状態によって価値が大きく変動しますので、正確に知りたいと言う方であればメール査定が価値を知る為にこの上ない程の最善の手段なのです!
特に、価値の高い軍用手票をお持ちであれば、複数の古銭買取業者にメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。 メール査定であれば買取も簡単に断れますのでご安心ください♪

軍用手票をメール査定してもらう方法やお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

軍用手票の買取相場と価値について

では、軍用手票の価値と基本的な情報について説明していきます
このページでは、日本国内で発行された軍用手票の価値について説明します。このページで説明する軍用手票の一覧は次の通りです。
※軍用手票の名称をクリック(タップ)でページ内ジャンプします

※軍用手票の名称をクリック(タップ)でページ内ジャンプします。

軍用手票の価値と買取価格を紹介

【軍票】承恵社札の価値と買取価格

【軍票】承恵社札
発行年度:1877年(明治10年)
額面の種類:(5円)、1円、半円
承恵社札は日本で最も初期に発行された軍用手票です。次に発行された西郷札と同様にまとめられる事がありますが別物です。承恵社札の額面は「5円」「1円」「半円」の3種類が発行されたとされていますが、承恵社札5円は既に現存していないといわれています。 承恵社札は西南戦争終了後に回収・処分されたことから、1円、半円の希少性も高く、二つの額面共に承恵社札は買取価格は8万円前後というところでしょう

【軍票】西郷札の価値と買取価格

【軍票】西郷札
発行年度:1877年(明治10年)
額面の種類:10円、5円、1円、50銭、20銭、10銭、
西郷札は「承恵社札」に次いで発行された軍票です。承恵社札が発行された二か月後に再度陥った資金難への対応として西郷軍が独断で発行した軍票が西郷札です。西郷札は全部で6種類の額面が発行されており、全ての額面の現存が確認されています。最も買取価格が高いのは西郷札20円で10万円前後次点が西郷札5円で買取価格は5万円前後、その他額面の西郷札は2万円前後が買取相場となっています。

【軍票】日清戦争軍票の価値と買取価格

【軍票】日清戦争軍票
発行年度:1894年(明治27年)
額面の種類:10両、5両、1両、5銭、2銭5分
日清戦争軍票は日本政府が初めて発行した軍票です。日清戦争が早くに終結を迎えたことから日清戦争軍票は発行枚数が非常に少ない軍票です。実は、日清戦争軍票は1両の額面が数枚しか現存していることが確認できておらず、その他額面は既に現存していないとされています。1両含めてどの額面の日清戦争軍票でも買取相場は数十万~数百万以上も大いに期待できるお宝軍票です。

【軍票】日露戦争軍票の価値と買取価格

【軍票】日露戦争軍票
発行年度:1904年(昭和37年)
額面の種類:10円、5円、1円、50銭、20銭、10銭
日露戦争軍票は日露戦争が勃発する予兆もあったことから多くの枚数が発行されました。しかし、希少性は高い軍票であり額面ごとに日露戦争軍票の買取価格は大きく異なります。日露戦争軍票10円の買取価格は30万円前後、日露戦争軍票5円の買取価格は15万円前後、日露戦争軍票1円の買取価格は3万円前後、日露戦争軍票50銭と20銭の買取価格は1万円前後、日露戦争軍票10銭の買取価格は1000円前後というところです

【軍票】青島出兵軍票の価値と買取価格

【軍票】青島出兵軍票
発行年度:1914年(大正3年)
額面の種類:10円、5円、1円、50銭、20銭、10銭
青島出兵軍票は発行枚数が少なかったことから希少性の非常に高い軍票の一つなっています。買取相場は平均的に高く、青島出兵軍票10円と5円の買取価格は100万円以上も期待できるでしょう。青島出兵軍票1円の買取価格は20万円前後、青島出兵軍票50銭の買取価格は10万円前後、青島出兵軍票20銭の買取価格は8万円前後、青島出兵軍票10銭の買取価格は5万円前後が買取相場となります。

【軍票】シベリア出兵軍票の価値と買取価格

【軍票】シベリア出兵軍票
発行年度:1918年(大正7年)
額面の種類:10円、5円、1円、50銭、20銭、10銭
シベリア出兵軍票は表面にロシア語が書かれていたり、金兌換券でしたので「金〇圓」と印刷されていたりと、見分けやすい特徴がきちんとあります。シベリア出兵軍票の買取相場は、シベリア出兵軍票10円なら50万円の買取価格、シベリア出兵軍票5円なら35万円の買取価格、シベリア出兵軍票1円なら8万円の買取価格、シベリア出兵軍票50銭、20銭、10銭は1~4万円の買取価格が期待できます。

【軍票】日華事変軍票の価値と買取価格

【軍票】日華事変軍票
発行年度:1937年(昭和12年)~1944年(昭和19年)
額面の種類:100円、10円、5円、1円、50銭、10銭、5銭、1銭
日華事変軍票は甲号、乙号、丙号、丁号、戊号の券種が発行されており、全ての券種と額面を合計すると日華事変軍票の種類は35種類も存在します。日華事変軍票の買取相場は券種・額面によって30万円以上から0円までピンキリですが、見分ける事が難しいので日華事変軍票の買取の際には古銭買取業者に相談する事をおすすめします。日華事変軍票の買取相場は図のような甲号券種が高価買取傾向にあります。

【軍票】大東亜戦争軍票の価値と買取価格

【軍票】大東亜戦争軍票
発行年度:1942年(昭和17年)
額面の種類:書ききれない程に膨大な種類
大東亜戦争軍票は東南アジアからオセアニアにかけた島々で使用する必要があった事から、現地ごとの通貨に合わせた様々な軍票が発行されています。その為、大東亜戦争軍票は各軍票の中でも最多を誇ります。しかし、多くの大東亜戦争軍票の買取相場は総じて低くなっており、大東亜戦争軍票の中でも買取価格が期待できるのは「ルピア」と「グルデン」の通貨で、買取相場は2000円~30000円の間が目安となります。

【軍票】在日米軍軍票の価値と買取価格

在日米軍軍票
発行年度:1951年(昭和26年)
額面の種類:1000円、100円、20円、10円、5円、1円,50銭,10銭
在日米軍軍票は日本が占領された際に持ち込まれた軍票ですので、国産の紙幣と比べてデザインが独特です。額面によって買取相場が次のように異なります。在日米軍軍票1000円と100円の買取相場は50000円、在日米軍軍票20円の買取相場は20000円、在日米軍軍票10円と5円の買取相場は5000円、在日米軍軍票1円、50銭、10銭の買取相場は500円~1000円位が基準となります。
  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者のスピード買取はこちら
ページ上部へスクロール