古銭買い取り業者徹底比較!

大阪万博記念硬貨(expo70)の買取相場と概要とは?

大阪万博記念硬貨買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。
大阪万博記念硬貨買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

大阪万博記念硬貨の各種額面の買取相場と概要

このページでは大阪万博記念硬貨の買取相場と概要情報を額面ごとに先に一覧でご紹介し、そのあとで下記内容をご紹介しています。

  • 大阪万博記念硬貨の買取相場と概要の一覧
  • 大阪万博記念硬貨の詳細情報
  • 1970年開催の大阪万博について
  • おすすめの記念硬貨買取業者について
  • 記念硬貨の正確な買取価格を知る方法

他の記念硬貨の買取相場も一覧で紹介していたりやおすすめの古銭(記念硬貨)買取業者も紹介していますのでぜひ参考にしてください。(買取業界では基本的に古銭買取業者=記念硬貨買取業者です)

日本万国博覧会記念白銅貨幣(100円)の買取相場と概要

大阪万博記念硬貨100円白銅貨
発行年度:1970年(昭和45年)
発行枚数:4000万枚
量目・サイズ:9g・直径28mm
素材の品位:銅(白銅):750、ニッケル:250
目安買取相場:100円~200円
絵柄について:表面には葛飾北斎の有名な作品である「富岳三十六景」の一つ」赤富士が描かれ、裏面には地球を背景に5つの花弁と日の丸から成る大阪万博のシンボルマークが重なるように描かれています。

日本万国博覧会記念貨貨幣セット(単独ケース)

日本万国博覧会記念貨貨幣セット
発行年度:1970年(昭和45年)
発行枚数:7000枚
量目・サイズ:9g・直径28mm
素材の品位:銅(白銅):750、ニッケル:250
目安買取相場:1000円~15000円
補足説明:海外向けのみに発行されたセットで、日本万国博覧会記念白銅貨幣1枚がプラスチックケースに収められています。表には「100YEN(EXPO'70)」「MINTBUREAU,JAPAN」と記されています。

日本万国博覧会記念貨幣ミントセット

日本万国博覧会記念貨幣ミントセット
発行年度:1970年(昭和45年)
発行枚数:26000部
目安買取相場:270円~2000円
セット内容:日本万国博覧会記念白銅貨幣×1、100円硬貨×1、50円硬貨×1、10円硬貨×1、5円硬貨×1、1円硬貨×1・・・計6枚セット
補足説明:こちらも海外向けに発行された貨幣セット(ミントセット)で、日本万国博覧会記念白銅貨幣1枚と当時流通していた各額面の日本の硬貨が裏白紙のビニールケースに収められていて、当時は2米ドルで販売されました。

大阪万博記念硬貨の買取価格リスト

  • 記念硬貨の種類
    未使用
    美品
    並品
  • 100円白銅貨
    未使用
    額面~200円
    美品
    額面~150円
    並品
    額面
  • 記念貨貨幣セット
    未使用
    7000円~15000円
    美品
    3000円~7000円
    並品
    1000円~3000円
  • ミントセット
    未使用
    1000円~2000円
    美品
    700円~1000円
    並品
    270円~700円

大阪万博記念硬貨の買取相場についてと詳細

大阪万博記念硬貨

大阪万博記念硬貨とは1970年に開催された日本万国博覧会を記念して発行された記念硬貨です。大阪万博記念硬貨の発行日は、万博開催日の5日前となる1970年3月10日、そして同年7月9日には追加発行も行われました。

種類は100円白銅貨の1種類のみですが、一般的に流通した記念硬貨の他にも「ミントセット」「記念貨貨幣セット」が発行されていて、買取相場も異なります。

では、各種類ごとに詳細を紹介していきましょう。

大阪万博記念硬貨100円白銅貨について

大阪万博記念硬貨100円白銅貨

大阪万博記念硬貨100円白銅貨には、葛飾北斎が描いた富嶽三十六景のうち一つである「赤富士」、裏面には万博のマークと地球儀がデザインされ、浮世絵をあしらった日本らしい装飾でも話題を呼びました。

発行枚数は4000万枚と非常に多く、直径は28mm、量目(重さ)は1枚あたり9gです。素材には銅が75%・ニッケルが25%使われており、こちらのひとつ前に発行された「1964年東京オリンピック記念100円銀貨」よりも材質コストが下がっています。

大阪万博記念硬貨(日本万国博覧会記念100円白銅貨)の買取価格は、未使用の綺麗な状態だと200円前後まで期待できますが、一般的に流通した並品だと額面以上の価値はありません。これは大阪万博記念硬貨の発行枚数が多く、現在でもそれほど希少性は上がっていないためです。

銀行でも一応両替は出来ますが、それだと額面以上の価値は見込めないため、「未使用状態の綺麗な記念硬貨」または下記のような「貨幣セット」をお持ちであれば、買取業者の写真査定を活用されることをおすすめします。

大阪万博記念硬貨の貨幣セット(単独ケース)について

大阪万博記念貨貨幣セット

けれども、大阪万博記念硬貨は単品でなくセットで販売されたものもあり、そちらは価値が非常に高くなっています。「大阪万博記念貨幣セット」は当時海外向けに販売された貨幣セットで、”セット”と呼ばれているものの、中に入っているのは阪万博記念硬貨100円白銅貨1枚です。

大阪万博記念貨幣セットは僅か7000個しか発売されなかったために希少価値が高く、綺麗な状態であれば買取価格は最大15000円前後までも期待できます。

大阪万博記念硬貨のミントセットについて

大阪万博記念硬貨ミントセット

大阪万博記念硬貨の「ミントセット」は、日本万国博覧会記念100円白銅貨が1枚、そして通常貨幣の100円硬貨・50円硬貨・10円硬貨・5円硬貨・1円硬貨が各1枚ずつ入ったセットです。ビニールパックに密閉された状態で白色の表紙がついており、26000部が販売されました。

こちらも海外向けに販売された品で、買取価格も状態が良ければ1000~2000円前後までが期待できます。

大阪万博記念硬貨は、東京オリンピック記念硬貨(1964年発行)に次いで日本で2番目に発行された記念硬貨で、このような記念貨幣セットは初めての発行となりました。

1970年開催の大阪万博について

大阪万博について

1970年に開催された日本万国博覧会は、大阪で開催されたため通称「大阪万博」とも呼ばれます。”人類の進歩と調和”をテーマとして掲げ、1970年3月14日から9月13日まで開催されました。

当時アメリカに次ぐ経済大国に成長していた日本は、万国博覧会の開催を「国家プロジェクト」として設定し、多くの大手企業や研究者、建築家たちが製作に起用されました。特に岡本太郎作の「太陽の塔」は有名で、高さは約70mにも及び、大阪万博のシンボルとして広く知られています。

大阪万博は、開催年の1970年にちなんで70か国以上の参加を目標にしていましたが、結果77か国が参加となり、国際博覧会史上初となる黒字達成など大盛況を見せました。入場者数は延べ6400万人にも及び万博史上でも最高記録を達成しましたが、2010年の上海万博に抜かれ、現在は2位の座に落ち着いています。

特に大阪万博で人気だったものが、アポロ12号が月へ行った際に持ち帰った「月の石」で、アメリカ館には長い行列が出来、万博のテーマをもじって”人類の辛抱と長蛇”とも面白おかしく揶揄された程です。

大阪万博への出展を機に普及したものも沢山あり、例えば大きな駅や空港に整備されている「動く歩道」や「モノレール」「テレビ電話」、あとは「缶コーヒー」や「ファーストフード」などの身近にあるものも、この大阪万博をきっかけに広く普及したのです。 大阪万博は1964年に開催された東京オリンピックと並び、当時の高度成長期の象徴的な出来事として今日に語り継がれています。

記念硬貨買取におけるおすすめ買取業者を紹介

優秀な記念硬貨買取業者に依頼をするだけで、特に手間をかけずにお手軽かつ安心に記念硬貨の高価買取が実現可能です。ですので、先に記念硬貨買取におけるおすすめ買取業者をご紹介します。記念硬貨の買取は古銭買取業者が併せて行っているので、【おすすめ記念硬貨買取業者=おすすめ古銭買取業者】となっています。

大阪万博記念硬貨の買取価格を簡単に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明するのはあくまでも大阪万博記念硬貨の目安の価値や買い取り相場ですので、大阪万博記念硬貨の買取価格を正確に知る方法も最後にご紹介しておきます。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に大阪万博記念硬貨を査定してもらえます。

大阪万博記念硬貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに買取価格は明らかになります。

大阪万博記念硬貨は状態による買取相場の判断が難しいので、正確に知りたいと言う方であればメール査定が価値を知る為にこの上ない程の最善の手段なのです!メール査定であれば買取も簡単に断れますのでご安心ください♪

大阪万博記念硬貨をメール査定してもらう方法やお勧めの古銭買取業者は次のページも参考にしてください

今月のおすすめ業者!

ページ上部へスクロール