古銭買い取り業者徹底比較!

硬貨の買取価格とおすすめ買取業者をご紹介。全額面かつすべての年代の硬貨の買取価格を一覧で紹介します。

硬貨の価値と概要、おすすめ買い取り業者を紹介します!

硬貨の価値と買い取り価格、おすすめ買取業者とは?

古銭の価値に悩む女性

現在でも使用できる硬貨の買取価格はほとんどが額面通りですが、発行枚数が少ない年度の硬貨やエラー硬貨などであれば額面を超えた買取価格も十分に期待できます。

そして、「20円」や「50銭」など現在では目にしない額面の硬貨ならば額面以上の買取価格はもちろんの事、驚くほどの高価買取も期待できるので換金を考える前に古銭買い取り業者に買取を依頼する事をおすすめします。
※硬貨の買取は古銭買取の1ジャンル扱いですので、ほとんどは「古銭買取業者=硬貨買取業者」となっています。

このページでは全ての額面の硬貨の買取価格や価値・概要について額面ごとに一覧でご紹介していますので、お手元の硬貨の額面と照らし合わせて是非参考にしてください。ですが、記念硬貨と地方自治法施行60周年記念コインに関しては種類が多いので、こちらのページでまとめてご紹介しています

硬貨買取におけるおすすめ買取業者を紹介

硬貨買取の際には優秀な古銭買取業者に依頼をする事で、特に手間をかけずにお手軽かつ安心に硬貨の高価買取が実現可能です。ですので、先に硬貨買取におけるおすすめ買取業者をご紹介します。硬貨の買取は古銭買取業者が併せて行っているので、【おすすめ硬貨買取業者=おすすめ古銭買取業者】となっています。

硬貨の買取価格を簡単に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明するのはあくまでも硬貨の目安の価値や買い取り相場ですので、先に硬貨の買取価格を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に硬貨を査定してもらえます。

硬貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに買取価格は明らかになります。

硬貨は状態によって価値が大きく変動しますので、正確に知りたいと言う方であればメール査定が価値を知る為にこの上ない程の最善の手段なのです!
特に、価値の高い硬貨をお持ちであれば、複数の古銭買取業者にメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。 メール査定であれば買取も簡単に断れますのでご安心ください♪

硬貨をメール査定してもらう方法やお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

硬貨の買取相場と価値について

では、硬貨の価値と買取価格、概要について一覧で紹介していきます。このページで説明する硬貨の種類の一覧は次の通りです。
※硬貨の名称をクリック(タップ)でページ内ジャンプします

額面順:全ての額面の硬貨一覧リスト

※硬貨の名称をクリック(タップ)でページ内ジャンプします。

硬貨の価値と買い取り価格を紹介

500円硬貨の価値と買取価格

500円硬貨
発行年度:1982年(昭和57年)
額面の種類:全2種類(記念硬貨は除く)
500円硬貨は記念硬貨を除けば今までに現行貨幣の2種類しか発行されておらず、古銭買取業者に500円硬貨の買取依頼をすればほとんどの500円硬貨の買取価格は額面を超えません。ですが、数は少ないですが特定年数の500円硬貨の買取価格は額面を超える種類もあるので、次のページで全ての年数の500硬貨の買取価格を一覧で紹介します。記念硬貨の500円硬貨の買取価格は記念硬貨一覧ページを参考にしてください。

100円硬貨の価値と買取価格

100円硬貨
発行年度:1957年(昭和32年)~現在
額面の種類:全3種類(記念硬貨は除く)
100円硬貨は記念硬貨を除いて現行貨幣の3種類発行されており、100円硬貨の買取では額面以上の買取価格が期待できる種類が意外と多くあります。ですが、100円硬貨は発行期間が浅いことからエラー銭でなければ100円硬貨の買取価格は高くても600円~800円位に収まります。詳しくは次のページで全ての年数の100円硬貨の買取価格を一覧で紹介します。記念硬貨の買取価格は記念硬貨一覧ページで紹介しています。

50円硬貨の価値と買取価格

50円硬貨
発行年度:1955年(昭和30年)~現在
額面の種類:全3種類
50円硬貨は今までに3種類発行されており、そのうちの1種類は穴のない50円硬貨でした。古銭買取業者に珍しい種類の50円硬貨の買取依頼をすれば高ければ単体で5000円くらいで買取してもらえる種類もあります。有名な話ですが穴ズレなどエラー銭の50円硬貨は別格の買取価格が期待できます!次のページで全ての種類・年数の50硬貨の買取価格を一覧で紹介します。

20円硬貨の価値と買取価格

20円硬貨
発行年度:1870年(明治3年)~1932年(昭和7年)
額面の種類:全2種類
20円硬貨は今までに2種類発行されていますが、両方とも明治~昭和初期に金貨として発行されています。20円金貨は日本の金貨の中でも希少性がトップクラスで、20円硬貨の古銭買取価格も、あらゆる硬貨の中でもトップクラスの買取価格です。20円硬貨の種類と発行年数次第では、1000万円以上の買取価格も期待できるお宝硬貨です。次のページで全ての種類・年数の20円硬貨の買取価格を一覧で紹介します。

10円硬貨の価値と買取価格

10円硬貨
発行年度:1871年(明治4年)~現在
額面の種類:全4種類
10円硬貨はギザ10含めた青銅10円硬貨2種類と10円金貨2種類の計4種類存在し、10円金貨の買取価格は高い種類・年度であれば1000万円以上の買取価格も期待できる古銭の買取価格なかでもトップクラスです。そして、現在出回っているタイプの10円硬貨でも単体で2万円以上の買取価格が期待できる種類もあります。次のページで全ての種類・年数の10円硬貨の買取価格を一覧で紹介します。

5円硬貨の価値と買取価格

5円硬貨
発行年度:1870年(明治3年)~現在
額面の種類:全6種類
5円硬貨の素材は金貨と黄銅貨があり、金貨の買取価格は非常に高額、5円硬貨の金貨は単体で買取価格が300万円を超える種類もあります。黄銅貨の5円硬貨も額面以上の買取価格をもつ種類は多くあり、5円硬貨は黄銅貨でも単体で1万円を超える買取価格の5円硬貨もあります。5円硬貨の買取価格は種類や発行年度によって大きく異なりますので、次のページで全ての年数・種類の5硬貨の買取価格を一覧で紹介します。

2円硬貨の価値と買取価格

2円硬貨
発行年度:1870年(明治3年)~1880年(明治13年)
額面の種類:全2種類
2円硬貨は20円硬貨のように今まで2種類発行されており、どちらも金貨です。2円金貨のサイズ・量目は金貨の中でも低いですが、発行枚数が非常に少ない種類・年数の2円硬貨は単体で500万円以上の買取価格が期待できる種類もあります。
次のページで全ての種類・年数の2円硬貨の買取価格を一覧で紹介しますので、そちらも参考にしてください。

1円硬貨の価値と買取価格

1円硬貨
発行年度:1871年(明治4年)~現在
額面の種類:全10種類
1円硬貨は「金貨」「銀貨」「黄銅貨」「アルミ貨」などかなり多くの種類が今までに発行されており、最も買取価格が高い1円硬貨は金貨で400万円以上の買取価格も期待できます。近年発行されているアルミの1円硬貨でも単体で2000円前後の買取価格が期待できる年代の種類もあります。次のページで全ての種類・年数の1円硬貨の買取価格を一覧で紹介します。

50銭硬貨の価値と買取価格

50銭硬貨
発行年度:1870年(明治3年)~1948年(昭和23年)
額面の種類:全8種類
50銭硬貨は昭和以降も発行されていた硬貨な事から古銭買取において買取事例の多い硬貨の一つとのことです。50銭硬貨の買取価格は種類・年度に応じてピンキリで、高価買取が期待できる50銭硬貨なら単体で200万円以上の買取価格も期待でき、逆に完全未使用品と呼べるレベルの50銭硬貨でも数十円程度の買取価格しかつかない種類もあります。次のページで全ての種類・年数の50銭硬貨の買取価格を一覧で紹介します。

20銭硬貨の価値と買取価格

20銭硬貨
発行年度:1870年(明治3年)~1911年(明治44年)
額面の種類:全3種類
20銭硬貨は全てが銀貨という事もあり全体的に買取価格が安定しているといえます。年度・種類によって20銭硬貨の買取価格は100円~15万円の間で動きますが、例外として明治13年の20銭硬貨のみ発行枚数が100枚以下な事から100万円以上の買取価格がつく事もあり、数ある古銭の買取価格の中でも高い水準を誇る20円硬貨もあります。次のページで全ての種類・年数の20銭硬貨の買取価格を一覧で紹介します。

10銭硬貨の価値と買取価格

10銭硬貨
発行年度:1870年(明治3年)~1946年(昭和21年)
額面の種類:全10種類
10銭硬貨は使用しやすい額面な事から全体的に発行枚数が多く、大量に発行する目的から「銀」から「アルミ」まで様々な素材の10銭硬貨が存在します。10銭硬貨の買取価格は年度・種類によってピンキリで30万円以上の買取価格も期待できる10銭硬貨もあれば、買取価格が100円も期待できない10銭硬貨もあります。詳しくは次のページで10銭硬貨の買取価格の一覧をご覧ください。

5銭硬貨の価値と買取価格

5銭硬貨
発行年度:1870年(明治3年)~1946年(昭和21年)
額面の種類:全12種類
5銭硬貨は各種額面の硬貨の中でも最も多くの種類が発行されています。5銭硬貨は種類が多いこともあり買取価格が10万円を超える事もある硬貨から、100円以下の買取価格になる年数の硬貨もあります。5銭硬貨の買取価格は年度や種類、状態によってピンキリですので、詳しくは次のページで紹介している5銭硬貨の買取価格を一覧をご覧ください。

2銭硬貨の価値と買取価格

2銭硬貨
発行年度:1873年(明治6年)~1884年(明治17年)
額面の種類:全1種類
2銭硬貨は明治初期から発行されていた銅貨一種類のみ存在します。11年間にわたって発行されていた硬貨ですが、種類が少ないので2銭硬貨の買取価格の算出は容易と言えます。さて、2銭硬貨の買取価格ですが年数・状態によって1000円~10万円の買取価格が期待できますが、状態が悪い20銭硬貨の買取価格は100円以下となる事もあります。詳しくは次のページで紹介している5銭硬貨の買取価格を一覧をご覧ください。

1銭硬貨の価値と買取価格

1銭硬貨
発行年度:1873年(明治6年)~1945年(昭和20年)
額面の種類:全7種類
1銭硬貨は明治初期から7種類発行されていましたが、ここまで額面が低いと大量に発行する必要性から金や銀と言った素材は使用されたものは発行されませんでした。明治初期に発行された一銭硬貨の買取価格であれば2万円以上になる事もあり、逆に昭和以降のアルミ1銭硬貨などは100円以下の買取価格しか期待できない種類もあります。詳しくは次のページの1銭硬貨の買取価格を一覧をご覧ください。

半銭硬貨の価値と買取価格

半銭硬貨
発行年度:1873年(明治6年)~1888年(明治21年)
額面の種類:全1種類
半銭硬貨は銅貨の1種類しか発行されていません。明治初期から明治中期にかけて発行されていたことから、古銭としての価値が期待できるので状態にもよりますが買取価格は額面を大きく上回ります。半銭硬貨の買取価格は高い種類で10万円以上の買取価格が期待できますが、状態の良くない半銭硬貨の買取価格は数百円にとどまるでしょう。詳しくは次のページの半銭硬貨の買取価格を一覧をご覧ください。

5厘硬貨の価値と買取価格

5厘硬貨
発行年度:1916年(大正5年)~1919年(大正8年)
額面の種類:全1種類
5厘硬貨は青銅貨の1種類で4年の間しか発行されていませんでした。ですが、5厘硬貨の発行は比較的新しく希少性もそこまで高いものでもない事から古銭としての買取価格は状態が良くても比較的安価です。5厘硬貨の買取価格は高くても1000円前後で、状態の悪い5厘硬貨の買取価格は数十円単位となるでしょう。詳しくは次のページの5厘硬貨の買取価格を一覧をご覧ください。

1厘硬貨の価値と買取価格

1厘硬貨
発行年度:1873年(明治6年)~1884年(明治17年)
額面の種類:全1種類
1厘硬貨は銅貨の1種類のみ発行されていますが、明治初期から中期にかけて発行されていたことから、5厘硬貨と比べて古銭としての買取価格はかなり高くなっています。1厘硬貨の買取価格は高いものならば40万円以上の買取価格になる1厘硬貨も存在します。状態や年数によって1厘硬貨の買取価格は大きく異なりますので、詳しくは次のページの1厘硬貨の買取価格を一覧をご覧ください。

記念硬貨の価値と買取価格

記念硬貨
発行年度:1964年(昭和39年)~現在
額面の種類:全100種類以上
記念硬貨は国際的な記念行事を記念して発行される硬貨の総称ですが、額面は100円~10万円まで幅広くありその数も100種類を超える程多い為、記念硬貨に関してはの記念硬貨のみでまとめたページで買取情報を紹介しています。100円硬貨や500円硬貨ページに目当ての硬貨買取情報がみつからなかった場合は、次のページの記念硬貨買取情報一覧を参考にしてください。

地方自治法施行60周年記念硬貨の価値と買取価格

地方自治法施行60周年記念硬貨
発行年度:2008年(平成20年)~2016年(平成28年)
額面の種類:全94種類
地方自治法施行60周年記念硬貨は各都道府県で発行された記念硬貨の一種で、47都道府県において「1000円銀貨」と「500円クラッド貨幣」の2種類ずつ、計94種類発行されました。手持ちの硬貨に都道府県の名称が入っている場合は地方自治法施行60周年記念硬貨の可能性があるので、買取情報を調べるのであれば次のページを参考にしてください。
  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者のスピード買取はこちら
ページ上部へスクロール