古銭買い取り業者徹底比較!

【天皇陛下御在位50年記念硬貨】買取相場や詳細情報について

天皇陛下御在位50年記念硬貨買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。
天皇陛下御在位50年記念硬貨買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

天皇陛下御在位50年記念硬貨の各種額面の買取相場と概要一覧

このページでは天皇陛下御在位50年記念硬貨の買取相場と概要情報を額面ごとに先に一覧でご紹介し、そのあとで下記内容をご紹介しています。

  • 天皇陛下御在位50年記念硬貨の買取相場と概要の一覧
  • おすすめの記念硬貨買取業者について
  • 天皇陛下御在位50年記念硬貨の詳細情報
  • 天皇陛下(昭和天皇)の御在位について

他の記念硬貨の買取相場も一覧で紹介していたりやおすすめの古銭(記念硬貨)買取業者も紹介していますのでぜひ参考にしてください。(買取業界では基本的に古銭買取業者=記念硬貨買取業者です)

天皇陛下御在位50年記念100円硬貨の概要まとめ

天皇陛下御在位50年記念硬貨100円白銅貨
発行年度:1976年(昭和51年)
発行枚数:7000万枚
量目・サイズ:12g・直径30mm
素材の品位:銅:750、ニッケル:250
目安買取相場:100円~400円
絵柄について:表面には二重橋と皇居が描かれ、裏面には菊の御紋が中心に描かれ、両サイドに鳳凰が描かれています。

天皇陛下御在位50年記念硬貨の買取価格一覧

  • 記念硬貨の種類
    未使用
    美品
    並品
  • 100円白銅貨
    未使用
    額面~200円
    美品
    額面
    並品
    額面

過去の天皇陛下御在位50年記念硬貨の買取価格一覧

  • 記念硬貨の種類
    未使用
    美品
    並品
  • 100円白銅貨
    未使用
    200円~400円
    美品
    額面~200円
    並品
    額面

過去の買取相場リスト

記念硬貨買取におけるおすすめ買取業者を紹介

優秀な記念硬貨買取業者に依頼をするだけで、特に手間をかけずにお手軽かつ安心に記念硬貨の高価買取が実現可能です。

ですので、先に記念硬貨買取におけるおすすめ買取業者をご紹介します。記念硬貨の買取は古銭買取業者が併せて行っているので、【おすすめ記念硬貨買取業者=おすすめ古銭買取業者】となっています。

  • 古銭買取福ちゃん

    福ちゃんの古銭買取データ早見表
    買取価格(古銭) 8.0 ポイント8
    買取価格(記念硬貨) 7.5 ポイント7_5
    顧客対応(サービス) 8.0 ポイント8
    対応のスピード 7.0 ポイント7
  • バイセル(旧スピード買取.JP)

    バイセルの古銭買取データ早見表
    買取価格(古銭) 7.0 ポイント7
    買取価格(記念硬貨) 7.0 ポイント7
    顧客対応(サービス) 6.0 ポイント6
    対応のスピード 8.0 ポイント8

天皇陛下御在位50年記念硬貨の買取相場についてと詳細

天皇陛下御在位50年記念硬貨(昭和天皇御在位50年記念硬貨)

天皇陛下御在位50年記念硬貨とは、昭和天皇の在位50年を記念して作られた記念硬貨で、1976年(昭和51年)12月23日に発行されました。

天皇陛下御在位50年記念硬貨の種類は100円の1種類が発行されており、昭和天皇の御在位記念のため、別名「昭和天皇御在位50年記念100円白銅貨」と呼ばれることもあります。

では、各種類ごとに詳細を紹介していきましょう。

天皇陛下御在位50年記念硬貨100円白銅貨について

天皇陛下御在位50年記念硬貨のデザインは、表面には皇居と二重橋(正門鉄橋)、裏面には菊の紋章と鳳凰が描かれており、特に二重橋の図柄の美しさには定評があります。

天皇陛下御在位50年記念硬貨の直径は30mm・量目(重さ)は12g、とこれまで発行された記念硬貨の中でも最大で、これは1972年に発行された「札幌冬季五輪100円記念硬貨」と同じサイズになります。

天皇陛下御在位50年記念硬貨の発行枚数は7000万枚と非常に多く、ゆえに希少価値はそれほど高くはありません。

かつては、400円くらいまでの買取価格も期待できましたが、直近1年間の事例から考えると買取価格は未使用状態で200円程で、それ以外だと額面以上の価値は期待できません。

ですので、銀行で額面通りの100円に両替するのもありですが、もし「価値があるかも?」とお思いの記念硬貨が他にもあれば、まとめて買取業者に依頼する事をおすすめします。

ちなみに、天皇陛下御在位50年記念硬貨が発行されたあと、日本は9年間もの間、記念硬貨や記念貨幣の類を発行しませんでした。

1985年(昭和60年)には筑波国際技術博覧会の記念硬貨が発行されましたが、こちらは500円硬貨でしたので、次に額面が100円の記念硬貨が発行されたのは2014年と、実は40年近い年月が経ってからの事です。

天皇陛下御在位50年について

天皇陛下御在位50年について

天皇陛下御在位50年記念硬貨の発行日は1976年(昭和51年)12月23日ですが、これは昭和天皇の当時43歳の誕生日に該当します。

昭和天皇は、歴代天皇の中では在位期間が最も長く、約62年間もの間天皇の座を務めました。諱は裕仁(ひろひと)、称号は迪宮(みちのみや)といい、第124代目の天皇陛下です。

昭和天皇は1946年に発表された「新日本建設に関する詔書」で、「自らの神格性を否定」した天皇としても知られています。

戦前までは日本の天皇は神格化されていましたが、この”人間宣言”を機に、天皇陛下とは「日本国および日本国民統合の象徴」だと定められました。

以前の日本は皇室の写真や記事を出版することも許されていない状態でしたので、人間宣言が後に残した影響は計り知れません。戦前の天皇は国民との接触がほとんどありませんでしたが、天皇の各地への巡幸が行われるようになったのもこれがきっかけです。

記念硬貨の発行年である1976年(昭和51年)は「天皇陛下御在位五十年記念事業」が行われ、その一環として東京都の立川飛行場跡地に「国営昭和記念公園」が作られることが決定しました。

テーマに”緑の回復と人間性の向上”が掲げられ、大きさは180haにも及ぶ大きな公園ですが、災害の際には避難所としての機能も果たせるように設計されています。

1989年(昭和63年)の崩御の際は市民に自粛ムードが広がり、派手な行事やイベントなどが自粛された他、その波は個人の結婚式などにも広がりました。

今月のおすすめ業者!

ページ上部へスクロール