古銭買い取り業者徹底比較!

瀬戸大橋開通記念硬貨の買取相場と概要とは?

記念硬貨買い取りにおけるおすすめの買取業者を紹介します。

瀬戸大橋開通記念硬貨の各種額面の買取相場と概要一覧

このページでは瀬戸大橋開通記念硬貨の買取相場と概要情報を額面ごとに先に一覧でご紹介し、そのあとで下記内容をご紹介しています。

  • 瀬戸大橋開通記念硬貨の買取相場と詳細情報
  • 瀬戸大橋開通記念硬貨の正確な買取価格・価値を簡単に知る方法

他の記念硬貨の買取相場も一覧で紹介していたりやおすすめの古銭(記念硬貨)買取業者も紹介していますのでぜひ参考にしてください。(買取業界では基本的に古銭買取業者=記念硬貨買取業者です)

瀬戸大橋開通記念500円硬貨の買取相場と概要

瀬戸大橋開通記念硬貨硬貨500円白銅貨
発行年度:1988年(昭和63年)
発行枚数:2000万枚
量目・サイズ:13g・直径30mm
素材の品位:銅:750、ニッケル:250
目安買取相場:額面~1000円
絵柄について:表面には「岡山県側」から眺められる瀬戸大橋の全景が描かれており、裏面には瀬戸大橋で結ばれている本州と四国の地図がアップで描かれています。

瀬戸大橋開通記念硬貨の買取相場と詳細

瀬戸大橋開通記念硬貨

瀬戸大橋開通記念硬貨とは、1988年に瀬戸大橋が開通したことを祝して発行された記念硬貨で、額面は500円玉となります。
瀬戸大橋開通記念硬貨は大きさが30mm、量目は13gで品位は銅が750に対してニッケルが250、素材は白銅貨です。

1988年は本州と北海道を結ぶ青函トンネルの開通年でもあるため、瀬戸大橋開通記念硬貨と青函トンネルの記念硬貨の2種を合せた記念硬貨のセットも販売されました。 瀬戸大橋開通記念硬貨の発行枚数も青函トンネル開通記念硬貨と同様の20,000,000枚が発行され、これまでの記念硬貨の発行枚数と比較すればそれほど多くはありません。

瀬戸大橋は本州と四国を結ぶ大きな橋で、岡山県倉敷市から香川県坂出市を結ぶ日本の重要な交通経路です。 記念硬貨の図柄も本州と四国の地図が描かれており、もう片面には岡山県方面から見た瀬戸大橋の全景が描かれています。

「瀬戸大橋開通500円白銅貨」の価値は未使用で美品の状態で、おおよそ1500円から2000円前後であり、買取価格の相場は1000円前後となります。 他の記念硬貨と同様に状態が悪いと価値が下がってしまいますので、もしケースに入れられている場合は開封しないようにしておきましょう。

瀬戸大橋は1978年の着工から9年6か月もの長い期間を経て完成した橋で、1988年4月10日より供用が開始されました。 構造は2階建てとなっており、上段に自動車道が、下段にはJRが通り日本の交通の重要な役割を担っています。 瀬戸大橋の計画自体は1889年に提唱されており、着工までの期間も非常に長い年月が費やされた大規模なものだったことが窺えます。

瀬戸大橋開通の記念硬貨の他に純金製の記念メダルも発行されており、こちらの買取価格はその時々の金相場に基づくものとなります。 金貨の買取価格は大体が純金の買取相場-数百円×重量が目安となりますが、地金の価値のほか、別途プレミアムがついている場合はこの限りではありません。

記念硬貨の価値を簡単かつ正確に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明しているのはあくまでも「記念硬貨の目安の価値と買い取り相場」ですので、先に記念硬貨の買取価格を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
※記念硬貨の買取は古銭買取の延長上で行われている為、古銭買取業者に依頼することで専門家に記念硬貨を査定してもらえます。

記念硬貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、簡単に価値が明らかになります。

そして、記念硬貨は状態によって価値が変動しますので、メール査定は状態も考慮した記念硬貨の正確な価値を知る為にこの上ない程の最善の方法です!特に、価値の高い記念硬貨をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください。

記念硬貨をメール査定してもらうの方法やおすすめの古銭買取業者はこちらを参考にしてください

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者のスピード買取はこちら
ページ上部へスクロール