古銭買い取り業者徹底比較!

旧紙幣の買取価格と価値を一覧でご紹介。おすすめ古紙幣の買取業者とは?!

古紙幣(旧紙幣)の価値と概要、おすすめ買い取り業者を紹介します!

旧紙幣(古紙幣)の価値と買い取り価格はどれくらい?

古銭の価値に悩む女性

まず、旧紙幣(古紙幣)の定義は明確にはありませんが、現在発行されていない紙幣に関しては旧紙幣(古紙幣)と呼んで問題ありません。その為、旧紙幣の買取価格はピンからキリまであり、「額面以上の買取価格は見込めない紙幣」から「100万円以上の買取価格も見込める紙幣」まであります。

ざっくりとですが旧紙幣(古紙幣)は「野口英世1000円札」のように額面の金額で使用する事が可能な「現行紙幣」かどうかに分ける事ができ、聖徳太子紙幣など最近では見覚えのない額面・絵柄のものでも「現行紙幣」と呼ばれる種類もあります。そして、現行紙幣に属する種類の旧紙幣であれば買取価格は額面を大きく超える事は少なく現行紙幣でない紙幣の買取価格は高価買取も十分に期待できます。

ですが、現行紙幣であっても「エラー銭」や「ゾロ目」等に該当する紙幣であれば額面の数十倍以上の買取価格も期待できたり、「大黒1円紙幣」という特殊な現行紙幣も額面より遥かに高い買取価格で取引可能です。その為、「現行紙幣=安い」とは完全には言い切れません。

また、旧紙幣の買取価格は古い時代に発行された種類程買取価格も高くなる傾向にあるので、「大黒100円」や「旧国立銀行券」といった旧紙幣の中でも特に古い時代に流通していた旧紙幣の買取価格は数十万円以上期待できる種類が多いです。

ですが、見慣れない旧紙幣の種類はかなり多い事からも、古い紙幣をパッと見て高価買取が期待できる旧紙幣かどうか判断する事は、知らない人にとってはとても難しく、「エラー」や「ぞろ目」等の特殊紙幣に関しては見抜くことも意外と難しければ、買取価格の算出も非常に難しいです。

ですので、このサイトでは様々な旧紙幣についての買取価格や価値、概要を額面別や旧紙幣の種類別で一覧で紹介していますが、その前に「1.旧紙幣を高く安心に売れるおすすめ古銭買取業者」と「2.旧紙幣の買取価格を簡単かつ正確に算出する方法」をご紹介しますので、旧紙幣買取の際にはこちらも是非参考にしてください。

旧紙幣(古紙幣)買取におけるおすすめ買取業者を紹介

優秀な古銭買取業者に依頼をするだけで、特に手間をかけずにお手軽かつ安心に旧紙幣の高価買取が実現可能です。私も古銭買取の際には大黒紙幣や聖徳太子紙幣など様々な種類の旧紙幣の相見積もりを行っていますので、その経験を基に私がおすすめする買取業者をご紹介します。

旧紙幣の価値を簡単に知る方法

メール査定がおすすめ

旧紙幣の価値を簡単かつ正確に知る方法は至極簡単です

古銭買取業者にメール査定を依頼するだけ

これだけで専門家に旧紙幣を査定してもらえます。

旧紙幣を含む古銭は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに価値が明らかになります。

素人には旧紙幣の種類を見分ける事も困難ですし、旧紙幣は状態によってかなり買い取り価格が変動するので、メール査定は価値を知る為にこの上ない程の最善の手段なのです!
そして、メール査定をしても、買取は簡単に断れますのでご安心ください♪

ですが、旧紙幣の取り扱いには注意があります。
汚れた状態で見つかった旧紙幣を少しでも綺麗に見せようと無理に手入れをしてはいけません!下手な手入れは大きく価値が下がる事になりかねませので、見つけた状態で画像を送って査定をしてもらった方がいいです。

旧紙幣をメール査定してもらうのにお勧めの業者は次のページも参考にしてください

古紙幣(旧紙幣)の価値について

では、古紙幣(旧紙幣)の価値と基本的な情報について説明していきます
このページでは、日本国内で発行された古紙幣(旧紙幣)の価値について説明します。(更新中)

【 額面別 】古紙幣(旧紙幣)の一覧

※上記の古紙幣(旧紙幣)の名称をクリックするとそこまでジャンプします。


そして、次で紹介しているリストは「割と見つかりやすい古紙幣(旧紙幣)」についてピックアップした買取情報です。(額面別の古紙幣一覧ページでも紹介しています)

見つかりやすい古紙幣(旧紙幣)をピックアップ

※上記の古紙幣(旧紙幣)の名称をクリックするとそこまでジャンプします。

額面別で古紙幣(旧紙幣)の価値と買取価格一覧

1万円紙幣(旧一万円札)の価値と買い取り価格

一万円札一覧
発行年度:1958年(昭和33年)~現在
券種数:全3種類(日本銀行券C号~E号)
歴代の旧一万円札は、聖徳太子の1万円札、そしてひとつ前の福沢諭吉1万円札(D号券)、現行紙幣の福沢諭吉1万円札(E号券)の3種類があります。聖徳太子の1万円紙幣だと、記番号の頭部分のアルファベットが1桁だと初期に発行された紙幣ですので、綺麗な状態だと12000円程の買取価値があります。福沢諭吉の1万円紙幣になると、一部のプレミア紙幣・エラー紙幣を除き、古銭的な買取価値は期待できません。

5000円紙幣(旧五千円札)の価値と買い取り価格

5000円札一覧
発行年度:1957年(昭和32年)~現在
券種数:全3種類(日本銀行券C号~E号)
歴代の5000円紙幣は、聖徳太子が肖像画の人物の聖徳太子5000円紙幣・新渡戸稲造5000円紙幣、そして現在発行されている樋口一葉5000円紙幣の3種類があります。聖徳太子5000円紙幣で、記番号のアルファベット頭部分が1桁のものは初期製造の紙幣に分類され、未使用だと額面以上の買取価格になる可能性もあります。新渡戸稲造5000円紙幣・樋口一葉5000円紙幣は、基本的に古銭買取業者での買取は難しくなります。

1000円紙幣(旧千円札)の価値と買い取り価格

千円札一覧
発行年度:1942年(昭和17年)~現在
券種数:全5種類(甲号券、日本銀行券B号~E号)
これまで発行されてきた1000円紙幣は、旧千円札が4種、そして今も発行されている野口英世の1000円紙幣と計5種類があります。特に、日本武尊が描かれている「甲号券1000円」の価値は非常に高く、綺麗な状態であれば20万円前後の買取価格も期待できるプレミア古紙幣です!夏目漱石や野口英世の1000円札は今も現行紙幣として使用できるため、一部のプレミア紙幣を除き、古銭的な買取価値は付かない場合が多いです。

500円紙幣(五百円札)の価値と買い取り価格

500円札一覧
発行年度:1951年(昭和26年)~1985年(昭和60年)
券種数:全2種類(日本銀行券B号、C号)
500円札は、人物に岩倉具視が採用された紙幣が2種類あり、それぞれ通称で「岩倉旧500円紙幣」「岩倉新500円紙幣」と呼ばれています。500円紙幣は発行数が多かったため、基本的に買取価格は期待できませんが、岩倉旧500円札の初期発行の紙幣だと、未使用ピン札で最大3000円前後の買取価格がつくことがありますので、古銭買取業者に問い合わせされてみることをおすすめします。

200円紙幣(二百円札)の価値と買い取り価格

200円札一覧
発行年度:1927年(昭和2年)~1946年(昭和21年)
券種数:全3種類(日本銀行兌換券~改正兌換券)
これまで発行されてきた200円紙幣には3種類ありますが、どれも古銭としては希少価値が高いため、ぜひとも一度古銭買取業者で価値を確認しておくことをオススメします。特に「裏白200円札」は非常に希少価値が高いプレミア紙幣として知られ、もし古銭買取に出された場合、買取価格はゆうに120万円以上が期待できます。他の200円紙幣も買取価値が高いものが多いので、買取価格の詳細は下記ページでご覧ください。

100円紙幣(百円札)の価値と買い取り価格

100円札一覧
発行年度:1885年(明治18年)~1974年(昭和49年)
券種数:全8種類(旧兌換銀行券~日本銀行券B号)
日本で発行された100円札は8種類あり、あまりに希少価値が高いので買取相場が存在しないようなプレミア紙幣も幾つかあります。最も近年に発行された100円札だと「板垣退助100円札」がありますが、こちらも記番号によっては額面以上の買取価格が期待できます。その他の100円札も、数十万円前後の買取価格が付くようなプレミア紙幣が多いので、100円札の種類と買取価格目安は以下の一覧ページをご覧ください。

50円紙幣の価値と買い取り価格

50円札一覧
発行年度:1951年(昭和26年)~1958年(昭和33年)
券種数:全2種類(日本銀行券B号、不発行紙幣)
日本で発行された50円紙幣は2種類がありますが、一枚は未発行紙幣です。一般的に発行された50円札は、人物に高橋是清が採用された「高橋50円札」がありますが、発行年数が短かったため希少価値が高く未使用のピン札だと最大で2500円前後の買取価格も期待できます。また、未発行紙幣「甲号50円札」は幻のプレミア紙幣として知られ、もし発見された場合、数百万円の買取価格が期待できます。

10円紙幣の価値と買い取り価格

10円札一覧
発行年度:1885年(明治18年)~1955年(昭和30年)
券種数:全9種類(旧兌換銀行券~日本銀行券A号)
これまで発行されてきた10円紙幣には9種類があり、人物にはほぼ和気清麻呂がが採用されています。10円紙幣の古銭的な価値は種類によって様々で、特に「大黒10円札」「表猪10円札」の買取価値は高く、未使用状態だと100万円近い買取価格も期待できるプレミア紙幣です。その他の10円紙幣も、数百円~数千円の買取価値が期待できるものが多いので、10円紙幣買取価格一覧は下記のページからご覧ください。

5円紙幣の価値と買い取り価格

5円札一覧
発行年度:1885年(明治18年)~1955年(昭和30年)
券種数:全9種類(旧兌換銀行券~日本銀行券A号)
歴代の5円紙幣には11種類があって、古銭買取業者における買取価格もそれぞれで違います。例えば、プレミア紙幣として有名な大黒天の5円紙幣であれば、買取価格は100万円前後も期待できます。今でも使える5円紙幣は「日本銀行券A号」のみになり、現行紙幣ゆえに古銭的な価値は薄いのですが、番号によっても買取価値が変わる紙幣です。5円紙幣買取価格一覧は下記のページからご覧ください。

1円紙幣の価値と買い取り価格

1円札一覧
発行年度:1885年(明治18年)~1958年(昭和33年)
券種数:全6種類(旧兌換銀行券~日本銀行券A号)
これまで日本で発行されてきた1円紙幣には、計6種類があります。実は1円紙幣は、詳細ページで紹介している6種類全てが、今でも使える現行紙幣です。ですが、どれも額面より古銭的な価値のほうが遥かに高いため、一度古銭買取業者へ質問して価値を確認されておくことをお勧めします。例えば、高額な1円紙幣だと最大10万円前後の買取価格も期待できます。1円紙幣買取価格一覧は下記のページからご覧ください。

50銭紙幣の価値と買い取り価格

50銭札一覧
発行年度:1882年(明治15年)~1953年(昭和28年)
券種数:全5種類(改造紙幣~政府紙幣B号)
今まで発行された50銭紙幣には5種類があり、既に失効しているため貨幣としては使えませんが、古銭的な価値が高い50銭札も複数あります。例えば、明治時代に発行された大蔵卿50銭札だと最大で15万円前後の買取価格も期待できるプレミア紙幣になります。有名な板垣50銭紙幣は、大半は買取価値はあまり期待できませんが、印刷所の番号によって価値が変わるタイプの紙幣でもあり、一部は高価買取も期待できます。

20銭紙幣の価値と買い取り価格

20銭札一覧
発行年度:1882年(明治15年)~1919年(大正8年)
券種数:全2種類(改造紙幣、大正小額政府紙幣)
20銭紙幣は明治時代・大正時代と発行されていた古紙幣です。使いやすい額面のため発行数は恐らく多かったのですが、古銭的な価値は高く、最大で2万円前後の買取価格も期待できます。普通に流通していた並品の状態だと、大体数百円~1000円前後の買取価格になることが多いです。20銭紙幣は2種類あり、それぞれで価値や買取価格も異なるため、詳細ページもご覧ください。

10銭紙幣の価値と買い取り価格

10銭札一覧
発行年度:1917年(大正6年)~1946年(昭和21年)
券種数:全3種類(大正小額紙幣~日本銀行券A号)
10銭紙幣は、これまで3種類が発行されていて、全てが今では使うことの出来ない失効券です。ですが、額面よりも古銭的な価値の方が高く、未使用ピン札の綺麗な状態であれば古銭買取で得をする可能性もあります。例えば、大正小額紙幣10銭の大正6年発行の紙幣ならば、最大で4000円前後の買取価格まで期待できます。全ての10銭紙幣の価値・買取価格は、詳細ページからご確認ください。

5銭紙幣の価値と買い取り価格

5銭札一覧
発行年度:1917年(大正6年)~1946年(昭和21年)
券種数:全3種類(大正小額紙幣~日本銀行券A号)
5銭紙幣は「楠公像5銭紙幣」、「梅5銭紙幣」と、これまで計2種類の紙幣が発行されてきました。5銭紙幣は戦時中~戦後のインフレの渦中に発行された紙幣で、相当数が発行されたと推測され、古銭的な価値はそれほど高くありません。ですが、古銭買取での買取価格は、最大で300円前後までの買取価格も期待できる古紙幣です。全ての5銭紙幣の価値・買取価格は、詳細ページからご確認ください。

見つかりやすい古紙幣(旧紙幣)の価値と買い取り価格をピックアップ

大黒1円札の価値と買い取り価格

大黒1円札
発行年度:1885年
券種:旧兌換銀行券
サイズ:11.5cm × 18.6cm
大黒1円札(旧兌換銀行券1円)は、1885年発行の古紙幣ですが、実は今でも1円として使用することが出来ます。ですが、実際の額面よりも古銭的な価値は遥かに高く、実際に支払いや両替などで使ってしまったら大損します。大黒1円札の買取価格は、美品だと1枚2万円前後の買取価格が期待でき、並品でも数千円~1万円前後の買取価格が期待できます。

改造兌換銀行券1円札(漢数字1円)の価値と買い取り価格

改造兌換銀行券1円札
発行年度:1889年
券種:改造兌換銀行券
サイズ:8.5cm × 14.5cm
改造兌換銀行券1円札は、通称「改造1円券」や「漢数字1円」とも呼ばれる古紙幣で、武内大臣(武内宿禰)の肖像画が描かれています。一応、現在でも1円として使うことが出来る古紙幣ですが、実際の額面よりも古銭的な価値のほうが高く、こちらも買取をおすすめする古紙幣です。改造兌換銀行券1円札(漢数字1円)の買取価格は、美品だと1枚1万円前後の買取価格が期待でき、並品でも数千円の買取価格が期待できます。

不換紙幣1円札(中央武内1円)の価値と買い取り価格

不換紙幣1円札
発行年度:1943年
券種:不換紙幣
サイズ:7.0cm × 12.2cm
不換紙幣1円札は、武内宿禰の肖像画が中央に配置されているため、通称「中央武内1円札」とも呼ばれる古紙幣で、1円紙幣としては”い号券”に該当します。不換紙幣の中でも1円札だけは、現在でも1円として使用できますが、額面よりも古銭的な価値のほうが高いため、こちらも買取がお勧めです。不換紙幣1円札は美品だと1枚500円前後の買取価格が期待できますが、発行された年代によって価値が変わります。

日本銀行券A号1円(二宮1円紙幣)の価値と買い取り価格

日本銀行券A号1円(二宮1円紙幣)
発行年度:1946年
券種:日本銀行券A号
サイズ:6.8cm × 12.4cm
日本銀行券A号1円は、二宮尊徳の肖像画が採用されているため、別名「二宮1円紙幣」とも呼ばれている古紙幣です。日本銀行券A号1円(二宮1円紙幣)の買取相場は、状態のみを加味した場合、買取価格は美品状態でも50円前後、未使用品レベルに綺麗な状態であっても100円前後の買取価格、といった所ですが、組番号から「印刷局」を知ることが出来、物によっては買取価格が1000円前後まで伸びる可能性もあります。

日本銀行券A号5円(彩文5円紙幣)の価値と買い取り価格

日本銀行券A号5円(彩文5円紙幣)
発行年度:1946年
券種:日本銀行券A号
サイズ:6.8cm × 13.2cm
日本銀行券A号5円は、表裏ともに彩文模様がデザインされているため、「彩文5円」の通称でも呼ばれる古紙幣です。日本銀行券A号5円は、状態のみを見れば200~800円前後の買取価格に留まることが多いのですが、こちらも番号から印刷局を調べることが出来る古紙幣で、希少価値が比較的高いと1000円以上の買取価格になる可能性も高いです。

日本銀行券A号10円(国会議事堂10円紙幣)の価値と買い取り価格

日本銀行券A号10円(国会議事堂10円紙幣)
発行年度:1946年
券種:日本銀行券A号
サイズ:7.6cm × 14.0cm
日本銀行券A号10円紙幣は、国会議事堂が図柄に採用されているため「国会議事堂10円」あるいは「議事堂10円」とも呼ばれる古紙幣です。日本銀行券A号10円は、状態のみを見れば100円前後の価値に留まりますが、番号によって印刷された場所が違い、プレミア価値のあるものは3000円~4000円前後までの買取価格も期待できます。

日本銀行券B号50円(高橋是清50円紙幣)の価値と買い取り価格

日本銀行券B号50円(高橋是清50円紙幣)
発行年度:1951年
券種:日本銀行券B号
サイズ:6.8cm × 14.4cm
日本銀行券B号50円は、高橋是清の肖像画が描かれているため「高橋是清50円」あるいは「高橋50円札」とも呼ばれている古紙幣です。日本で一般的に流通した50円札は、こちらの1種類だけしかありません。日本銀行券B号50円の買取価格は、綺麗な状態であれば一枚あたり1000円前後の買取価値が期待でき、もし未使用品などが発見された場合は5000円前後の買取価格も期待できます。

聖徳太子100円紙幣の価値と買い取り価格

聖徳太子100円紙幣
発行年度:1次:1930年、4次:1946年
券種:乙号券、い号券、ろ号券、A号券
サイズ:6.8cm × 12.4cm
聖徳太子100円紙幣は同じ100円の額面でも4種類に分けられ、主に発行された時代によって分けられます。聖徳太子100円紙幣の中でも買取価格が特に高いのは「ろ号券」の通称「3次100円紙幣」で買取価格は1万円以上も期待できるほどです。一方で、「A号券」の通称」4次100円は買取価格は最も低く200円の買取価格が付けば良い方です。

板垣退助100円紙幣の価値と買い取り価格

板垣退助100円紙幣
発行年度:1953年~
券種:B号百円券
サイズ:7.6cm × 14.8cm
板垣退助100円紙幣となると年代によって「珍しい旧紙幣?」と思う方と「懐かしい」と思う方に分かれる紙幣ですね。板垣退助100円券は割と近年の紙幣な事から「現行紙幣」ですので買取価格は100円を超える事は珍しいですが、最初期と呼ばれる板垣退助100円紙幣は別で、1000円以上の買取価格も期待できます。

岩倉具視500円紙幣の価値と買い取り価格

岩倉具視500円
発行年度:1951年、1969年
券種:B号百円券、C号百円券
サイズ:7.6cm × 15.6cm or 7.2cm × 15.9cm
岩倉具視500円紙幣は同じ500円の額面でも発行時期によって2種類に分けられ、それぞれ「岩倉旧500円」と「岩倉新500円」と呼ばれています。岩倉具視500円紙幣は現行紙幣ですので買取価格はほとんどが額面を超える事はありませんが、「岩倉旧500円」の中でも前期発行の一桁アルファベッドならば1000円以上の買取価格も期待できます。

聖徳太子1000円紙幣の価値と買い取り価格

聖徳太子1000円紙幣
発行年度:1950年
券種:B号千円券
サイズ:7.6cm × 16.4cm
聖徳太子1000円紙幣は100円紙幣とは異なり券種は1種類です。日本で「2番目」に発行された1000円紙幣で、最初の1000円紙幣は5年前に発行された「日本武尊1000円紙幣」です。現行紙幣ですので状態が悪ければ買取価格は額面を超えませんが、状態が良く更にアルファベッド一桁紙幣であれば10000円を超える買取価格も期待できます!

伊藤博文1000円紙幣の価値と買い取り価格

伊藤博文1000円紙幣
発行年度:1963年
券種:C号千円券
サイズ:7.6cm × 16.4cm
伊藤博文1000円紙幣は現在も使用できる「現行紙幣」ですので、買取価格はほとんどが額面を超える事はないと考えてよいです。ですが、未使用や極美品と呼べるような状態の「前期発行紙幣」であれば額面以上の買取価格も期待でき、前述の状態かつアルファベッド一桁であれば5000円以上の買取価格も期待できない事はありません。

夏目漱石1000円紙幣の価値と買い取り価格

natsumesouseki1000円紙幣
発行年度:1984年11月
券種:D号千円券
サイズ:7.6cm × 15.0cm
夏目漱石1000円紙幣も、現在も使用できる「現行紙幣」ですので、買取価格はほとんど額面を超える事はありません。ですが、一部の記番号などはプレミア付の価格で取引されており、珍品であればある程に買取価格も期待できます。発行枚数が非常に多いため記番号も4周し、同じ記番号でも黒色、青色、褐色、暗緑色の4種類のカラーが存在します。

紫式部2000円紙幣の価値と買い取り価格

紫式部2000円紙幣
発行年度:2000年
券種:D号二千円券
サイズ:7.6cm × 15.4cm
紫式部2000円紙幣は記憶に残っている方も多いかと思います。比較的近年に発行された紙幣で現在も使用可能な「現行紙幣」ですので買取価格は額面を超える事は「普通」はありません。ですが、エラー銭であれば話は別で紫式部2000円券は【JL券】と呼ばれる特殊なエラー銭があり、【JL券】であれば5万を超える買取価格も期待できるほどです。

聖徳太子5000円紙幣の価値と買い取り価格

聖徳太子5000円紙幣
発行年度:1957年
券種:C号五千円券
サイズ:8.0cm × 16.9cm
聖徳太子5000円紙幣は日本で初めて「5000円」という額面が採用された紙幣です。買取価格は現行紙幣ですので基本的に額面を超えた買取価格は期待できないと考えて大丈夫です。ですが、エラー銭だとこの限りではなく、また「未使用」かつ「アルファベッド一桁」というレベルの聖徳太子五千円紙幣であれば8000円以上の買取価格も期待できます。

新渡戸稲造5000円紙幣の価値と買い取り価格

新渡戸稲造5000円紙幣
発行年度:1984年
券種:D号五千円券
サイズ:8.0cm × 16.9cm
新渡戸稲造5000円紙幣は、聖徳太子5000円紙幣の次に発行され、日本で初めて文化人の肖像画が採用されました。新渡戸稲造5000円紙幣の買取価格は現行紙幣ですので、基本的に額面を超えた買取価格は期待できないと考えて大丈夫です。ですが、エラーや珍しい記番号の新渡戸稲造5000円紙幣であれば、価値はこの限りではありません。

聖徳太子10000円紙幣の価値と買い取り価格

聖徳太子10000円紙幣
発行年度:1958年
券種:C号一万円券
サイズ:8.4cm × 17.4cm
聖徳太子10000円紙幣は聖徳太子が描かれた紙幣の中でも最も新しい年代に発行が始まった紙幣であり、10000円という額面が初めて採用された紙幣でもあります。現行紙幣ですので聖徳太子10000円紙幣の買取価格も額面以上は期待できませんが、アルファベッド一桁かつ未使用状態であれば20000円以上の買取価格を期待することもできます。
  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者のスピード買取はこちら
ページ上部へスクロール