古銭買い取り業者徹底比較!

南極地域観測50周年記念硬貨の買取相場と概要とは?

記念硬貨買い取りにおけるおすすめの買取業者を紹介します。

南極地域観測50周年記念硬貨の各種額面の買取相場と概要一覧

このページでは南極地域観測50周年記念硬貨の買取相場と概要情報を額面ごとに先に一覧でご紹介し、そのあとで下記内容をご紹介しています。

  • 南極地域観測50周年記念硬貨の買取相場と詳細情報
  • 南極地域観測50周年記念硬貨の正確な買取価格・価値を簡単に知る方法

他の記念硬貨の買取相場も一覧で紹介していたりやおすすめの古銭(記念硬貨)買取業者も紹介していますのでぜひ参考にしてください。(買取業界では基本的に古銭買取業者=記念硬貨買取業者です)

南極地域観測50周年記念500円黄銅貨の買取相場と概要

南極地域観測50周年記念硬貨500円黄銅貨
発行年度:2007年(平成19年)
発行枚数:660万枚
量目・サイズ:7g・直径26.5mm
素材の品位:銅:720、亜鉛:200、ニッケル:80
目安買取相場:額面~800円位
絵柄について:表面には初代南極観測船「宗谷」と初期の南極地域観測隊に同行した樺太犬兄弟である「タロ」と「ジロ」が描かれ、裏面には南極大陸とオーロラをイメージした図柄が描かれています。

南極地域観測50周年記念硬貨の買取相場と詳細

南極地域観測50周年記念硬貨

南極地域観測50周年記念硬貨とは、日本が南極に昭和基地を開設してから50周年を迎えた記念に発行された記念硬貨です。
品位は銅が720、亜鉛が200、ニッケル80の合金で、素材はニッケル黄銅のため「南極地域観測50周年記念500円黄銅貨」と呼ばれることもあります。 直径は26.5mm、量目は7gで、図柄は初代南極観測船である宗谷と南極地域観測隊に同行した樺太犬のタロとジロが描かれ、裏面には南極大陸とオーロラを表したデザインが描かれています。

タロとジロは南極に取り残されましたが過酷な環境で1年も生存し、翌年に再び越冬隊が南極を訪れた際に再会したエピソードが非常に有名で、その悲劇と苦悩、再会の感動の様子は「南極物語」として映画にもなりました。 記念硬貨裏面の南極大陸の地図には×印が描かれていますが、こちらは南極観測基地にあたる場所に付けられているそうです。

南極地域観測50周年記念硬貨は660万枚が発行されましたが、そのうち18万枚はミントセットとして販売されました。 発行日は2007年1月23日で、金融機関窓口で両替方式にて配られました。

「南極地域観測50周年記念500円黄銅貨」の価値は完全未使用でおよそ1500円前後、買取価格となると大体800円前後が相場価格となります。
発行数が多いためなかなかプレミアが付き辛い記念硬貨で、並品となると価値・買取価格ともに額面と同程度に収まってしまいます。 銀行での両替もおすすめの方法ですが、南極地域観測50周年記念硬貨を少しでも高く売りたい場合は、買取実績のある記念硬貨買取店に問い合わせてみるのも良いでしょう。

記念硬貨の価値を簡単かつ正確に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明しているのはあくまでも「記念硬貨の目安の価値と買い取り相場」ですので、先に記念硬貨の買取価格を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
※記念硬貨の買取は古銭買取の延長上で行われている為、古銭買取業者に依頼することで専門家に記念硬貨を査定してもらえます。

記念硬貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、簡単に価値が明らかになります。

そして、記念硬貨は状態によって価値が変動しますので、メール査定は状態も考慮した記念硬貨の正確な価値を知る為にこの上ない程の最善の方法です!特に、価値の高い記念硬貨をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください。

記念硬貨をメール査定してもらうの方法やおすすめの古銭買取業者はこちらを参考にしてください

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者のスピード買取はこちら
ページ上部へスクロール