古銭買い取り業者徹底比較!

全2種の五百円札(新旧岩倉具視500円札)の買取価値一覧とおすすめ古銭買取業者

500円紙幣の価値と概要、おすすめ買い取り業者を紹介します!

500円札の買取価格とおすすめ買取業者について

古銭の価値に悩む女性

500円札は、「日本銀行券B号券」「日本銀行券C号券」の全2種類が発行されています。

ただし、500円紙幣は2種類とも肖像画の人物に”岩倉具視”が採用されている事から「岩倉具視旧500円札」「岩倉具視新500円札」と呼ばれています。

このページでは今までに発行された「全2種類の500円札」の買取相場と概要を、「画像付き」の一覧リストでご紹介します

そして、500円は「岩倉具視500円札」しか存在しない為、岩倉具視500円札の詳細情報やエラー紙幣情報と言った特殊な状態での買取価格等もこのページはまとめて紹介します。

ただし、「エラー紙幣」や「製造番号」を理由とした500円札の買取価格を正確に紹介することは困難ですので、先に「おすすめの古銭買取業者」と「正確に500円札の買取価格を調べる方法」をご紹介します。

他の「額面」や「券種」の旧紙幣(古紙幣)の買取情報はこちらも次のページも参考にしてください。

500円札の買取におけるおすすめ買取業者を紹介

500円札の買取は優秀な古銭買取業者に依頼をする事で、特に手間をかけずに安心に500円札の高価買取が実現できます。また、ネットによるWEB査定も対応してもらうことが可能な古銭買取業者なので、気になる500円札をとりあえず査定してほしい場合にもおすすめです。

500円札買取価格を簡単に知る方法

メール査定がおすすめ

前述のとおりこのページではあくまでも500円札の目安の買取価格ですので、先に500円札の買取価格を正確かつ簡単に調べる方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に500円札の買取価格を査定してもらえます。

500円札は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに買取価格は明らかになりますよ。

特に、価値の高い可能性がある「エラー紙幣かな?」と思う500円札や、特殊なぞろ目・連番の500円札をお持ちであれば、複数の古銭買取業者にメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。メール査定であれば買取も簡単に断れるというのも地味におすすめなポイントです

500円札をメール査定してもらう方法やお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

旧500円札(五百円札)の買取相場と種類一覧

岩倉具視500円札の買取価格等について紹介していきます。このページで説明する五百円札の情報は次の通りです。

岩倉具視500円札の一覧

上記の500円札の名称をクリックするとそこまでジャンプします。

500円札の価値と買い取り価格を紹介

岩倉具視旧500円札の価値と買い取り価格

岩倉具視旧500円札
発行年度~廃止年度:昭和26年~現行紙幣
券種:日本銀行券B号
紙幣サイズ:縦76mm×横156mm

500円札の人物で岩倉具視が使われている紙幣は2種類ありますが、昭和46年まで発行されていたのが「日本銀行券B号」の500円札で、通称「岩倉旧500円札」とも呼ばれます。記番号の頭アルファベットが1桁だと初期に発行された紙幣ということになり、古銭買取では未使用ならば5000円前後の買取価格も期待できます。

岩倉具視旧500円札の買取価格一覧リスト

  • 紙幣の名称
    未使用
    美品
    並品
  • 前期アルファベット一桁
    未使用
    1000円~5000円
    美品
    500円~1000円
    並品
    額面
  • 前期アルファベット二桁
    未使用
    700円~2000円
    美品
    500円~700円
    並品
    額面
  • 後期
    未使用
    500円~1000円
    美品
    額面
    並品
    額面

岩倉具視新500円札の買取相場(価値)と概要

岩倉具視新500円札
発行年度~廃止年度:昭和44年~現行紙幣
券種:日本銀行券C号
紙幣サイズ:縦72mm×横159mm

人物に岩倉具視が使われた500円札には2種類あり、昭和44年から発行されたのが通称「岩倉新500円札」で、日本銀行券C号に該当します。比較的近年まで使われていた紙幣ですので、古銭買取での希少価値は薄く、基本的に額面以上の買取価格は期待できません。珍しい記番号やエラー紙幣の場合は、額面を大幅に超える買取価格が付くこともあります。

岩倉具視新500円札の買取価格一覧リスト

  • 紙幣の名称
    未使用
    美品
    並品
  • アルファベット二桁
    未使用
    額面
    美品
    額面
    並品
    額面

500円札はいつまで発行?500円札は今でも使える?

500円札はいつまで発行

500円札は、肖像画の人物に”岩倉具視”が採用された、「日本銀行券B号券」「日本銀行券C号券」の2種類が発行されていました。 今でもお馴染みの500円硬貨が発行され始めたのが1982年(昭和57年)のことですので、それより前に使われていた紙幣ということになります。

紙幣の表面には岩倉具視の肖像画、裏面には「富士山」が描かれています。この富士山の絵柄は、山梨県大月市の雁ヶ腹摺山の山頂から撮影されたものを原画に使用しているそうですよ。 500円札は、日本銀行券B号券の方が「岩倉旧500円札」、日本銀行券C号券は「岩倉新500円札」と呼ばれ、古銭買取での買取価値もそれぞれ違います。

500円札がいつまで発行されていたかですが、岩倉旧500円札の支払い停止日は1971年(昭和46年)1月4日、岩倉新500円札は支払停止日が1994年(平成6年)4月1日でした。 ですが、「支払い停止日」とは、あくまで日本銀行から市銀へと該当する紙幣の支払いを停止した日のことを指します。そのため、”紙幣としての支払いが無効になる”というわけではありません。

実は、岩倉具視500円札は新旧ともに、今でも支払いなどで使うことが出来る「現行紙幣」なんです。 けれども、実際に500円の貨幣として使うより、古銭的な価値のほうが高いケースも多いため、支払いなどで使ってしまうと損をしてしまう恐れがあります。

そのため、500円札の古銭的な買取価値を明らかにしたい場合は、「古銭買取業者へ質問してみる」のが最も手っ取り早い方法です。 問い合わせフォームに紙幣の写真を添付して、いくらで売れそうか質問すると、ある程度の買取価格目安を返信してもらうことが出来るので、簡単に古銭の価値を調べることが出来ます。

古い紙幣の中には、一枚で何百万円もの買取価格になるようなプレミア品も沢山ありますので、古いお金や紙幣などをまとめてお持ちであれば、価値が高いうちに買取に出されることをおすすめ致します。

500円札をメール査定してもらう方法やお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください。

今月のおすすめ業者!

ページ上部へスクロール