古銭買い取り業者徹底比較!

10円札の買取価値の一覧と、おすすめ古銭買取業者

10円紙幣の価値と概要、おすすめ買い取り業者を紹介します!

10円札の買取価格・価値を調べる方法と、10円札の価値一覧

古銭の価値に悩む女性

10円札は、実は古いものでは明治時代から発行されていて、これまでに9種類の10円札が発行されてきました。(さらに2種類、未発行となった10円札があります。)デザインは和気清麻呂の人物画がほとんどですが、国会議事堂や大黒像の10円札も発行されてきました。

このページでは、今まで発行されてきた9種類全ての10円札の買取価格や概要を、画像付き一覧で紹介していきます

ですが、10円札の買取価格は状態や製造番号やエラーなど、特定条件が揃う事で買取価格が大きく上がる事もあれば、逆に下がる事もある為、このページで紹介できる10円札の買取価格はあくまでも目安となります。また、エラーなどの10円札の買取価格が上がる条件を全てご紹介することも困難ですので、先に「正確に10円札の買取価格を調べる方法」と「おすすめの買取業者」をご紹介します。

※10円札の買取価格の一覧は、こちらをクリックするとそこまでスクロールします。

10円札の買取におけるおすすめ買取業者を紹介

10円札の買取は優秀な古銭買取業者に依頼をする事で、特に手間をかけずに安心に10円札の高価買取が実現できます。また、ネットによるWEB査定も対応してもらうことが可能な古銭買取業者なので、気になる10円札をとりあえず査定してほしい場合にもおすすめです。

10円札の買取価格を簡単に知る方法

メール査定がおすすめ

前述のとおりこのページではあくまでも10円札の目安の買取価格ですので、先に10円札の買取価格を正確かつ簡単に調べる方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に10円札の買取価格を査定してもらえます。

10円札は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに買取価格は明らかになりますよ。

特に、価値の高い可能性がある「エラー紙幣かな?」と思う10円札や、特殊なぞろ目・連番の10円札をお持ちであれば、複数の古銭買取業者にメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。メール査定であれば買取も簡単に断れるというのも地味におすすめなポイントです

10円札をメール査定してもらう方法やお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

10円札(十円紙幣)の買取価格一覧リスト

今まで発行された10円札の買取価格と、いつまで発行されたか、今でも使えるのかなどの基本的な情報について、画像付き一覧で説明していきます。
このページで説明する十円紙幣の一覧は次の通りです。昔の古い10円札の種類や買取価値はいくらか調べたい場合などに参考にしてください。

10円札の種類・買取価格一覧

上記の10円札の名称をクリックするとそこまでジャンプします。

10円札の価値はいくら?買い取り価格を紹介

大黒10円札(旧兌換銀行券10円)の価値と買い取り価格

大黒10円札
発行年度:1885年(明治18年)~1939年(昭和14年)
券種:旧兌換銀行券
買取価格:30万円~時価

旧兌換銀行券十円紙幣は、紙幣に大黒天が描かれていることから通称「大黒10円札」と呼ばれ、古銭市場でも非常に価値の高いプレミア紙幣として知られています!一般的に使用された大黒10円札でも30万円前後の買取価格は期待できますし、もし未使用状態で発見された場合、ゆうに100万円以上の買取価格が期待できるプレミア紙幣です。

表猪10円札の価値と買い取り価格

表猪10円札
発行年度:1891年(明治24年)~1939年(昭和14年)
券種:改造兌換銀行券
買取価格:20万円~100万円

改造兌換銀行券の十円紙幣は、人物に和気清麿が採用され、表面の縁取りに猪の図柄がデザインされていることから「表猪10円札」とも呼ばれます。古銭買取での表猪10円札の買取価格相場は、普通に使用された痕跡のある並品の状態の紙幣でも20万円以上の買取価格が、未使用だと100万円近い買取価格も期待できます。

裏猪10円札の価値と買い取り価格

裏猪10円札
発行年度:1899年(明治32年)~1939年(昭和14年)
券種:甲号兌換銀行券(甲号券)
買取価格:3万円~30万円

甲号券の十円紙幣は、裏面の猪のデザインから通称「裏猪10円」と呼ばれます。前期に発行された万葉記号・後期に発行されたアラビア数字で価値が変わり、アラビア数字の方が価値がやや高い傾向にあります。古銭買取での買取価格は、並品でだいたい3万円前後の買取価格が、未使用品だと最大で30万円前後の買取価格も期待できるプレミア紙幣です。

左和気10円札の価値と買い取り価格

左和気10円札
発行年度:1915年(大正4年)~1939年(昭和14年)
券種:大正兌換銀行券(乙号券)
買取価格:3000円~4万円

乙号券十円紙幣は、日本の紙幣の中で唯一、肖像画が左に配置されている紙幣です。そのため「左和気10円札」と呼ばれる古紙幣で、古銭買取での買取価値は、未使用品で最大4万円前後の買取価格が期待できます。一般的に使われていた並品の左和気10円札だと、大体3000円前後の買取価格が期待できます。

和気清麻呂・1次10円札の価値と買い取り価格

和気清麻呂・1次10円札
発行年度:1930年(昭和5年)~1946年(昭和21年)
券種:兌換券(丙号券)
買取価格:100円~2000円

和気清麻呂は沢山の10円札に使われている人物ですが、丙号券~ろ号券までの10円札は全て似たような和気の肖像画が使われているため、1次~4次の名で呼ばれています。こちらは通称「1次10円札」にあたる10円札で、古銭買取での買取価値は、未使用で最大2000円前後の買取価格が期待できますが、並品だと100円前後の買取価値に落ち着きます。

和気清麻呂・2次10円札の価値と買い取り価格

和気清麻呂・2次10円札
発行年度:1943年(昭和18年)~1946年(昭和21年)
券種:不換紙幣(い号券)
買取価格:100円~1200円

不換紙幣のい号券10円札には2種類があり、記番号が黒色で印刷されている紙幣が「2次10円札」と呼ばれています。古銭買取の相場は、未使用状態の紙幣で1200円前後の買取価格が、並品の紙幣だと100円前後の買取価値に落ち着きます。ただ、新円切替の際の「証紙」が貼り付けられた紙幣だと、古銭買取での買取価値は若干上がる傾向にあります。

和気清麻呂・3次10円札の価値と買い取り価格

和気清麻呂・3次10円札
発行年度:1944年(昭和19年)~1946年(昭和21年)
券種:改正不換紙幣
買取価格:150円~3000円

い号券10円札の中で、記号の色が赤色・通し番号が省略されている紙幣が「3次10円札」に該当します。古銭買取では未使用で最大3000円前後の買取価格が、並品で150円前後の買取価格が期待できます。こちらも新円切替の際の「証紙」が貼り付けられた紙幣だと買取価値が若干上がる傾向にあり、数百円の買取価格の上乗せが期待できます。

和気清麻呂・4次10円札の価値と買い取り価格

和気清麻呂・4次10円札
発行年度:1945年(昭和20年)~1946年(昭和21年)
券種:再改正不換紙幣(ろ号券)
買取価格:1000円~25000円

ろ号券十円紙幣は通称「4次10円」と呼ばれる紙幣で、並品でも1000円~3000円前後の買取価格も期待でき、未使用の紙幣だと最大で1万円~2万円の買取価格も期待できるようになります。4次10円札は、前期・後期発行か、証紙の有り無しでも価値が変わるので、もしお持ちであれば一度古銭買取業者に価値を質問されてみることをおすすめします。

国会議事堂10円札の価値と買い取り価格

国会議事堂10円札
発行年度:1946年(昭和21年)~1955年(昭和30年)
券種:日本銀行券A号
買取価格:10円~400円

日本銀行券A号はデザインに国会議事堂が採用され「国会議事堂10円札」とも呼ばれ、未使用の紙幣だと大体400円前後の買取価格が期待できます。国会議事堂10円札は、実は今でも使うことが出来る現行紙幣のため、一応は額面以上の価値も期待できるものの、一部のプレミア品やエラー紙幣などを除き、全体的な買取相場はそれほど高くなりません。


10円札の種類や人物は?10円札は今でも使える?

10円札はいつまで発行

日本の10円札には上記でご紹介したように、合計9種類の10円札が発行されてきました。明治・大正・昭和と長きに渡り発行されてきた10円札ですが、基本的に時代が古いものほど希少価値が高い傾向にあり、古銭買取でもプレミア紙幣として買取されています。

10円札の肖像画の人物は、ほとんどに和気清麻呂が採用されていて、その中には「表猪10円札」「裏猪10円札」と、一緒に猪が描かれている紙幣もあります。 これは、和気清麻呂が暗殺されそうになったとき、突然現れた猪(いのしし)の大群によって一命を取り留めた、という話を基にして、紙幣にも猪のデザインが加えられたそうです。

ですが、第二次世界大戦で日本が敗戦し、GHQの管理下に置かれるようになると、紙幣の額面やデザインに制限が生まれるようになります。よって、10円札のデザインは「国会議事堂」へと変更されました。

また、10円札には上記で紹介した9種類の他にも、未発行となった「は10円券」と「B10円券」が存在します。「は10円券」は紙幣として粗末な作りだったので発行されず、「B10円券」は紙幣の代わりに10円青銅貨が作られたため、未発行のうちに終わった10円札です。ちなみにB10円券の肖像画人物には”大久保利通”が採用される予定だったそうです。

ちなみに、「10円」というと今でこそありふれた貨幣価値ですが、昔と今では物価が大きく異なるため、当時の10円紙幣はお金としてとても貴重だったのです。 時代ごとの10円の価値でいうと、明治時代の10円の価値は今でいう20万円前後の価値を持ちます。やがてインフレの影響で貨幣価値は変動しますが、国会議事堂10円札が発行された昭和20年代では、大体10円=2万円くらいの貨幣価値に落ち着いていました。それでも非常に高額な額面だったのが分かりますよね。

最後に発行された10円札は、デザインに国会議事堂が採用された通称「国会議事堂10円札」で、1955年(昭和30年)4月1日に支払い停止日を迎えています。 ですが、「支払い停止日」とは、あくまで日本銀行から市銀へと該当する紙幣の支払いを停止した日のことを指します。そのため、”紙幣としての支払いが無効になる”というわけではありません

そのため、これまで発行されてきた9種類の10円札のうち、唯一「国会議事堂10円札」は、今でも現行紙幣としての通用力を持っています。銀行へ持っていけば両替してくれますし、法的には一応、買い物などの一般的な支払いでも使うことが出来ます。

ですが、国会議事堂10円札の古銭的な買取価値でいえば最大で400円前後の買取価格までが期待できますので、古銭買取業者で買取してもらったほうが得な場合があります。

10円札以外の古い紙幣でも、今でも支払いなどで使える現行紙幣が複数種類ありますが、お金として使ってしまうより、古銭的な価値のほうが高い場合も多いため、支払いなどで使ってしまうと損をしてしまう恐れがあります。

そのため、10円札の古銭的な買取価値がいくらか明らかにしたい場合は、「古銭買取業者へ質問してみる」のが最も手っ取り早い方法です。 問い合わせフォームに紙幣の写真を添付して、いくらで売れそうか質問すると、ある程度の買取価格目安を返信してもらうことが出来るので、簡単に古銭の買取価値がいくらか調べることが出来ます。

古い紙幣の中には、一枚で何百万円もの買取価格になるようなプレミア品も沢山ありますので、古いお金や紙幣などをまとめてお持ちであれば、価値が高いうちに買取に出されることをおすすめ致します。

また、「国会議事堂10円札」以外の10円札は、既に失効してしまって使えない10円札です。けれども、貨幣的な価値がないからと処分してしまうのは大きな間違いです!古銭的な価値が高く、1枚で数百万円の買取価格が期待できるプレミア紙幣の可能性がありますので、こちらも古銭買取業者へ一度質問されてみることをおすすめします。

10円札をメール査定してもらう方法やお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください。

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者のスピード買取はこちら
ページ上部へスクロール