古銭買い取り業者徹底比較!

1厘硬貨の買取価格とは?高く売れる1厘硬貨の年代も一覧でご紹介

1厘硬貨の価値と概要、おすすめ買い取り業者を紹介します!
1厘硬貨の価値と概要、おすすめ買い取り業者を紹介します!

1厘硬貨の買取価格とおすすめ買取業者について

古銭の価値に悩む女性

額面が「1厘」と書かれている硬貨は1種類しか発行されておらず、明治時代に発行されていた「1厘銅貨」といいます。

このページでは画像付きで全年代の1厘硬貨の買取価格を一覧で紹介します。

他にも、「未使用」や「美品」といった1厘硬貨の状態についてもご紹介していますので、1厘硬貨の買取価格やおすすめ買取業者をはじめとした、1厘硬貨の情報をお探しの方はぜひ参考にしてください!

他の額面の硬貨に関しては次のページも参考にしてください。

1厘硬貨買取におけるおすすめ買取業者を紹介

1厘硬貨買取の際には優秀な古銭買取業者に依頼をする事で、特に手間をかけずにお手軽かつ安心に1厘硬貨の高価買取が実現可能です。

ですので、先に1厘硬貨買取におけるおすすめ買取業者をご紹介します。硬貨の買取は古銭買取業者が併せて行っているので、【おすすめ1厘硬貨買取業者=おすすめ古銭買取業者】となっています。

1厘硬貨の買取価格を簡単に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明するのはあくまでも1厘硬貨の目安の価値や買い取り相場ですので、先に1厘硬貨の買取価格を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に1厘硬貨を査定してもらえます。

1厘硬貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに買取価格は明らかになります。

1厘硬貨は状態によって価値が大きく変動しますので、正確に知りたいと言う方であればメール査定が価値を知る為にこの上ない程の最善の手段なのです!
特に、価値の高い1厘硬貨をお持ちであれば、複数の古銭買取業者にメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。 メール査定であれば買取も簡単に断れますのでご安心ください♪

1厘硬貨をメール査定してもらう方法やお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

1厘硬貨の買取相場と種類一覧

では、1厘硬貨の価値と買取価格、概要について一覧で紹介していきます。このページで説明する1厘硬貨の種類の一覧は次の通りです。また、「1厘硬貨の状態」や「エラー銭」についても併せて紹介しています。

※1厘硬貨の名称をクリック(タップ)でページ内ジャンプします

額面順:全ての額面の1厘硬貨一覧リスト

※硬貨の名称をクリック(タップ)でページ内ジャンプします。

1厘硬貨の価値と買い取り価格を紹介

1厘銅貨(硬貨)の価値と買取価格

1厘硬貨
発行年度:1873年(明治6年)~1884年(明治17年)
品位:銅:980、錫:10、亜鉛:10
量目・サイズ:0.91g・15.75㎜
1厘硬貨とは、明治6年~明治17年まで発行されていた硬貨で、表には菊の紋章、裏には「一厘」の額面がデザインされています。古銭買取での1厘硬貨の価値は、発行された年によって大きく違います。特に明治13年に発行された1厘銅貨だと、未使用レベルで70万円を超える買取価格が期待できます。1厘硬貨買取価格一覧リストは下記を参照してください。

1厘硬貨買取価格一覧リスト

  • 記念硬貨の種類
    未使用
    美品
    並品
  • 明治6年(1873年)
    未使用
    1000円~3000円
    美品
    300円~1000円
    並品
    100円~300円
  • 明治7年(1874年)
    未使用
    500円~1500円
    美品
    100円~500円
    並品
    50円~100円
  • 明治8年(前期)
    未使用
    1000円~5000円
    美品
    300円~1000円
    並品
    100円~300円
  • 明治8年(後期)
    未使用
    2万円~4万円
    美品
    1万円~2万円
    並品
    2000円~1万円
  • 明治9年(1876年)
    未使用
    20万円~45万円
    美品
    10万円~20万円
    並品
    3万円~10万円
  • 明治10年(1877年)
    未使用
    3万円~6万円
    美品
    15000円~3万円
    並品
    5000円~15000円
  • 明治13年(1880年)
    未使用
    40万円~75万円
    美品
    20万円~40万円
    並品
    5万円~20万円
  • 明治15年(1882年)
    未使用
    500円~2000円
    美品
    100円~500円
    並品
    50円~100円
  • 明治16年(1883年)
    未使用
    600円~1500円
    美品
    120円~600円
    並品
    30円~120円
  • 明治17年(1884年)
    未使用
    600円~1500円
    美品
    120円~600円
    並品
    30円~120円

1厘硬貨の状態について

1厘硬貨の状態の定義とは

1厘硬貨は「未使用」「美品」などと呼ばれる状態に分けられ、これらの1厘硬貨の状態は1厘硬貨の買取価格に大きく影響します。

ですが、1厘硬貨の状態について「未使用」と「完全未使用」の基準はどう違うのかは意外と知らないものですので、1厘硬貨の買取価格を説明する前に1厘硬貨の状態の種類や1厘硬貨の状態の基準についてご紹介します。

ですが、注意点として1厘硬貨の状態は買取業者の査定員によっても判断基準が異なる事もあるので、詳しく1厘硬貨の状態を判断したい場合はメール査定を活用することをおすすめします。

1厘硬貨買取における「未使用品」とは

未使用1銭硬貨

1厘硬貨の「未使用品」とは、製造されたときの綺麗な状態を保っている1厘硬貨をいいます。1厘硬貨は明治時代に作られた古い硬貨で、未使用品だと古銭としての希少価値はそこそこ高く、古銭買取での高い買取価格も期待できます。
また、未使用品であっても製造の際に多少のキズはついてしまいますが、この製造時のキズが極僅かにしかない場合「完全未使用品」として分類されることがあり、未使用品の1厘硬貨よりも高い買取価格が期待できます。

1厘硬貨買取における「美品」とは

美品1銭硬貨

1厘硬貨の「美品」とは、ぱっと見は綺麗に見えますが、流通時のキズや汚れなどがある1厘硬貨のことです。一度流通した1厘硬貨は基本的に、美品~並品クラスの硬貨として分類される可能性が高いです。

ですが、美品の中でもキズが少なく綺麗な1厘硬貨は「極美品」とされるケースがあり、美品の1厘硬貨よりも買取価値が上がります。

1厘硬貨買取における「並品」とは

並品1銭硬貨

1厘硬貨の「並品」は、流通時のキズや汚れ、摩耗などがある1厘硬貨のことを指します。普通に流通していた1厘硬貨だと大抵の場合、並品として分類されます。
ここで、古銭買取の注意ポイントですが、並品状態の1厘硬貨を磨いて綺麗にしても、買取価格が上がるどころかむしろ買取価格が下がる可能性が高いです。古銭買取で硬貨を買取してもらう場合は、磨かずにそのままの状態で買取に出されたほうが、良い買取価格が期待できるのです。

1厘硬貨の買取価値と概要について

1厘エラー硬貨の買取価格

1厘硬貨は、明治6年から明治17年まで発行された「1厘銅貨」のみがあり、以前も以降も、通常貨幣としては一度も発行されていません。

明治時代に入ると、これまでの幕府から政府へと変わり、仕組みや制度もどんどん変更されていきます。 これまでの日本では、穴銭や小判・大判などの貨幣が使われていましたが、明治時代に入ると西洋に倣い、”コイン(硬貨)”を使うことが定められました。 そして、1厘硬貨のような様々な硬貨が発行されていったのです。

古銭買取における1厘硬貨の買取価格は、発行された年によっても大きく異なります。特に明治9年・明治13年に発行された1厘銅貨は、発行枚数がとても少ないため、古銭買取での買取価格相場も非常に高額です。 古銭買取での1厘銅貨の買取価格相場は、明治9年の1厘銅貨だと40万円以上の買取価格が、明治13年銘に至っては70万円以上の買取価格も期待できます。

ですが、1厘銅貨はデザインが非常にシンプルな硬貨のため、価値が高い年に至っては、偽物や贋作、参考品などが多く出回っています。 古銭買取業者の場合は、真贋判定も含めた買取価格を算出してくれるので安心ですが、オークションなどで1厘硬貨を売却する場合、または購入される場合も注意が必要です。

また、1厘銅貨は明治時代に発行された古い古銭のため、エラー硬貨も稀に発見されています。 今は貨幣の製造技術向上に伴って、エラー硬貨が発見される確率は低くなりましたが、昔の硬貨に至ってはエラーが比較的多く散見されます。

エラー硬貨は希少価値が高いため、古銭買取でもかなり高く買取されるケースが多く、通常品より買取価格が期待できるものとなります。古銭買取業者へ1厘硬貨を売るにあたっても、エラー硬貨の存在は買取価値を大幅に上げてくれるため、「硬貨に一見変わったところはないか」は、是非チェックしておきたいポイントです。

以下、1厘銅貨で見つかったことのあるエラー硬貨を紹介していきます。

エラー1厘硬貨「片面打ちエラー硬貨」

エラー1厘硬貨「片面打ちエラー硬貨」
買取価格:5万円~10万円
「片面打ちエラー」とは、片面しか図柄が打たれていないエラー硬貨です。このタイプのエラー硬貨は、見た目も分かりやすく珍しいので、高価買取が期待できます。1厘硬貨などの古い硬貨に至っては発見される確率が高いのですが、それでもエラー硬貨の存在自体が希少なため、通常品より高い買取価格が見込めます。
例えばこちらの片面打ちの1厘銅貨だと、買取価格は5~10万円前後まで期待できます。

エラー1厘硬貨「印刷ズレ硬貨」

エラー1厘硬貨「印刷ズレ硬貨」
買取価格:~2000円
印刷ズレのエラー硬貨とは、印刷プレスがズレてしまい表面の図が大きくズレた硬貨です。このタイプのエラー硬貨は、ズレ方の大きさによって買取価格は大きく変わりますが、通常品よりも高い買取価格が期待できます。 例えばこちらの1厘硬貨だと、中心から僅かに左側に寄っているのが確認でき、未使用の綺麗な状態だと買取価格は最大2000円までが期待できます。変形してしまうほど大きいズレがあるエラーだと、これ以上の買取価格も十分に期待できます。

エラー1厘硬貨「ヘゲエラー硬貨」

エラー1厘硬貨「ヘゲエラー硬貨」
買取価格:~1000円
1厘硬貨にも見られるエラー硬貨「ヘゲエラー」とは、表面が紙を折ったようにめくれているエラー硬貨のことで、「はがれ」「めくれ」とも呼ばれます。このタイプのエラー硬貨はあまり見た目が良くないのであまり買取価格が付きにくいとは言われていますが、それでも通常の1厘硬貨より買取価格が期待できます。例えば、こちらの1厘銅貨のように分かりやすい大きなヘゲエラーがあれば買取価格は1000円前後までは期待できますし、発行年による希少性でも買取価格は大きく変わります。

エラー1厘硬貨「陰打ちエラー硬貨」

エラー1厘硬貨「陰打ちエラー硬貨」
買取価格:1万円~3万円
エラー硬貨の「陰打ちエラー」とは、刻印された硬貨に別の硬貨が重なってもう一度プレスされた硬貨で、両面が同じ刻印になってしまう特徴があります。このタイプのエラー硬貨は見た目も分かりやすく珍しいので、高価買取が期待できます。1厘硬貨などの古い硬貨に至っては発見される確率が高いのですが、それでもエラー硬貨の存在自体が希少なため、通常品より買取価格が見込めます。 例えばこちらのように分かりやすい綺麗な陰打ちだと、買取価格は3万円前後までは期待できます。

エラー1厘硬貨「二重打ちエラー硬貨」

エラー1厘硬貨「二重打ちエラー硬貨」
買取価格:~3000円
二重打ちエラー硬貨とは、その名の通り図柄が二重に打たれているエラー硬貨です。打刻のあとに型から完全に外れなくもう一度打刻を受けて起きるエラーで、近年の硬貨ではほとんど皆無ですが、1厘銅貨などの昔の硬貨では極まれに見つかることもあります。エラーの分かりやすさと1厘銅貨自体の希少価値によって買取相場は幅広く、分かりやすく綺麗な二重打ちエラーだと買取価格は3000円前後まで期待できますし、発行年によるプレミアが付けばさらに高額な買取価格も期待できます。

このような事例もあり、1厘硬貨の買取価格の判断はその時々による需要も非常に重要な事から、古銭買取業者でも流通経路の違いから買取価格が大きくぶれるとも言われています。1厘硬貨の買取価格の判断は一筋縄ではいかない為、見つけ次第一度古銭買取業者に相談してみる事をお勧めします。

相談するおすすめの古銭買取業者については、次のページで私の実体験から紹介しているおすすめ古銭買取業者を参考にしてみてください。

今月のおすすめ業者!

ページ上部へスクロール