古銭買い取り業者徹底比較!

小笠原諸島復帰50周年記念硬貨の買取相場と概要とは?

小笠原諸島復帰50周年記念硬貨買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。
小笠原諸島復帰50周年記念硬貨買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

小笠原諸島復帰50周年記念硬貨の各種額面の買取相場と概要一覧

このページでは小笠原諸島復帰50周年記念硬貨の買取相場と概要情報を額面ごとに先に一覧でご紹介し、そのあとで下記内容をご紹介しています。

  • 小笠原諸島復帰50周年記念硬貨の買取相場と詳細情報
  • 小笠原諸島復帰50周年記念硬貨の正確な買取価格・価値を簡単に知る方法

他の記念硬貨の買取相場も一覧で紹介していたりやおすすめの古銭(記念硬貨)買取業者も紹介していますのでぜひ参考にしてください。(買取業界では基本的に古銭買取業者=記念硬貨買取業者です)

小笠原諸島復帰50周年記念硬貨の買取相場と概要

小笠原諸島復帰50周年記念硬貨硬貨5000円銀貨
発行年度:2018年(平成30年)
発行枚数:5万枚
量目・サイズ:31.1g・直径40mm
素材の品位:銀:1000(純銀)
販売時定価:9000円
絵柄について:表面にはハハジマメグロとムニンヒメツバキ、背景には南島扇池がカラー印刷で描かれており、裏面はザトウクジラ、ミナミハンドウイルカ、アオウミガメがデザインされています。

小笠原諸島復帰50周年記念硬貨の買取相場と詳細

小笠原諸島復帰50周年記念硬貨

小笠原諸島復帰50周年記念硬貨は、小笠原諸島が日本へ復帰してから50周年を迎える節目に発行された記念硬貨です。

表面は小笠原諸島の美しい景色や固有種がカラー印刷で描かれた「カラーコイン」として発行され、額面は1000円の1種のみ、純銀製の記念硬貨です。 この鮮やかな彩色は、白色・灰色・黒色・青緑色・水色・青色・青紫色・茶色・黄土色・黄色・黄緑色(緑色)と沢山の色彩を使って描かれており、小笠原諸島の美しい自然風景を記念硬貨からも鑑賞できる一品です。

小笠原諸島復帰50周年記念硬貨の図柄デザインは、まず表面は小笠原諸島の固有種「ハハジマメグロ」、「ムニンヒメツバキ」が描かれており、背景には美しい南島扇池の風景がデザインされています。 裏面には、小笠原諸島付近にも生息する「ザトウクジラ」「ミナミハンドウイルカ」「アオウミガメ」が描かれています。
小笠原諸島においては、古くからアオウミガメは食肉として食べられてきた文化があります。現在は絶滅危惧種に指定されていますが、小笠原諸島は環境保全に取り組んだ結果、アオウミガメの生息数が増えているという世界的にも稀な地です。

小笠原諸島復帰50周年記念硬貨は、製造費用に額面以上の金額が掛かることから、あらかじめ額面以上の販売価格をつける、いわば「プレミアム型記念硬貨」として発行されました。 貨幣という面から見ると普通に1000円の額面価値になりますし、もちろん硬貨として普通に使うことも出来るのですが、感覚的には記念「メダル」の方が正しいかも知れません。
ですが、5万枚という少数発行になりましたので、購入には抽選形式が取られ、平成30年4月には抽選会が行われ、当選倍率は7倍にも上ったと言われています。

小笠原諸島復帰50周年記念硬貨の買取価値は、まだ発行されて間もない記念硬貨のため、未だ未知数ではあります。 ですが、発行後しばらくは、販売時定価の9000円をベースとした買取価値が期待できるでしょう。

記念硬貨の価値を簡単かつ正確に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明しているのはあくまでも「記念硬貨の目安の価値と買い取り相場」ですので、先に記念硬貨の買取価格を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
※記念硬貨の買取は古銭買取の延長上で行われている為、古銭買取業者に依頼することで専門家に記念硬貨を査定してもらえます。

記念硬貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、簡単に価値が明らかになります。

そして、記念硬貨は状態によって価値が変動しますので、メール査定は状態も考慮した記念硬貨の正確な価値を知る為にこの上ない程の最善の方法です!特に、価値の高い記念硬貨をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください。

記念硬貨をメール査定してもらうの方法やおすすめの古銭買取業者はこちらを参考にしてください

今月のおすすめ業者!

ページ上部へスクロール