古銭買い取り業者徹底比較!

【裁判所制度100周年記念硬貨について】買取相場や詳細情報を紹介

裁判所制度100周年記念硬貨買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。
裁判所制度100周年記念硬貨買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

裁判所制度100周年記念硬貨の各種額面の買取相場と概要一覧

このページでは裁判所制度100周年記念硬貨の買取相場と概要情報を額面ごとに先に一覧でご紹介し、そのあとで下記内容をご紹介しています。

  • 裁判所制度100周年記念硬貨の買取相場と概要の一覧
  • おすすめの記念硬貨買取業者について
  • 裁判所制度100周年記念硬貨の詳細情報
  • 裁判所制度について

他の記念硬貨の買取相場も一覧で紹介していたりやおすすめの古銭(記念硬貨)買取業者も紹介していますのでぜひ参考にしてください。(買取業界では基本的に古銭買取業者=記念硬貨買取業者です)

裁判所制度100周年記念5000円銀貨の概要まとめ

裁判所制度100周年記念硬貨5000円銀貨
発行年度:1990年(平成2年)
発行枚数:500万枚
量目・サイズ:15g・直径30mm
素材の品位:銀:925、銅:75(銀合金)
当時の販売価格:等価で両替
絵柄について:表面には最高裁判所における「大法廷」が描かれ、裏面には職員マークと花言葉が「正義」を意味する大はんごん草が描かれている。

議会開設・裁判所制度100周年記念貨幣セットの概要まとめ

議会開設・裁判所制度100周年記念貨幣セット
発行年度:1990年(平成2年)
発行枚数:10万枚
素材の品位:銀:925、銅:75(銀合金)
当時の販売価格:12875円
セット内容:裁判所制度100周年記念5000円銀貨×1、議会開設100周年記念硬貨×1・・・計2枚セット
補足説明:裁判所制度100周年記念5000円銀貨1枚と、同年に発行された議会開設100周年記念硬貨1枚の2種が同梱された貨幣セットです。

裁判所制度100周年記念硬貨の買取価格一覧

  • 記念硬貨の種類
    未使用
    美品
    並品
  • 単体5000円銀貨
    未使用
    額面~6000円
     
    美品
    額面
     
    並品
    額面
     
  • 貨幣セット(2種込)
    未使用
    額面~12000円
     
    美品
    額面
     
    並品
    額面
     

過去の裁判所制度100周年記念硬貨の買取価格一覧

  • 記念硬貨の種類
    未使用
    美品
    並品
  • 単体5000円銀貨
    未使用
    6000円~8000円
    美品
    5000円~6000円
    並品
    額面
  • 貨幣セット(2種込)
    未使用
    12000円~16000円
    美品
    10000円~12000円
    並品
    額面

過去の買取相場リスト

記念硬貨買取におけるおすすめ買取業者を紹介

優秀な記念硬貨買取業者に依頼をするだけで、特に手間をかけずにお手軽かつ安心に記念硬貨の高価買取が実現可能です。

ですので、先に記念硬貨買取におけるおすすめ買取業者をご紹介します。記念硬貨の買取は古銭買取業者が併せて行っているので、【おすすめ記念硬貨買取業者=おすすめ古銭買取業者】となっています。

  • 古銭買取福ちゃん

    福ちゃんの古銭買取データ早見表
    買取価格(古銭) 8.0 ポイント8
    買取価格(記念硬貨) 7.5 ポイント7_5
    顧客対応(サービス) 8.0 ポイント8
    対応のスピード 7.0 ポイント7
  • バイセル(旧スピード買取.JP)

    バイセルの古銭買取データ早見表
    買取価格(古銭) 7.0 ポイント7
    買取価格(記念硬貨) 7.0 ポイント7
    顧客対応(サービス) 6.0 ポイント6
    対応のスピード 8.0 ポイント8

裁判所制度100周年記念硬貨の買取相場と詳細

裁判所制度100周年記念硬貨

裁判所制度100周年記念硬貨とは、裁判所制度が発足してから100年を迎えた記念に発行された記念硬貨で、額面・種類は5000円銀貨1種類のみの発行です。

ただし、同年に「議会開設100周年記念硬貨」が同様に5000円銀貨1種類が発行され、同様に100周年を記念して発行された記念硬貨という事もあり、これら2種類が特製ケースに収められた「議会開設・裁判所制度100周年記念貨幣セット」も発行されました。

裁判所制度100周年記念5000円銀貨について

裁判所制度100周年記念硬貨

裁判所制度100周年記念5000円銀貨は、1990年(平成2年)10月23日に発行された記念硬貨で、平成2年に500万枚が発行されました。

表面には大法廷の図柄、そして裏面には職員マークと「大はんごん草」が描かれています。

裁判所制度100周年記念5000円銀貨の素材はほとんど銀で出来ていますが、銀が925に対して銅が75入った銀合金になっています。硬貨の直径は30mm・量目は15gで、通常の硬貨よりも一回り大きく重みがあります。

前回(初めて)発行された5000円銀貨である「国際花と緑の博覧会記念硬貨」が1000万枚発行されているので、それと比べると半分の発行数なのですが、依然として発行枚数は多い部類に入り希少価値は低くなっています。

また、額面が5000円の銀貨は非常に珍しい貨幣でもあるので、通常貨幣と共に広く流通したわけではなく、一部のコレクター以外にも一般の所有者の方も大切に保管されているケースが多かったそうです。

そんな「裁判所制度100周年記念5000円銀貨」の買取価格は、未使用の綺麗な状態で最大6000円前後まで期待できるので、「国際花と緑の博覧会記念硬貨」よりかは高価買取は期待できます。

ただし、希少価値が高いわけではないので並品であれば額面以上の買取価格はつかないと考えましょう。

銀行で両替も可能ですが、それは額面通りの5000円になりません。

裁判所制度100周年記念硬貨は額面以上で売れる可能性もあるため、高く売りたい場合は古銭商や記念硬貨買い取り店にて「他の古銭を始めとした商品とまとめて査定」してもらうことをお薦めしています。

まとめて買取依頼することで本来の相場より高価買取してもらえる可能性が上がりますよ。

議会開設・裁判所制度100周年記念貨幣セットについて

裁判所制度100周年記念硬貨

裁判所制度100周年記念5000円銀貨は単体販売の他にも、同年に発行された「議会開設100周年記念硬貨」と2種のセット品も販売されており、「議会開設・裁判所制度100周年記念貨幣セット」とも呼ばれています。

「議会開設・裁判所制度100周年記念貨幣セット」の買取価格は、未使用でコレクションとして綺麗な状態であれば最大で16000円前後までの買取価格も期待できます。

単体よりも買取価格は高額になりやすいので、もしセットでお持ちであれば一式揃えた状態で買取に出されるのをおすすめします。

裁判所制度について

裁判所制度について

日本の裁判の歴史は、1880年に制定された治罪法、その後1890年に定められた刑事訴訟法など時代の進歩によって進化し、現代の形式を取るようになりました。

裁判制度の発足当初は日本はまだ明治時代で、現在の制度とは大きくかけ離れたものでした。明治に新政府による統治が始まると、制度を近代化するために様々な点が改正されていきます。

まず、現在の日本の裁判の歴史におけるポイントとして、1889年(明治22年)に発布された「大日本帝国憲法」が挙げられます。

憲法が作られたことにより、国民の処罰が勝手に行われないように"何が犯罪かを明確に表しておく"必要がありました。そして刑法が制定され、その後も国際社会の規模が広がるにつれて様々な法が定められていきます。

裁判所制度100周年記念硬貨の図柄にもなっている「大法廷」は、最高裁判所での裁判官15人全員での裁判のことです。主に重大な事件や違憲判決などが大法廷で審理され、傍聴席も208席と非常に規模の大きな裁判です。
記念硬貨の裏面には、中央に「職員マーク」、周りを囲むように「大はんごん草」が描かれています。

大はんごん草は花言葉に「正義・平等」という意味を持つことから、裁判所制度100周年記念硬貨の図柄に使用されている他、アメリカでは裁判官のバッジにも使われている草花です。

日本の法制度は、現在も現代犯罪などによって頻繁な改正が行われるなど、正しい平等のために進歩と発展が続いています。

今月のおすすめ業者!

ページ上部へスクロール