古銭買い取り業者徹底比較!

50円札の買取価格・価値の一覧と、おすすめ古銭買取業者

50円札の価値と概要、おすすめ買い取り業者を紹介します!

50円札の買取価格・価値を調べる方法と、50円札の価値一覧

古銭の価値に悩む女性

50円札は、肖像画の人物に”高橋是清”が採用された、通称「高橋50円札」の1種類が発行されていました。そのため、実際に使われた50円札は1種類ですが、未発行の50円札も1種類あり、合計で2種類の50円紙幣が存在することになります。

このページでは、歴代全ての2種類の50円札の買取価格や概要を、画像付き一覧で紹介していきます

ですが、50円札の買取価格は状態や製造番号やエラーなど、特定条件が揃う事で買取価格が大きく上がる事もあれば、逆に下がる事もある為、このページで紹介できる50円札の買取価格はあくまでも目安となります。また、エラーなどの50円札の買取価格が上がる条件を全てご紹介することも困難ですので、先に「正確に50円札の買取価格を調べる方法」と「おすすめの買取業者」をご紹介します。

※50円札の買取価格の一覧は、こちらをクリックするとそこまでスクロールします。

50円札の買取におけるおすすめ買取業者を紹介

50円札の買取は優秀な古銭買取業者に依頼をする事で、特に手間をかけずに安心に50円札の高価買取が実現できます。また、ネットによるWEB査定も対応してもらうことが可能な古銭買取業者なので、気になる50円札をとりあえず査定してほしい場合にもおすすめです。

50円札買取価格を簡単に知る方法

メール査定がおすすめ

前述のとおりこのページではあくまでも50円札の目安の買取価格ですので、先に50円札の買取価格を正確かつ簡単に調べる方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に50円札の買取価格を査定してもらえます。

50円札は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに買取価格は明らかになりますよ。

特に、価値の高い可能性がある「エラー紙幣かな?」と思う50円札や、特殊なぞろ目・連番の50円札をお持ちであれば、複数の古銭買取業者にメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。メール査定であれば買取も簡単に断れるというのも地味におすすめなポイントです

50円札をメール査定してもらう方法やお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

50円札(50円札)の買取価格一覧

ここでは50円札の買取価格と、いつまで発行されたか、今でも使えるのかなどの基本的な情報について、画像付き一覧で説明していきます。
このページで説明する50円札の一覧は次の通りです。昔の古い50円札の種類や買取価値を調べたい場合などに参考にしてください。

高橋是清50円札の一覧

上記の50円札の名称をクリックするとそこまでジャンプします。

50円札の価値と買い取り価格を紹介

高橋是清50円札の価値と買い取り価格

高橋是清50円札
発行年度:1951年(昭和26年)~1958年(昭和33年)
券種:日本銀行券B号
買取価格:600円~2500円

こちらの50円札は、肖像画の人物に高橋是清が採用されていて、通称「高橋50円」とも呼ばれる古紙幣です。僅か7年間しか発行されなかった50円紙幣のため希少価値が高く、古銭買取での買取価格は、一般的に使われていた並品の50円札でも大体600円前後の買取価格が期待でき、綺麗なピン札だと最大で2500円前後の買取価格も期待できます。

甲号50円札(未発行紙幣)の価値と買い取り価格

岩倉具視新50円札
発行年度:1927年(昭和2年)~未発行
券種:日本銀行兌換券(甲号券)
買取価格:時価

甲号50円札は結局未発行のままになった紙幣で、某鑑定番組でも取り上げられたことでも知られ、その際はなんと1000万円の鑑定価格がつきました。この50円札は発見数が極めて少ないために古銭買取での買取相場は定まっておらず、買取価格は時価になりますが、もし古銭買取に出された場合、最低でも数百万円の買取価格は見込めるプレミア紙幣です。


50円札はいつまで発行?50円札は今でも使える?

50円札はいつまで発行

日本でこれまで発行されてきた50円札には、肖像画の人物に高橋是清が採用された「高橋50円札」、そして未発行のままに終了してしまった「甲号50円札」の2種類があります。

高橋50円札は、1951年(昭和26年)に発行された50円札ですが、その僅か4年後には50円”硬貨”が登場し、市場でのシェアが早いうちに入れ替わる結果になり、1958年(昭和33年)には発行が終了しています。高橋50円札は少しの間しか発行されなかった50円紙幣のため、希少価値も高く、今は古紙幣としての価値が高く評価されています。

高橋是清50円紙幣は、1951年(昭和26年)に発行され、1958年(昭和33年)に支払い停止日を迎えました。 ですが、こちらの高橋50円紙幣は、実は今でも使うことの出来る現行紙幣で、例えば銀行などでの両替や、支払いなどで普通のお金と同じように使用することが可能です。 支払い停止日とは、日本銀行から市銀へと該当する紙幣の支払いを停止した日のことを指しますので、”紙幣としての支払いが無効になる”というわけではないのです。 けれど、高橋50円札を普通に使ってしまうと額面通りの50円の価値にしかならず、損をしてしまう可能性が高いです!

高橋50円札の買取価格は、大体600円前後の買取価格から期待でき、綺麗な状態のピン札であれば最大で2500円前後の買取価格も見込めます。 もし高橋50円札をお持ちであれば、一度古銭買取業者に問い合わせだけでもされてみることをお勧めします!

そして、一般的に流通せず未発行となってしまった50円札として、実は「甲号50円札」があります。 甲号50円札は、昭和の金融恐慌の際に用意された紙幣で、騒動を鎮静化するために急遽作られた紙幣です。ですが、間もなく騒ぎが落ち着いたため未発行のままに収まりました。 ですが、一部が発見された事例があり、もしご自宅から出てこれば、少なくとも数百万円の買取価格は期待できる幻のプレミア紙幣です。

もし、お手元の古紙幣の買取価値を明らかにしたい場合、「古銭買取業者へ質問してみる」のが最も手っ取り早い方法です。 問い合わせフォームに紙幣の写真を添付して、いくらで売れそうか質問すると、ある程度の買取価格目安を返信してもらうことが出来るので、簡単に古銭の価値を調べることが出来ます。

古い紙幣の中には、一枚で何百万円もの買取価格になるようなプレミア品も沢山ありますので、古いお金や紙幣などをまとめてお持ちであれば、価値が高いうちに買取に出されることをおすすめ致します。

50円札をメール査定してもらう方法やお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください。

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者のスピード買取はこちら
ページ上部へスクロール