古銭買い取り業者徹底比較!

岩手県における古銭買取業者の口コミ・評判と古銭情報

岩手県における古銭買取業者の口コミと評判。

古銭買取業者の岩手県での口コミ・評判をご紹介

岩手県と記念硬貨

当サイトでは私の経験からおすすめの古銭買取業者をご紹介していますが、特におすすめしている古銭買取業者2社に対する岩手県の人からのおすすめをしている口コミや評判に関する情報を集めてみましたので、岩手県で古銭買取を依頼する際に参考にしてください。

当サイトで特におすすめしている福ちゃんとスピード買取.JPは岩手県において盛岡市を中心に宮古市や一関市、奥州市など岩手県全体が買取対象エリアですので、岩手県で古銭の買取を考えているのであれば、福ちゃんとスピード買取.JPにも安心して依頼する事が可能ですので、是非参考にしてください!


福ちゃんの概要をご紹介

古銭買い取り福ちゃんの岩手県での評判
古銭買取方法
出張買取/宅配買取/店頭買取
電話受付時間
9:00~21:00
買取手数料
完全無料
相談からの受付
可能
広告塔として中尾彬夫妻がサイトに登場している点が特徴的な福ちゃん、記念硬貨から海外コインに至るまで、独自の海外販路を活かして他社では断られるコインも幅広く買取しています。岩手県における口コミ・評判を確認したところ、岩手県でも好評の意見を確認できていますので紹介します。岩手県の古銭買取を検討の際にもおすすめですよ。

福ちゃんの岩手県での口コミ・評判

スタッフさんも親切で良かったです

昔に趣味で集めていた古銭が出てきたのですが、今はもう熱も冷めてしまい、使い道もないので買取してもらうことにしました。そういう所に詳しい知人に相談したところ、古銭の買取で、かつ岩手県でも対応してもらえる業者だったら福ちゃんが良いよと。あまり高価な古銭は持っていないので需要があるかも分かりませんでしたが、想像していたより高い買取価格になりましたし、スタッフさんも親切で良かったです。

想像以上に古銭に詳しい

思ったより簡単に古銭を売ることが出来たので、とても良かったです!古銭は狭く深くのジャンルなので、価値を判断してもらうには古銭商か専門機関かな、と思っていたのですが、鑑定だとお金が掛かってしまうんですね。福ちゃんへ問い合わせたときは、丁度査定スタッフの方が岩手県を巡回していて、査定も無料で行ってくれるとのことで何となく依頼してみました。ですが査定もかなり本格的に行ってくれ、スタッフの方も古銭に詳しい方で非常に良かったです!買取価格も満足!

きめ細やかな査定と親切な対応

祖父が収集していた古銭ですが、思ったよりも量が多かったので半分ほど買取してもらうことにしました。岩手県内で出張査定も行っている買取業者、となると大分絞られてくるのですが、その中でも福ちゃんは非常に良かったです。一点一点の古銭の詳細や価値もきちんと説明してくれたので、これは売る古銭、これは残す古銭と、取捨選択もスムーズに進みました。きめ細やかな査定と親切な対応がとても良かったです。


スピード買取の概要をご紹介

古銭買い取りスピード買取の岩手県での評判
古銭買取方法
出張買取/宅配買取/持込買取
電話受付時間
10:00~20:00
買取手数料
完全無料
相談からの受付
可能
タレントの坂上忍さんが広告塔を務め、テレビCMやチラシなど積極的にメディア展開も行っている事から、企業としての成長度・知名度は買取業者の中でもトップクラスです。岩手県においても数々の口コミ・評判を確認できますので、一部を紹介します。岩手県で古銭買取をお考えならばスピード買取ももちろんおすすめの買取業者です。

スピード買取の岩手県での口コミ・評判

丁寧なサービスと適正な買取価格

大手買取業者らしい丁寧なサービスと豊富な買取方法に惹かれ、数回利用しています。出張対応最短30分とありますが、さすがに岩手県の端の自宅では若干厳しいかな、とは思います。ですが万一の時間連絡もきちんとしてくれますし、一貫した丁寧な対応に好感を持っています。買取価格は高くも低くもなく、あくまで相場通りですね。ですがこの相場通り、という買取価格が難しく、多くの業者では安すぎる買取価格を提示されたりもしてきたので…。丁寧なサービスと適正な買取価格がスピード買取の良い点だと思います。これからも利用します。

簡単に買取をお願いできるのが良かった

スピード買取は広告で気になっていた買取業者だったので、断捨離を機に依頼しました。あまり価値が高くなさそうな物ばかりだったので門前払いを食らうかな、とも思ったのですが、オペレーターさんの対応もとても丁寧で安心出来ました。宅配買取だと、本当に宅配便を送る感覚で簡単に買取をお願いできるのが良かったですし、送料なども引かれず、買取価格も良かったです!岩手県でも全域無料で出張してくれるみたいなので、子供に手が掛からなくなったらそちらもお願いしてみたいです!

ひとつひとつ細かく見ていただけました

出張買取がお願いできて、かつ女性査定員を指名できる買取業者は岩手県内には中々なかったので、スピード買取の広告宣伝を見たときにここだ!と思いました。母と二人暮らしで、いくら査定員といっても知らない男性となると少し構えてしまうので、こうしたサービスは大変ありがたかったです。昔から家にあり価値も全く分からない古銭の買取査定をお願いしましたが、ひとつひとつ細かく見ていただけました。錆びや汚れがひどく、売れるかなと不安だったのですが、全てにお値段つけていただけ大満足です。

岩手県の市区町村一覧

岩手県の市区一覧

宮古市、一関市、奥州市 、盛岡市、花巻市、久慈市、二戸市、遠野市、八幡平市、北上市、大船渡市、釜石市、陸前高田市

岩手県の町村群一覧

九戸郡九戸村、紫波郡矢巾町、下閉伊郡山田町、下閉伊郡岩泉町、下閉伊郡普代村、岩手郡滝沢村、岩手郡葛巻町、西磐井郡平泉町、気仙郡住田町、九戸郡軽米町、気仙郡三陸町、二戸郡一戸町、九戸郡野田村、岩手郡岩手町、九戸郡洋野町、東磐井郡藤沢町、二戸郡安代町、上閉伊郡大槌町、下閉伊郡田野畑村、紫波郡紫波町、和賀郡西和賀町、岩手郡雫石町

岩手県発行の地方自治記念貨幣の買取情報

近年、地方自治法施行60周年を記念した硬貨が発行されており、岩手県においても「地方自治法施行60周年記念貨幣」は発行されていますので、岩手県の古銭買取業者情報をご紹介している流れで、岩手県で発行された地方自治法施行60周年記念貨幣についてご紹介します。

岩手県発行:1000円銀貨幣の買取相場や概要

岩手県発行1000円地方自治記念硬貨:表面
発行年度:2011年、2012年(平成23年、平成24年)
発行枚数:平成23年銘・10万枚(平成24年銘・1万枚)
素材:純銀
岩手県の地方自治法施行60周年記念貨幣の価値は、1000円銀貨1枚で7000円前後になります。買取価格になると大体6000円前後から、切手のセットで発行された”Bセット”であれば、7000円前後の買取価格まで期待できます。ですが平成24年銘になると買取相場は上昇し、1枚で3万円以上の買取価格も十分期待できます。

岩手県1000円記念銀貨幣は、平成23年・平成24年で価値に違いが

岩手県の地方自治法60周年記念貨幣には、平成23年発行のものと平成24年発行の物が存在し、平成24年発行となると極めて価値が高くなり、買取相場も上昇します。 ですが、岩手県以外から発行された地方自治法60周年記念貨幣になると、発行は1度に留まっています。どうして岩手県だけが平成23年、平成24年と二度に渡って発行されたのかというと、その意匠の美しさが高く評価され、翌年に追加発行が決定されたためです。 岩手県の地方自治法60周年記念貨幣は、平成24年5月に開催されたMDCコイン・コンペティションにて”最も美しい貨幣”賞を受賞したのです。そのため2012年8月に1万枚の追加発行が決定されました。

岩手県発行の1000円記念銀貨幣に描かれている図柄は?

岩手県発行1000円地方自治記念硬貨:絵柄

岩手県の地方自治法60周年記念貨幣には、「中尊寺金色堂」と「中尊寺ハス」、そして「毛越寺浄土庭園」が描かれています。

中尊寺金色堂とは岩手県西磐井郡平泉町に所在する仏堂で、その歴史的価値の高さと建造の美しさから、国宝建造物の第1号にも指定されました。内外共に金箔貼りで作られており、その見事な美しさから岩手県の観光名所としても高く評価されています。 昭和25年に行われた金色堂調査において発見された”古代のハスの種”は、研究によって平成10年に開花に成功、「中尊寺ハス」と名付けられました。

毛越寺浄土庭園も同じく、岩手県の観光名所のひとつとして広く知られる地で、国の特別名勝にも指定される美しい風景が特徴です。

岩手県発行:500円クラッド貨幣の買取相場や概要

岩手県発行500円地方自治記念硬貨:表面
発行年度:2012年(平成24年)
発行枚数:179万枚
素材:銅、亜鉛、ニッケルの合金
岩手県の地方自治法施行60周年記念貨幣の500円記念硬貨(500円クラッド貨幣)の価値は、美品状態で600円前後になります。
古銭買取や記念硬貨買取に出した場合の買取価格は、岩手県の500円クラッド貨幣の場合、基本額面ベースになります。

岩手県発行の500円記念銀貨幣に描かれている図柄は?

岩手県発行500円地方自治記念硬貨:絵柄

岩手県の地方自治法施行60周年記念貨幣の500円記念硬貨には、「中尊寺金色堂覆堂」と「毛越寺曲水の宴」が描かれています。 ”覆堂”とは、重要な文化建築や貴重な史跡などを雨風から護るために建てられるものです。岩手県記念硬貨に描かれるのは「中尊寺金色堂の覆堂」ですが、金色堂の覆堂が建てられたのは室町時代の非常に古く、現在は覆堂自体にも文化的価値が生まれています。

”曲水の宴”とは、かつて貴族、朝廷、公家などの間で平安時代に行われていた歌遊びです。ゆるやかな水流に盃を流し、その流れに合わせて和歌を詠むという風情ある行事であり、福岡県の太宰府や山口県の赤間神宮など、全国で広く行われていました。 曲水の宴はかつて、岩手県の記念硬貨に描かれている”毛越寺”においても行われていた行事で、近年も再現され、その優雅な光景が高く評価されています。

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者のスピード買取はこちら
ページ上部へスクロール