古銭買い取り業者徹底比較!

東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨の買取相場と概要とは?

東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。
東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨の各種額面の買取相場と概要一覧

このページでは東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨の買取相場と概要情報を額面ごとに先に一覧でご紹介し、そのあとで下記内容をご紹介しています。

  • 東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨の買取相場と詳細情報
  • 東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨の正確な買取価格・価値を簡単に知る方法

他の記念硬貨の買取相場も一覧で紹介していたりやおすすめの古銭(記念硬貨)買取業者も紹介していますのでぜひ参考にしてください。(買取業界では基本的に古銭買取業者=記念硬貨買取業者です)

東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨(第一次発行分)100円記念硬貨の概要

東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨(第一次発行分)100円記念硬貨
発行年度:2018年(平成30年)
発行枚数:394.8万枚
量目・サイズ:4.8g・直径22.6mm
素材の品位:銅:875、ニッケル:125
販売定価:100円(金融機関での引換方式)
絵柄について:表面には、2020年東京パラリンピック種目の「ボッチャ」がデザインされており、裏面には2020年東京パラリンピックの大会エンブレムが描かれています。

東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨(第一次発行分)1000円記念銀貨の概要

東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨(第一次発行分)1000円記念銀貨
発行年度:2018年(平成30年)
発行枚数:10万枚
量目・サイズ:31.1g・直径40mm
素材の品位:純銀(銀:1000)
販売定価:9500円
絵柄について:表面には、2020年東京パラリンピック種目の柔道の組み合った様子が描かれ、裏面には2020年東京パラリンピックの大会エンブレム、左側にはソメイヨシノとイチョウの葉がデザインされています。

東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨(第二次)ゴールボール100円記念硬貨の概要

東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨(第二次)ゴールボール100円記念硬貨の概要
発行年度:2019年(平成31年)
発行枚数:394.8万枚
量目・サイズ:4.8g・直径22.6mm
素材の品位:銅:875、ニッケル:125
販売定価:100円(金融機関での引換方式)
絵柄について:東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨の第二次100円には、パラリンピック競技の「ゴールボール」がデザインされ、裏面はパラリンピック100円記念硬貨の共通図柄です。

東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨(第二次)水泳1000円記念銀貨の概要

東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨(第二次)水泳1000円銀貨幣
発行年度:2019年(平成31年)
発行枚数:10万枚
量目・サイズ:31.1g・直径40mm
素材の品位:純銀(銀:1000)
販売定価:9500円
絵柄について:東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨の第二次発行の1000円記念銀貨には、表面には水泳の様子が描かれています。裏面は1000円記念硬貨共通図柄です。

東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨の買取相場と詳細

東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨(第一次発行分)

東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨は、現在は第一次、そして第二次記念硬貨の概要までが発表されています。
種類は1000円銀貨幣、そして100円クラッド貨幣の2種類があり、1000円銀貨幣の方は通信販売のみ、100円クラッド貨幣は金融機関での引換が予定されています。

ここでは、東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨(第一次、第二次発行分)について、1000円銀貨幣、100円クラッド貨幣の順でご紹介していきます。

東京2020パラリンピック競技大会記念1000円記念銀貨の情報・買取価値

東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨の1000円銀貨幣は、平成30年2月23日に概要が発表されました。 そのうち1000円の記念硬貨は、純銀製、さらに裏面にはパラリンピック大会のエンブレムがカラー印刷された豪華な仕様が取られています。 額面となる1000円以上の製造費用が掛かっていることから、額面以上の定価を付けて販売する「プレミアム型記念硬貨」の形で発売される運びとなりました。

東京パラリンピック競技大会の1000円記念硬貨には、表面にはパラリンピック競技である「柔道」の組み合った様子が描かれています。 パラリンピックの柔道は、視覚障がい者の競技として行われており、「最初から組み合った状態で始まる」「両者の身体が離れた場合、試合開始の位置でもう一度組みなおす」ことが大きな特徴となっています。

東京2020パラリンピック競技大会1000円記念硬貨には、斜めギザなどに加え、”潜像”という技術が使われています。 潜像とは、角度によって文字が見えたり見えなかったりする加工の方法で、日本の通常500円硬貨にも採用されています。

東京2020パラリンピック競技大会1000円記念硬貨は、定価が9500円と高額なこと、さらに発行数が10万枚と限りがあることから、発行後しばらくは販売価格(9500円)を基準とした買取価値も期待できます。

東京2020パラリンピック競技大会記念100円記念硬貨の情報・買取価値

東京2020パラリンピック競技大会記念100円クラッド貨幣は、1000円記念硬貨と異なり、「金融機関での引換(両替)」で入手することが出来ます。 発行枚数が先日394.8万枚と発表されましたが、記念的な国家行事ですので、早々に品切れとなってしまう可能性があります。

東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨(第一次分)100円クラッド貨幣の図柄は、表面に「ボッチャ」、裏面にはパラリンピック大会のエンブレムが採用されています。 ボッチャは2020年パラリンピックでも行われる種目で、白いボールに他の色のボールを当て、白ボールに近い人の勝利になります。

東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨の100円クラッド貨幣の価値は、だいたい額面通り~200円前後に収まるかと予想されます。 何故なら発行枚数が394.8万枚と非常に多いこと、そして、日本で今まで発行されてきた記念硬貨の中で、「金融機関での引換」となった記念硬貨で、現在プレミア価値がついている品はほとんどないからです。
ですが、オリンピック・パラリンピックともに国家的行事ですので、こちらの100円記念硬貨も早々に売り切れる可能性も高く、また外国からの需要も見込めるため、この限りではありません。

東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨(第二次)の情報・買取価値

東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨の概要は、2018年12月7日に発表されました。 第二次の東京2020パラリンピック競技大会記念硬貨の種類は、「1000円記念銀貨」「100円クラッド記念硬貨」の2種類で、1000円記念銀貨には水泳の図柄が、100円記念硬貨にはゴールボールの図柄が採用されています。

100円記念硬貨の方は、2019年7月頃に引換が行われる予定で、発行枚数は394.8万枚だと報道されています。 発行枚数が多く、入手の敷居も比較的低いため将来的な買取価値は付かない可能性が高いですが、東京でのパラリンピック開催と世界的な注目を浴びているため、早々に品切れになってしまう可能性もあります。

第二次の1000円記念銀貨は、発行枚数は10万枚と少なくなっているため、購入は抽選形式になることが予想されます。 定価が9500円と高額であること、そして発行枚数がそれほど多くないことから、発行後しばらくは定価を基準とした買取価値も期待できます。

記念硬貨の価値を簡単かつ正確に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明しているのはあくまでも「記念硬貨の目安の価値と買い取り相場」ですので、先に記念硬貨の買取価格を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
※記念硬貨の買取は古銭買取の延長上で行われている為、古銭買取業者に依頼することで専門家に記念硬貨を査定してもらえます。

記念硬貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、簡単に価値が明らかになります。

そして、記念硬貨は状態によって価値が変動しますので、メール査定は状態も考慮した記念硬貨の正確な価値を知る為にこの上ない程の最善の方法です!特に、価値の高い記念硬貨をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください。

記念硬貨をメール査定してもらうの方法やおすすめの古銭買取業者はこちらを参考にしてください

今月のおすすめ業者!

ページ上部へスクロール