古銭買い取り業者徹底比較!

天皇陛下御即位記念硬貨の買取相場と概要とは?

天皇陛下御即位記念硬貨買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。
天皇陛下御即位記念硬貨買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

天皇陛下御即位記念硬貨の各種額面の買取相場と概要一覧

このページでは天皇陛下御即位記念硬貨の買取相場と概要情報を額面ごとに先に一覧でご紹介し、そのあとで下記内容をご紹介しています。

  • 天皇陛下御即位記念硬貨の買取相場と概要の一覧
  • 天皇陛下御即位記念硬貨の詳細情報
  • 天皇陛下の即位について
  • おすすめの記念硬貨買取業者について
  • 記念硬貨の正確な買取価格を知る方法

他の記念硬貨の買取相場も一覧で紹介していたりやおすすめの古銭(記念硬貨)買取業者も紹介していますのでぜひ参考にしてください。(買取業界では基本的に古銭買取業者=記念硬貨買取業者です)

天皇陛下御即位記念500円白銅貨の買取相場と概要

天皇陛下御即位記念硬貨500円白銅貨
発行年度:1990年(平成2年)
発行枚数:3000万枚
量目・サイズ:13g・直径30mm
素材の品位:銅:750、ニッケル:250
目安買取相場:500円~800円
絵柄について:表面には特別御料儀装馬車が描かれており、裏面には天皇・皇室を表す「菊の御紋」と「束帯の紋様」が描かれています。

天皇陛下御即位記念10万円金貨の買取相場と概要

天皇陛下御即位記念10万円金貨
発行年度:1991年(平成3年)
発行枚数:200万枚
量目・サイズ:30g・直径33mm
素材の品位:純金(24K)
目安買取相場:10万円~13万円
絵柄について:表面に「鳳凰」とめでたい時にかかる紫雲である「瑞雲」が描かれ、裏面には「菊の御紋」を中心に、「桐」と「唐草」が周囲に描かれ、「10万円」という額面も見られます。

天皇陛下御即位記念10万円プルーフ金貨の買取相場と概要

天皇陛下御即位記念10万円プルーフ金貨
発行年度:1991年(平成3年)
発行枚数:10万枚
量目・サイズ:30g・直径33mm
素材の品位:純金(24K)
目安買取相場:10万円~14万円
補足説明:天皇陛下御即位記念10万円金貨の「プルーフ貨幣(極印を丁寧に磨いて打刻を繰り返し、表面を鏡のように綺麗に仕上げた硬貨)」が1枚入っており、プリスターパック入りでシリアルナンバーが割り当てられています。

天皇陛下御即位記念貨幣2点セットの買取相場と概要

天皇陛下御即位記念貨幣2点セット
発行年度:1991年(平成3年)
発行部数:10万部
目安買取相場:10万円~14万円
内容:天皇陛下御即位記念10万円金貨×1、天皇陛下御即位記念500円白銅貨×1・・・計2枚セット
補足説明:天皇陛下御即位記念10万円金貨が1枚、天皇陛下御即位記念500円白銅貨が1枚ずつ入ったセットで、特製BOXに納められています。金貨はプリスターパック入りで、シリアルナンバーが割り当てられています。

天皇陛下御即位記念硬貨の買取価格リスト

  • 記念硬貨の種類
    未使用
    美品
    並品
  • 500円白銅貨
    未使用
    600円~800円
    美品
    500円~600円
    並品
    額面
  • 10万円金貨
    未使用
    110000円~130000円
    美品
    100000円~110000円
    並品
    額面
  • プルーフ金貨
    未使用
    120000円~140000円
    美品
    100000円~120000円
    並品
    額面
  • 記念貨幣セット
    未使用
    120000円~140000円
    美品
    100000円~120000円
    並品
    額面

天皇陛下御即位記念硬貨の価値と概要

天皇陛下御即位記念硬貨

天皇陛下御即位記念硬貨とは、平成に今上天皇がご即位されたことを記念して発行された記念硬貨で、期日奉告の儀は1990年1月23日に行われました。

種類は10万円金貨と500円銅貨の2種類が発行されたため、こちらのページでは「天皇陛下御即位記念10万円金貨」、「天皇即位500円白銅貨」の順にご紹介していきます。

それぞれが単体で発行された他、金貨の表面を鏡のように磨いた「プルーフ金貨(10万円のみ)」と、10万円金貨・500円硬貨が特製ケースに収められた「天皇陛下御即位記念貨幣2点セット」も販売されましたので、そちらも下記で解説します。

では、種類ごとに詳細を紹介していきます。

天皇陛下御即位記念10万円金貨について

天皇陛下御即位記念10万円金貨

「天皇陛下御即位記念10万円金貨」は今上天皇がご即位の記念に発行されたため、「平成天皇ご即位記念10万円金貨」や「今上天皇御即位10万円金貨」などと呼ばれることもあります。

以前に発行された昭和天皇陛下御即位記念10万円金貨で偽造が相次いだため、こちらの今上天皇御即位10万円金貨には、シークレットマークなどの様々な偽造防止策が実行されました。記念金貨の直径は33mmで、量目(重さ)は30g、品位はK24の純金が使われており、日本の造幣局が鋳造元です。

天皇陛下の10万円金貨には、他にも「天皇陛下(昭和天皇)御在位60年記念金貨」などがありますが、こちらの金の総重量は20gです。今回ご紹介の「天皇陛下(今上天皇)御即位記念硬貨」だと金の総重量が30gのため、額面は両方10万円ですが、金価格で計算すると買取価格もそれぞれ違ってきます。

天皇陛下御即位記念硬貨は発行枚数が200万枚と少な目ですが、記念硬貨としての価値というより”使われている金の価値が高い”ため、高価買取に繋がりやすい金貨でもあります。

天皇陛下御即位記念硬貨には純金が30g使用されているため、額面よりも金の価値が上回るケースになることも多く、記念硬貨買取においての買取価格も1枚で最大13万前後までも期待できます。

ですが、記念硬貨や記念金貨には、貨幣を傷つけたり溶かしたりすることを禁止する「貨幣損傷等取締法」という法律が設けられています。そのため、日本国内では天皇陛下御即位記念硬貨を溶かして金として利用する事は出来ません

そのため、天皇陛下御即位記念10万円金貨を高く売るなら、銀行での両替ではなく記念硬貨買取業者(古銭買取業者)の利用をおすすめします。

天皇陛下御即位記念500円白銅貨について

天皇陛下御即位記念500円白銅貨

天皇陛下御即位記念硬貨には500円記念硬貨も作られていて、1990年(平成2年)11月8日に3000万枚が発行されました。

500円記念硬貨の図柄には「特別御料車」が採用され、もう片面には天皇家の象徴である「菊の紋章」と「束帯の紋様」が描かれています。

素材は銅75%・ニッケルが25%で出来ていて、銅には白銅が使われているため、通称「天皇陛下御即位記念500円白銅貨」と呼ばれることもあります。直径が30mm、重量は13gで、通常貨幣の500円硬貨よりも一回り大きくて重いです。

記念硬貨買取での「天皇陛下御即位記念500円白銅貨」の買取価格は、未使用の綺麗な状態だと最大800円前後までも期待できます。ですが発行枚数が3000万枚と多く、比較的近年の発行であることから、並品だと額面以上の価値は持ちません

天皇陛下御即位記念プルーフ金貨(単体セット)について

天皇陛下御即位記念プルーフ金貨(単体セット)

天皇陛下御即位記念10万円金貨を「プルーフ貨幣」に加工し、特別ケースに納めた「天皇陛下御即位記念プルーフ金貨(単体セット)」も発行されました。発行枚数は10万枚と少なく、綺麗な状態であればコレクション的な価値が評価される場合もあります。

プルーフ貨幣とは、極印を丁寧に磨いて打刻を繰り返し、表面を鏡のように綺麗に仕上げた硬貨で、独特の光沢があるのが特徴です。

記念硬貨買取における「天皇陛下御即位記念プルーフ金貨」の買取価格は、付属品にも難がない綺麗な状態であれば、最大で14万円前後の買取価格まで期待できます。

天皇陛下御即位記念貨幣2点セットについて

天皇陛下御即位記念貨幣2点セット

天皇陛下御即位記念貨幣2点セットとは、上述の「天皇陛下御即位記念10万円金貨」と「天皇陛下御即位記念500円硬貨」1枚ずつの、合計2点がセットになって発行されたものです。

こちらも発行部数は10万部とそれほど多くないため、通常品と比べて買取価格も高くなりやすいのが特徴です。

記念硬貨買取での「天皇陛下御即位記念貨幣2点セット」の買取価格は、こちらも付属品など綺麗な状態であれば14万円前後までの買取価格までも期待できます。

1990年の天皇陛下の即位について

天皇陛下の即位について

1989年(昭和64年)に昭和天皇が崩御し、新しく天皇に即位されたのが「明仁氏」で、即位翌日から元号は「平成」になりました。在位中は今上天皇(きんじょうてんのう)と称されます。日本の天皇として国内外に広く知られる他、同時にハゼの研究者としても知られ、業績は各国で評価されています。

「即位の礼」とは、新しく即位した天皇が正式に皇位を継承したことを示す儀式のことです。最高の皇室儀礼にあたり、皇位継承を国内外に広く示す役割も担っています。即位の礼が終わった後には、五穀豊穣(穀物が豊かに実ること)を感謝する「大嘗祭」が行われます。

即位の礼は改号からすぐに行われたわけではなく、諒闇(天皇陛下の崩御にあたって喪に服す期間のこと)が明けた1990年(平成2年)に行われました。記念硬貨の発行も同時期に行われ、500円白銅貨は1990年(平成2年)11月8日に、10万円金貨は1991年(平成3年)4月10日に発行されました。

平成の即位の礼では、「即位礼正殿の儀」の他、オープンカーでのパレード「祝賀御列の儀」、そして即位の礼を祝う「饗宴の儀」が行われました。即位の礼にあたっては37000人もの護衛官や警察官が動員され、警備にあたる特別予算は54億円にも上ったとされています。

記念500円白銅貨の図柄は、表面に「特別御料儀装馬車」が描かれていますが、これは皇室の馬車で、特別な儀式やパレードのときに使われます。現在は1号~4号までがありますが、今上天皇の即位の礼の際は、昭和3年に作られた”儀装馬車2号”が使用されました。

記念硬貨買取におけるおすすめ買取業者を紹介

優秀な記念硬貨買取業者に依頼をするだけで、特に手間をかけずにお手軽かつ安心に記念硬貨の高価買取が実現可能です。ですので、先に記念硬貨買取におけるおすすめ買取業者をご紹介します。記念硬貨の買取は古銭買取業者が併せて行っているので、【おすすめ記念硬貨買取業者=おすすめ古銭買取業者】となっています。

天皇陛下御即位記念硬貨の買取価格を簡単に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明するのはあくまでも天皇陛下御即位記念硬貨の目安の価値や買い取り相場ですので、天皇陛下御即位記念硬貨の買取価格を正確に知る方法も最後にご紹介しておきます。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に天皇陛下御即位記念硬貨を査定してもらえます。

天皇陛下御即位記念硬貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに買取価格は明らかになります。

天皇陛下御即位記念硬貨は状態による買取相場の判断が難しいので、正確に知りたいと言う方であればメール査定が価値を知る為にこの上ない程の最善の手段なのです!メール査定であれば買取も簡単に断れますのでご安心ください♪

天皇陛下御即位記念硬貨をメール査定してもらう方法やお勧めの古銭買取業者は次のページも参考にしてください

今月のおすすめ業者!

ページ上部へスクロール