古銭買い取り業者徹底比較!

2円札の買取価値の一覧と、おすすめ古銭買取業者

2円紙幣の価値と概要、おすすめ買い取り業者を紹介します!
2円紙幣の価値と概要、おすすめ買い取り業者を紹介します!

2円札の買取価格とおすすめ買取業者について

古銭の価値に悩む女性

2円札は明治時代初期に発行された2種類があり、どちらも希少価値が高いプレミア古紙幣です。
このページでは、2種類全ての2円札の買取価格や概要を、画像付き一覧で紹介していきます

また、2円札は明治初期に発行された古い時代の旧紙幣であることから、買取価格に影響する「状態の判断」が難しくなりますので、先に「おすすめの古銭買取業者」と「正確に2円札の買取価格を調べる方法」をご紹介します。

また、他の「額面」や「券種」の旧紙幣(古紙幣)の買取情報はこちらも次のページも参考にしてください。

二円札の買取におけるおすすめ買取業者を紹介

2円札の買取は優秀な古銭買取業者に依頼をする事で、特に手間をかけずに安心に2円札の高価買取が実現できます。また、ネットによるWEB査定も対応してもらうことが可能な古銭買取業者なので、気になる2円札をとりあえず査定してほしい場合にもおすすめです。

  • 古銭買取福ちゃん

    福ちゃんの古銭買取データ早見表
    買取価格(古銭) 8.0 ポイント8
    買取価格(記念硬貨) 7.5 ポイント7_5
    顧客対応(サービス) 8.0 ポイント8
    対応のスピード 7.0 ポイント7
  • バイセル(旧スピード買取.JP)

    バイセルの古銭買取データ早見表
    買取価格(古銭) 7.0 ポイント7
    買取価格(記念硬貨) 7.0 ポイント7
    顧客対応(サービス) 6.0 ポイント6
    対応のスピード 8.0 ポイント8

2円札の買取価格を簡単に知る方法

メール査定がおすすめ

前述のとおりこのページではあくまでも2円札の目安の買取価格ですので、先に2円札の買取価格を正確かつ簡単に調べる方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に2円札の買取価格を査定してもらえます。

2円札は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに買取価格は明らかになりますよ。

特に2円札は買取価格も数十万円~百万円単位で期待できる可能性が高いので、出来れば複数の古銭買取業者にメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。メール査定であれば買取も簡単に断れるというのも地味におすすめなポイントです

2円札をメール査定してもらう方法やお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

2円札(二円紙幣)の買取価格一覧リスト

今まで発行された2円札の買取価格と概要を、画像付き一覧リストで解説していきます。
このページで説明する二円紙幣の一覧は次の通りです。昔の古い2円札の種類や買取価値はいくらか調べたい場合などに参考にしてください。

2円札の種類・買取価格一覧

上記の2円札の名称をクリックするとそこまでジャンプします。

2円札の価値はいくら?買い取り価格を紹介

明治通宝2円札の価値と買い取り価格

明治通宝2円札
発行年度~廃止年度:1872年(明治5年)~1899年(明治32年)
券種:明治通宝
紙幣サイズ:縦112mm×横72mm

明治政府が貨幣制度を整えるため発行した紙幣が「明治通宝」で、100円から10銭までの9種類が作られました。明治通宝は額面と状態によって買取相場が大きく変わりますが、その中でも2円紙幣はかなり価値が高く、綺麗な未使用状態だと最大60万円前後の買取価格まで期待できる程です。使用感の強い並品でも2万円前後の買取相場を維持しています。

明治通宝2円札の買取価格一覧リスト

  • 紙幣の名称(種類)
    未使用
    美品
    並品
  • 明治通宝2円札
    未使用
    40万円~60万円
    美品
    8万円~15万円
    並品
    2万円~6万円

旧国立銀行券2円札の価値と買い取り価格

旧国立銀行券2円札
発行年度~廃止年度:1873年(明治6年)~1899年(明治32年)
券種:旧国立銀行券
紙幣サイズ:縦80mm×横190mm

旧国立銀行券は20円から1円までの5種類が発行され、2円紙幣には”新田義貞と児島高徳”の図柄が描かれています。昔に発行された紙幣で残っている数も少なく、未使用状態だと最大250万円前後の買取価格まで期待できます。ここまで昔の紙幣になると状態の判断も難しいため、正確な買取価値は古銭買取業者に相談されることをおすすめします。

旧国立銀行券2円札の買取価格一覧リスト

  • 紙幣の名称(種類)
    未使用
    美品
    並品
  • 旧国立銀行券2円札
    未使用
    120万円~250万円
    美品
    30万円~60万円
    並品
    15万円~30万円

2円札の価値・買取価格について

2円札の価値と買取価格

2円札には、明治5年に発行された「明治通宝2円札」、明治6年に発行された「旧国立銀行券2円札」の2種類があります。どちらも希少価値が高い古紙幣で、古銭買取においても高い買取価格が期待できます。

年号が明治に変わると政府が統治を始めましたが、これまでの日本はそれぞれの藩が土地ごとに統治を行っており、貨幣の種類も乱立した状態でした。そこで貨幣制度を統一するために「明治通宝」が政府によって発行されました。

反対に「旧国立銀行券」は、政府の法律に則って作られた「民間の銀行」が発行した紙幣です。近代国家を目指すために伊藤博文が銀行制度を導入し、紙幣の発行権を得た銀行が作っていました。 そのため、ほぼ同じ時代に2種類の2円紙幣が誕生しているのです。

古い紙幣の価値は状態によっても大きく変動し、例え同じ種類の2円札でも、未使用の綺麗な紙幣と使用感ある紙幣とでは10倍ほど買取価格が違ってくることも多いです。けれども、状態なども加味した価値を判断するのは、古銭によほど詳しい方でないと難しいです。

そのため、2円札の古銭的な買取価値を明らかにしたい場合は、「古銭買取業者へ質問してみる」のが最も手っ取り早い方法です。 問い合わせフォームに紙幣の写真を添付して、いくらで売れそうか質問すると、ある程度の買取価格目安を返信してもらうことが出来るので、簡単に古銭の価値を調べることが出来ます。

古い紙幣の中には、一枚で何百万円もの買取価格になるようなプレミア品も沢山ありますので、古いお金や紙幣などをまとめてお持ちであれば、価値が高いうちに買取に出されることをおすすめ致します。

2円札をメール査定してもらう方法やお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください。

今月のおすすめ業者!

ページ上部へスクロール