古銭買い取り業者徹底比較!

瀬戸大橋開通記念硬貨の買取相場と概要とは?

瀬戸大橋開通記念硬貨買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。
瀬戸大橋開通記念硬貨買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

瀬戸大橋開通記念硬貨の各種額面の買取相場と概要一覧

このページでは瀬戸大橋開通記念硬貨の買取相場と概要情報を額面ごとに先に一覧でご紹介し、そのあとで下記内容をご紹介しています。

  • 瀬戸大橋開通記念硬貨の買取相場と概要の一覧
  • 瀬戸大橋開通記念硬貨の詳細情報
  • 1988年開通の瀬戸大橋について
  • おすすめの記念硬貨買取業者について
  • 記念硬貨の正確な買取価格を知る方法

他の記念硬貨の買取相場も一覧で紹介していたりやおすすめの古銭(記念硬貨)買取業者も紹介していますのでぜひ参考にしてください。(買取業界では基本的に古銭買取業者=記念硬貨買取業者です)

瀬戸大橋開通記念500円硬貨の買取相場と概要

瀬戸大橋開通記念硬貨硬貨500円白銅貨
発行年度:1988年(昭和63年)
発行枚数:2000万枚
量目・サイズ:13g・直径30mm
素材の品位:銅:750、ニッケル:250
目安買取相場:500~800円
絵柄について:表面には「岡山県側」から眺められる瀬戸大橋の全景が描かれており、裏面には瀬戸大橋で結ばれている本州と四国の地図がアップで描かれています。

瀬戸大橋開通記念セットの買取相場と概要

瀬戸大橋開通記念セット
発行年度:1988年(昭和63年)
発行部数:40万部
素材の品位:銅:750、ニッケル:250
目安買取相場:1000円~1500円
セット内容:瀬戸大橋開通記念硬貨×1、青函トンネル開通記念硬貨×1、年銘板×1・・・計3枚セット
補足説明:瀬戸大橋開通記念硬貨1枚に、同年発行の青函トンネル開通記念硬貨1枚と、「1988」の年銘板が1枚入っています。

瀬戸大橋開通記念硬貨の買取価格リスト

  • 記念硬貨の種類
    未使用
    美品
    並品
  • 500円白銅貨
    未使用
    600円~800円
    美品
    500円~600円
    並品
    額面
  • 記念セット
    未使用
    1200円~1500円
    美品
    1000円~1200円
    並品
    額面

瀬戸大橋開通記念硬貨の買取相場と詳細

瀬戸大橋開通記念硬貨

瀬戸大橋開通記念硬貨とは、1988年に瀬戸大橋が開通したことを祝して発行された記念硬貨で、額面は500円です。

単体の状態で広く流通した他、同年に発行された「青函トンネル開通記念硬貨」とのセットも販売されていて、それぞれで価値が異なります。

では、種類ごとに詳細を紹介していきます。

瀬戸大橋開通記念500円白銅貨について

瀬戸大橋開通記念500円白銅貨

瀬戸大橋開通記念硬貨は、表面には「岡山県方面から見た瀬戸大橋の全景」が描かれていて、裏面には瀬戸大橋が結ばれている「本州と四国の地図」が描かれています。 発行枚数は2000万枚で、通常貨幣と共に広く流通していきました。

瀬戸大橋開通記念硬貨は大きさが30mm、量目は13gで、通常の500円硬貨よりも大きくて重いです。素材は銅75%・ニッケル25%が使われていて、銅の色合いから”白銅貨”に分類されます。そのため、瀬戸大橋開通記念硬貨は「瀬戸大橋開通記念500円白銅貨」とも呼ばれています。

記念硬貨買取業者での「瀬戸大橋開通500円白銅貨」の買取価格は、未使用の綺麗な状態であれば最大で800円前後までの買取価格も期待できます。ですが2000万枚と大量に発行され広く流通しましたので、並品だと額面以上の価値は持ちません。
他の記念硬貨と同様、状態が悪いと価値が下がってしまいますので、もし記念硬貨がケースに入れられている場合は開封しないようにしておきましょう。

ちなみに、貨幣として使うことが出来ないため記念硬貨ではありませんが、瀬戸大橋開通の際、純金製の「記念メダル}も発行されています。記念メダルの買取価格は、その時々の金相場に基づくものとなります。

金貨の買取価格は大体が純金の買取相場-数百円×重量が目安となりますが、地金の価値のほか、別途プレミアムがついている場合はこの限りではありません。今は金の相場が高いので、相場が下がらないうちの買取をおすすめします。

瀬戸大橋開通記念セットについて

瀬戸大橋開通記念セット

1988年は本州と北海道を結ぶ青函トンネルの開通年でもあるため、瀬戸大橋開通記念硬貨と青函トンネルの記念硬貨の2種を合せた記念硬貨のセットも販売されました。 2種類の記念硬貨が1枚ずつ封入されていて、ケースに配置された2つの記念硬貨の間には「1988」の年銘板が1枚入っています。

瀬戸大橋開通記念セットの買取相場は、未使用の綺麗な状態だと最大1500円前後までの買取価格も期待できます。一応は銀行で両替することも可能ですが、その場合は額面通りの1000円との交換になりますので、買取に出すほうが得をするケースもあります。

買取業者の利用は無料ですので、もし換金を検討しているのであれば、買取業者の写真査定を活用して価値を判断されることをおすすめします。

1988年開通の瀬戸大橋について

瀬戸大橋について

瀬戸大橋は、本州と四国を結ぶ10本の橋の総称です。本州は岡山県倉敷から、四国は香川県坂出市まで繋がっていて、構造は2階建てとなっており、上段に自動車道が、下段にはJRが通っています。

瀬戸大橋は「世界一長い鉄道道路併用橋」としてギネスにも認定されているうえ、工事には当時最先端の技術が惜しみなく導入されました。1978年の着工から9年6か月もの長い期間を経て完成し、1988年4月10日にめでたく開通日を迎えました。ですが、実は瀬戸大橋の計画自体は既に1889年には提唱されており、着工までの期間も長い年月が費やされた大規模な計画だったことが窺えます。

瀬戸大橋は複数の島を結びながら架かっており、下津井・北備讃・南備讃の3本の吊橋、その間に斜張橋が2本とトラス橋が1本、さらに4つの島の上にかかっている高架橋が4本と、合計10本の橋から構成されています。そのため高架部も含めると13.1kmにも及ぶ長い橋で、さらに海上の強風にも耐えられるように秒速60~70mにまで耐えられる耐風設計になっています。

瀬戸大橋の構想は、実は1889年(明治22年)には既に持ち上がっていました。当時の香川県議員であった大久保諶之丞が架橋を提唱していましたが、あまりの規模の大きさに非現実的だと捉えられ、すぐには実現されませんでした。まだ明治維新から20年余りしか経っていない時代でした。

ですが、その後1955年(昭和30年)に「紫雲丸事故」が起こり、死者は168名にも及び、しかもそのうちの大半は修学旅行中の小学生でした。事故の後は海上保安部による停船勧告基準が厳しくなり、事故が起こることはなくなりましたが、代わりに停船勧告が増え、輸送に支障が出てくるようになりました。本州・四国の輸送を円滑に行うため、そして海難事故を未然に防ぐため、以前と比べて瀬戸大橋の建設機運が大きく高まることになったのです。

記念硬貨買取におけるおすすめ買取業者を紹介

優秀な記念硬貨買取業者に依頼をするだけで、特に手間をかけずにお手軽かつ安心に記念硬貨の高価買取が実現可能です。ですので、先に記念硬貨買取におけるおすすめ買取業者をご紹介します。記念硬貨の買取は古銭買取業者が併せて行っているので、【おすすめ記念硬貨買取業者=おすすめ古銭買取業者】となっています。

  • 古銭買取福ちゃん

    福ちゃんの古銭買取データ早見表
    買取価格(古銭) 8.0 ポイント8
    買取価格(記念硬貨) 7.5 ポイント7_5
    顧客対応(サービス) 8.0 ポイント8
    対応のスピード 7.0 ポイント7
  • バイセル(旧スピード買取.JP)

    バイセルの古銭買取データ早見表
    買取価格(古銭) 7.0 ポイント7
    買取価格(記念硬貨) 7.0 ポイント7
    顧客対応(サービス) 6.0 ポイント6
    対応のスピード 8.0 ポイント8

瀬戸大橋開通記念硬貨の買取価格を簡単に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明するのはあくまでも瀬戸大橋開通記念硬貨の目安の価値や買い取り相場ですので、瀬戸大橋開通記念硬貨の買取価格を正確に知る方法も最後にご紹介しておきます。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に瀬戸大橋開通記念硬貨を査定してもらえます。

瀬戸大橋開通記念硬貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに買取価格は明らかになります。

瀬戸大橋開通記念硬貨は状態による買取相場の判断が難しいので、正確に知りたいと言う方であればメール査定が価値を知る為にこの上ない程の最善の手段なのです!メール査定であれば買取も簡単に断れますのでご安心ください♪

瀬戸大橋開通記念硬貨をメール査定してもらう方法やお勧めの古銭買取業者は次のページも参考にしてください

今月のおすすめ業者!

ページ上部へスクロール