古銭買い取り業者徹底比較!

中部国際空港開港記念硬貨の買取相場と詳細情報について

中部国際空港開港記念硬貨買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。
中部国際空港開港記念硬貨買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

中部国際空港開港記念硬貨の各種額面の買取相場と概要

このページでは中部国際空港開港記念硬貨の買取相場と概要情報を各額面ごとに先に一覧でご紹介し、そのあとで次の内容ご紹介しています。

  • 中部国際空港開港記念硬貨の買取相場と概要の一覧
  • おすすめの記念硬貨買取業者について
  • 中部国際空港開港記念硬貨の詳細情報
  • 中部国際空港の開港について

他の記念硬貨の買取相場も一覧で紹介していたりやおすすめの古銭(記念硬貨)買取業者も紹介していますのでぜひ参考にしてください。(買取業界では基本的に古銭買取業者=記念硬貨買取業者です)

中部国際空港開港記念500円銀貨幣の買取相場と概要

中部国際空港開港記念500円銀貨幣
発行年度:2005年(平成17年)
発行枚数:5万枚
量目・サイズ:15.6g・直径28mm
素材の品位:純銀(銀100%)
当時の販売価格:4000円
絵柄について:表面には機内から見た中部国際空港、裏面には飛行機と中部地方が描かれている

中部国際空港開港記念硬貨の買取価格一覧

  • 記念硬貨の種類
    未使用
    美品
    並品
  • 500円銀貨
    未使用
    800円~1500円
     
    美品
    500円~800円
     
    並品
    額面(500円)
     

過去の中部国際空港開港記念硬貨の買取価格一覧

  • 記念硬貨の種類
    未使用
    美品
    並品
  • 500円銀貨
    未使用
    1000円~2000円
    美品
    500円~1000円
    並品
    額面

過去の買取相場リスト

中部国際空港開港記念硬貨の買取相場と詳細

中部国際空港開港記念硬貨

中部国際空港開港記念硬貨は、2005年の中部国際空港の開港を記念して発行された記念硬貨です。

額面は500円の1種類ですが、一般的なニッケル黄銅貨幣、あるいは白銅貨と異なり、素材には純銀が使用されており、極めて価値の高い記念硬貨です。

では、詳細を紹介していきます。

中部国際空港開港記念500円銀貨について

中部国際空港開港記念500円銀貨

記念硬貨買取における「中部国際空港開港記念硬貨」の買取価格は、外装などの付属品なども全て揃っていて綺麗な状態であれば、最大1500円前後の買取価格まで期待できます。

額面以上の価値を持つ記念硬貨のひとつですので、銀行等で換金ではなく記念硬貨の買取業者を利用することをおすすめします。

これまで発行された500円記念硬貨は、一部を除き、ほとんど額面以上の買取価格は期待できません。

何故なら発行数が非常に多く、金融機関で通常の500円貨幣との交換を行うことが可能と入手も容易だったので、希少性が低かったからです。

ですが、中部国際空港開港記念硬貨に至っては、 5万枚の発行数と今まで発行された500円記念硬貨と比べて極めて少数、全てがプルーフ加工の貨幣セットで発行されているということが特徴です。

発行当初は購入希望者が発行枚数を上回ったため抽選が行われ、当選倍率はなんと約47倍にも膨れ上がり、まさに入手できるのは運しだい、となってしまいました。

発売から十年以上が経つ今も、市場にあまり出回っておらず、記念硬貨コレクターの方が大切に保有されている場合が多いです。

中部国際空港開港記念硬貨は素材に銀が使用されている他、プルーフ加工(鏡面仕上げ)になっており、非常にリッチな記念硬貨です。

そのため、製造費用が額面を上回る、いわゆる「プレミアム型記念硬貨」として発行されました。 造幣局の販売価格は4000円と、額面の500円を遥かに上回ったものでしたが、それでも購入希望者が多く、当時から人気が高かったことが覗えます。

中部国際空港開港記念硬貨は、表面には「機内から見える中部国際空港」、裏面には「旅客機と中部地方」が描かれています。直径は28.0mm、量目(重さ)は15.6gで、現行の通常500円よりも一回り大きくて重いです。

中部国際空港の開港を記念して”記念メダル”も発行

中部国際空港開港記念メダル

ちなみに、中部国際空港開港記念硬貨の発行を記念して「中部国際空港開港記念メダル」や「中部国際空港開港公認記念メダル」なども発行されました。

こちらは貨幣としての通用力はなく、あくまで”記念メダル”となりますので、記念硬貨の買取相場には当てはまりません。 ですが地金の価値がありますので買取も可能で、例えば160gの純銀製メダルであれば、現在の相場だと4000円前後の買取価格も期待できます。

中部国際空港の開港について

中部国際空港の開港について

中部国際空港は愛知県常滑市にある国際空港で、「セントレア空港」の愛称で親しまれています。沖合約1.5kmの伊勢湾海上の人工島に位置し、関西国際空港に次ぐ国内2番目の海上国際空港として開かれました。

愛知県には「名古屋空港」もありますが、前々から21世紀の初頭には空港容量が限界になると予想されていました。ですが市街地の中にある空港のため拡張は難しく、また騒音対策のために利用時間も成約せざるを得ませんでした。

今後増え続ける航空需要にスムーズに対応するためには「24時間利用可能であること」という点も大切だったため、新しい空港建設の話が持ち上がることになります。それが「中部国際空港」で、第7次空港整備五箇年計画においては成田空港・関西空港に次ぐ”国際拠点空港”として定められたのでした。

中部国際空港は、近代的な設備と24時間利用可能であることに加え、サービスの質の高さでも話題を呼びました。航空業界における格付を行っているスカイトラックス社の調査によって、中部国際空港は施設・スタッフ等のサービス提供が世界最高水準に達していると認められています。また、同社の世界空港格付けでは第6位に選出されています。

2008年のリーマンショックに引き続き、2010年にはあらゆる航空社の路線縮小が相次ぎ、中部国際空港も少なからず利用者減の影響を受けたものの、現在は格安航空会社(LCC)の登場や外国人の旅行ブームによって回復し、開港時2005年度に記録した旅客数のピークにも近づきつつあります。

今月のおすすめ業者!

ページ上部へスクロール