古銭買い取り業者徹底比較!

10銭札の価値と買取価格相場の一覧リストと、おすすめ古銭買取業者

10銭紙幣の価値と概要、おすすめ買い取り業者を紹介します!

10銭札の買取価格とおすすめ買取業者について

古銭の価値に悩む女性

10銭札は、明治時代に作られた10銭紙幣が1種、大正時代に作られた10銭紙幣が1種、昭和に入って発行された10銭紙幣が2種類と、これまで合計で4種類が発行されてきました。

このページでは、歴代全ての4種類の10銭札の種類と買取価格・価値を、画像付き一覧で紹介していきます

ですが、10銭札の買取価格は状態やエラーなど特定条件が揃う事で買取価格が大きく上がる事もあれば、逆に下がる事もある為、このページで紹介できる10銭札の買取価格はあくまでも目安となります。

また、エラーなどの10銭札の買取価格が上がる条件を全てご紹介することも困難ですので、先に「正確に10銭札の買取価格を調べる方法」と「おすすめの古銭買取業者」をご紹介します。

10銭札の買取におけるおすすめ買取業者を紹介

10銭札の買取は優秀な古銭買取業者に依頼をする事で、特に手間をかけずに安心に10銭札の高価買取が実現できます。また、ネットによるWEB査定も対応してもらうことが可能な古銭買取業者なので、気になる10銭札をとりあえず査定してほしい場合にもおすすめです。

10銭札の買取価格を簡単に知る方法

メール査定がおすすめ

前述のとおりこのページではあくまでも10銭札の目安の買取価格ですので、先に10銭札の買取価格を正確かつ簡単に調べる方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に10銭札の買取価格を査定してもらえます。

10銭札は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに買取価格は明らかになりますよ。

特に、価値の高い可能性がある「エラー紙幣かな?」と思う10銭札や、ここに掲載されていない10餞札をお持ちであれば、複数の古銭買取業者にメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。メール査定であれば買取も簡単に断れるというのも地味におすすめなポイントです

10銭札をメール査定してもらう方法やお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

10銭札の買取価格と価値一覧

今まで発行された全ての10銭札の種類、価値と買取価格について、画像付き一覧で説明していきます。
このページで説明する10銭紙幣の一覧は次の通りです。昔の古い10銭札の種類や価値・買取価格を調べたい場合などに参考にしてください。

10銭札の一覧

上記の10銭札の名称をクリックするとそこまでジャンプします。

10銭札の価値と買い取り価格を紹介

明治通宝10銭札の価値と買い取り価格

明治通宝10銭札
発行年度~廃止年度:1872年(明治5年)~1887年(明治20年)
券種明治通宝
紙幣サイズ:縦87mm×横53mm

「明治通宝」は明治政府が貨幣制度を整えるために作った紙幣で、100円から10銭まで計9種類が発行されました。明治通宝10銭は最も額面が低く発行数は多かったと推測されますが、古銭としての価値は高く、未使用の綺麗な状態だと最大12000円前後の買取相場まで期待でき、通常使用された並品でも、大体500円~1500円前後の買取相場になります。

明治通宝10銭札の買取価格一覧リスト

  • 紙幣の名称
    未使用
    美品
    並品
  • 明治通宝10銭札
    未使用
    8000円~12000円
    美品
    1500円~4000円
    並品
    500円~1500円

大正小額紙幣10銭札の価値と買い取り価格

大正小額紙幣10銭札
発行年度~廃止年度:1917年(大正6年)~1948年(昭和23年)
券種:大正政府紙幣
紙幣サイズ:縦54mm×横86mm

大正小額紙幣10銭札は表面に発行年が書かれていて、発行された年によって価値が異なります。大正6年発行の買取価格相場が最も高く、未使用ピン札だと最大で5000円前後の買取価格まで期待できます。その他の発行年だと最大で600円~1200円ほどの買取価格が期待できますが、使用感が強ければ数十円~150円前後の買取価格になることもあります。

大正小額紙幣10銭札の買取価格一覧リスト

  • 紙幣の名称
    未使用
    美品
    並品
  • 大正6年
    未使用
    3000円~5000円
    美品
    300円~800円
    並品
    80円~300円
  • 大正7年
    未使用
    600円~1200円
    美品
    100円~600円
    並品
    30円~100円
  • 大正8年
    未使用
    600円~1200円
    美品
    150円~600円
    並品
    50円~150円
  • 大正9年
    未使用
    500円~1000円
    美品
    100円~500円
    並品
    30円~100円
  • 大正10年
    未使用
    500円~1000円
    美品
    100円~500円
    並品
    30円~100円

八紘一宇塔10銭札の価値と買い取り価格

八紘一宇塔10銭札
発行年度~廃止年度:1944年(昭和19年)~1953年(昭和28年)
券種:日本銀行券
紙幣サイズ:縦51mm×横106mm

こちらの10銭紙幣は図柄に八紘一宇塔が描かれていることから「八紘一宇塔10銭札」あるいは「塔の10銭札」とも呼ばれます。太平洋戦争の際に金属が不足し、硬貨の材料節約のために発行された10銭札です。発行数が多いため価値は高騰していませんが、古銭買取での買取価格相場は未使用ピン札だと最大300円前後の買取価格まで期待できます。

八紘一宇塔10銭札の買取価格一覧リスト

  • 紙幣の名称
    未使用
    美品
    並品
  • 八紘一宇塔10銭札
    未使用
    100円~300円
    美品
    30円~100円
    並品
    10円~30円

鳩10銭札の価値と買い取り価格

鳩10銭札
発行年度~廃止年度:1947年(昭和22年)~1953年(昭和28年)
券種:日本銀行券(A号券)
紙幣サイズ:縦52mm×横100mm

日本銀行券A号券の10銭紙幣は、ハトが描かれているので「鳩10銭札」と呼ばれる古紙幣です。発行枚数が多いので価値は高騰しないものの、買取価格相場は未使用ピン札で最大200円前後の買取価格まで期待できます。古紙幣や古銭には価値の高いものも多いので、他にも古銭をお持ちであれば一緒に査定に出されてみることをおすすめします。

鳩10銭札の買取価格一覧リスト

  • 紙幣の名称
    未使用
    美品
    並品
  • 鳩10銭札
    未使用
    60円~200円
    美品
    30円~60円
    並品
    10円~30円

10銭札の価値や買取価格・値段について

10銭札の価値と歴史

今まで日本で発行された10銭札は、上記の4種類が挙げられます。それぞれの10銭札で価値・買取価格、もちろん値段も大きく違ってきますので、古銭買取の際には、10銭札の図柄も伝えておくとスムーズです。(写真を問い合わせフォームから送信しておけば、説明の手間も省けるのでおすすめです。)

これまで発行された10銭札は「戦争によって金属が不足したため、10銭硬貨を紙幣に代えて発行した」というケースが多いです。戦時中~戦後は激しいインフレが起こっていたため、10銭札も相当数が発行されたと推測され、希少価値はそれほど高騰していません。

ですが、未使用ピン札の紙幣だと、額面の価値よりも古銭的な価値のほうが高い場合がありますので、古銭買取を検討されるのがおすすめです。

塔の10銭札とは?価値と買取価格について

表面に塔の絵柄が描かれた10銭札は、1944年(昭和19年)に発行された「日本銀行券い号券」に該当します。 この塔の10銭札のデザインには「八紘一宇塔」が使われていて、裏面には彩紋が描かれています。

塔10銭札が発行された時代は、ちょうど太平洋戦争の頃にあたります。当時は既に10銭硬貨の発行があったのですが、金属は軍事物資として使われたため、硬貨に使う金属を節約するため「10銭紙幣」が発行されました。

相当数の発行数があったと推測され、価値は高騰しないものの、古銭買取での買取価格相場は、未使用ピン札で最大200円前後の買取価格まで期待できます。

塔の10銭札とは?価値と買取価格について

表面に鳩の図柄がデザインされている10銭紙幣は、1947年(昭和22年)に発行された「日本銀行券A号券」です。 表面のデザインに鳩が使われているため「ハト10銭札」と呼ばれる古紙幣で、裏面には国会議事堂がデザインされています。

鳩10銭札は、かなりサイズが小さい紙幣で縦52mm×横100mmしかありません。今の1万円札のサイズが縦76mm×横160mmですので、現代の紙幣と比較した場合、まるでおもちゃの銀行券のようなサイズ感の古紙幣です。 鳩の10銭札が発行された時代は戦後のインフレの渦中で、こちらの10銭紙幣も、相当数の発行があったと推測します。

ですが、鳩10銭札の古銭買取での買取価格相場は、未使用ピン札だと最大で最大100円前後の買取価格が期待でき、額面を上回る買取価値になることも珍しくありません。

10銭札の価値を知るには、古銭買取業者がおすすめ

10銭札の価値と歴史

古い紙幣は種類が分かりにくく、お札の額面表記なども今の時代とはかなり異なるため、正確な種類と価値を調べるのは困難を極めます。

さらに、昔の紙幣の中には「発行年で価値が変わる」「印刷局の番号で価値が変わる」タイプの古紙幣も数多くあります。 今回の10銭札で挙げると、一番最初にご紹介した「大正小額紙幣10銭札」は、発行された年によって買取価値が変わってくるタイプの紙幣でした。

そのうえ10銭札は、お札として発行された紙幣の他にも、「軍票(軍用手票)」と呼ばれる古紙幣などもあり、古銭に詳しい方でないと種類の特定はなかなか難しいです。 このサイトでは、他にも色々な古銭・古紙幣・硬貨の価値を紹介していますので、PCの方は右のサイドメニューから、スマホの方は右上のメニューボタンからご覧いただければ幸いです。

そして、10銭札の古銭的な買取価値を明らかにしたい場合は、「古銭買取業者へ質問してみる」のが最も手っ取り早い方法です。 問い合わせフォームに紙幣の写真を添付して、いくらで売れそうか質問すると、ある程度の買取価格目安を返信してもらうことが出来るので、簡単に古銭の価値を調べることが出来ます。

古い紙幣の中には、一枚で何百万円もの買取価格になるようなプレミア品も沢山ありますので、古いお金や紙幣などをまとめてお持ちであれば、価値が高いうちに買取に出されることをおすすめ致します。

10銭札をメール査定してもらう方法やお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください。

今月のおすすめ業者!

ページ上部へスクロール