古銭買い取り業者徹底比較!

天皇陛下御在位30年記念硬貨の買取相場と概要とは?

天皇陛下御在位30年記念硬貨買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。
天皇陛下御在位30年記念硬貨買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

天皇陛下御在位30年記念硬貨の各種額面の買取相場と概要一覧

このページでは天皇陛下御在位30年記念硬貨の買取相場と概要情報を額面ごとに先に一覧でご紹介し、そのあとで下記内容をご紹介しています。

  • 天皇陛下御在位30年記念硬貨の買取相場と詳細情報
  • 天皇陛下御在位30年記念硬貨の正確な買取価格・価値を簡単に知る方法

その他の天皇陛下に関連する記念硬貨は、下記の記念硬貨一覧の中で紹介しています。


他の記念硬貨の買取相場も一覧で紹介していたりやおすすめの古銭(記念硬貨)買取業者も紹介していますのでぜひ参考にしてください。(買取業界では基本的に古銭買取業者=記念硬貨買取業者です)

天皇陛下御在位30年500円記念貨幣の買取相場と概要

天皇陛下御在位30年500円記念貨幣
発行年度:2019年(平成31年)
発行枚数:500万枚
量目・サイズ:7.1g・直径26.5mm
素材の品位:銅:750、亜鉛:125、ニッケル:125
販売時定価:500円(金融機関での引換方式)
絵柄について:表面には儀装馬車を中央に、桐と白樺で飾られ、裏面には菊花紋章が採用されています。

天皇陛下御在位30年1万円記念金貨の買取相場と概要

天皇陛下御在位30年1万円記念金貨
発行年度:2019年(平成31年)
発行枚数:5万枚
量目・サイズ:20g・直径28mm
素材の品位:純金
販売時定価:138,000円
絵柄について:表面には鳳凰を中心に桐と白樺で飾られており、裏面には菊花紋章が採用されています。

天皇陛下御在位30年記念硬貨の買取相場と詳細

天皇陛下御在位30年記念硬貨

天皇陛下の御在位30周年を記念するため、「天皇陛下御在位30年記念貨幣」が発行される予定になっています。
天皇陛下御在位30年記念硬貨の額面は2通り、「1万円金貨幣」と「500円バイカラー・クラッド貨幣」の2種類が発行されます。

ここでは、天皇陛下御在位30年記念硬貨の1万円金貨幣、500円バイカラー・クラッド貨幣の順に、概要や価値の予想などを記載していきます。

天皇陛下御在位30年記念硬貨の1万円金貨


天皇陛下御在位30年記念硬貨の1万円金貨幣は、額面は1万円ですが、純金が20gも使用された豪華な記念硬貨になります。 当然、記念硬貨の製造には額面である1万円以上の費用が掛かってしまうため、額面価格を上回る定価で販売される、いわば「プレミアム型記念硬貨」の形式が取られる予定になっています。

表面には鳳凰の姿を中心に桐と白樺で飾られた図柄が採用され、裏面には、天皇の御紋である菊花紋章がデザインされています。 天皇陛下に関連する記念硬貨には、これまで裏面は菊花紋章が必ず採用されてきました。今回もその歴史を継承し、天皇陛下御在位30年記念硬貨の裏面も菊花紋章が用いられています。

天皇陛下御在位30年記念硬貨の1万円金貨は、はがきやインターネットから申し込む通信販売の形式にて販売されます。 定価が13万円以上と額面を大きく上回る価値にて発行されること、そして5万枚という発行数の少なさから、恐らく購入にあたっては抽選形式が取られると思います。 これまで発行されてきたプレミアム型記念硬貨の当選倍率は、どれもかなり高いケースが多いのですが、今回も記念すべき節目の発行となりますので高い当選倍率が予想されます。

天皇陛下御在位30年記念硬貨の1万円金貨は、発行枚数は5万枚ですが、「1万円記念金貨単体のセットが2万個」「1万円記念金貨・500円記念硬貨の2点セットが3万個」に分けられて販売されます。 定価は、こちらの記念金貨単体であれば138,000円ですが、1万円記念金貨・500円記念硬貨の2点セットだと、定価は14万円になります。 記念硬貨の購入申し込みは2018年(平成30年)11月頃からスタート、発送時期は2019年(平成31年)の2月頃からが予定されています。

まだ発行されていない記念硬貨のため価値は未知数ですが、天皇陛下御在位30年記念硬貨の1万円金貨が発行されてしばらくの間は、定価をベースとした買取価値も期待できます。

天皇陛下御在位30年記念硬貨の500円記念硬貨(概要やデザイン等)


天皇陛下御在位30年記念硬貨の500円記念硬貨は、「バイカラー・クラッド」という製造技術が用いられています。 そのため、「500円バイカラー・クラッド貨幣」と呼ばれることもあります。

天皇陛下御在位30年記念硬貨の500円記念硬貨に用いられる「バイカラー・クラッド」は、違う種類の金属板をサンドイッチのように挟み込む「クラッド」技術、そして出来た円板を、また異なる素材の金属の輪っかの中にはめ込む「バイカラー」技術で作られることを指します。
つまり、「クラッド技術」「バイカラー技術」の2つの技術を合わせたものが「バイカラー・クラッド」と呼ばれています。

天皇陛下御在位30年記念硬貨の500円記念硬貨の図柄には、表面には儀装馬車、裏面には1万円記念金貨と同じく、天皇の御紋である菊花紋章がデザインされています。 1万円記念金貨のように通信販売が行われるのではなく、天皇陛下御在位30年記念硬貨の500円記念硬貨に至っては、金融機関での引換方式が予定されています。
そのため、発行数は500万枚と潤沢に用意される予定ではありますが、記念すべき節目に発行される記念硬貨、そして久々の金融機関での引換方式の記念硬貨であることから、すぐに品切れとなってしまう可能性も高いです。 さらに、500万枚発行のうち、正確な引換枚数は497万枚に留まります。どうしてかというと残りの3万枚は、1万円記念金貨・500円記念硬貨の2点セットにて発行されるためです。

天皇陛下御在位30年記念硬貨の500円の価値は、まだ発行されていないため不明です。 ですが、発行枚数が500万枚と多いこと、金融機関での引換方式と、入手へのハードルが低いことから、価値は額面通りの500円からが期待できそうです

記念硬貨の価値を簡単かつ正確に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明しているのはあくまでも「記念硬貨の目安の価値と買い取り相場」ですので、先に記念硬貨の買取価格を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
※記念硬貨の買取は古銭買取の延長上で行われている為、古銭買取業者に依頼することで専門家に記念硬貨を査定してもらえます。

記念硬貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、簡単に価値が明らかになります。

そして、記念硬貨は状態によって価値が変動しますので、メール査定は状態も考慮した記念硬貨の正確な価値を知る為にこの上ない程の最善の方法です!特に、価値の高い記念硬貨をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください。

記念硬貨をメール査定してもらうの方法やおすすめの古銭買取業者はこちらを参考にしてください

今月のおすすめ業者!

ページ上部へスクロール