古銭買い取り業者徹底比較!

議会開設100周年記念硬貨の買取相場と概要とは?

議会開設100周年記念硬貨買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。
議会開設100周年記念硬貨買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

議会開設100周年記念硬貨の各種額面の買取相場と概要一覧

このページでは議会開設100周年記念硬貨の買取相場と概要情報を額面ごとに先に一覧でご紹介し、そのあとで下記内容をご紹介しています。

  • 議会開設100周年記念硬貨の買取相場と概要の一覧
  • 議会開設100周年記念硬貨の詳細情報
  • 議会開設について
  • おすすめの記念硬貨買取業者について
  • 記念硬貨の正確な買取価格を知る方法

他の記念硬貨の買取相場も一覧で紹介していたりやおすすめの古銭(記念硬貨)買取業者も紹介していますのでぜひ参考にしてください。(買取業界では基本的に古銭買取業者=記念硬貨買取業者です)

議会開設100周年記念5000円銀貨の買取相場と概要

議会開設100周年記念硬貨硬貨5000円銀貨
発行年度:1990年(平成2年)
発行枚数:500万枚
量目・サイズ:15g・直径30mm
素材の品位:銀:925、銅:75(銀合金)
目安買取相場:5000円~8000円前後
絵柄について:表面には国会が開催される建物「国会議事堂」が描かれており、裏面には翼をもった獅子である「有翼の獅子」が向かい合って描かれています。

議会開設・裁判所制度100周年記念貨幣セットの買取相場と概要

議会開設・裁判所制度100周年記念貨幣セット
発行年度:1990年(平成2年)
発行枚数:10万枚
素材の品位:銀:925、銅:75(銀合金)
目安買取相場:10000円~16000円前後
セット内容:裁判所制度100周年記念5000円銀貨×1、議会開設100周年記念硬貨×1・・・計2枚セット
補足説明:議会開設100周年記念硬貨1枚と、同年に発行された裁判所制度100周年記念銀貨5000円1枚の2種が同梱された貨幣セットです。

議会開設100周年記念硬貨の買取価格リスト

  • 記念硬貨の種類
    未使用
    美品
    並品
  • 5000円銀貨
    未使用
    6000円~8000円
    美品
    5000円~6000円
    並品
    額面
  • 貨幣セット(2種込)
    未使用
    12000円~16000円
    美品
    10000円~12000円
    並品
    額面

議会開設100周年記念硬貨の買取相場と詳細

議会開設100周年記念硬貨

議会開設100周年記念硬貨とは、日本の議会が開設されてから100周年の記念に発行された記念硬貨です。額面は5000円の1種類で、素材のほとんどに銀が使われた豪華な記念硬貨です。

記念硬貨単体の状態で発行された他、同年に発行された「裁判所制度100周年記念硬貨」と2種類が特製ケースに収められた「議会開設・裁判所制度100周年記念貨幣セット」も発行されています。

では、種類ごとに詳細を紹介していきます。

議会開設100周年記念5000円銀貨について

議会開設100周年記念5000円銀貨

議会開設100周年記念5000円銀貨の発行は1990年(平成2年)で、素材は銀925に対して銅が75と、ほとんど銀が占めています。

議会開設100周年記念硬貨の重量は15g、直径は30mmで、一つ前に発行された記念硬貨「裁判所制度100周年記念硬貨」と同一になります。 発行枚数も裁判所制度100周年記念硬貨と同じく、500万枚が発行されました。

議会開設100周年記念5000円銀貨の図柄は、表面に「国会議事堂」、裏面には「有翼の獅子」がデザインされており、"議会開設百年"と年号の印字があります。有翼の獅子とは、神聖の象徴である鷲の翼とライオンの姿を合せた伝説上の動物で、記念硬貨の裏面には向かい合う様な2体が描かれています。

記念硬貨買取における「議会開設100周年記念硬貨」の買取価格は、未使用の綺麗な状態だと最大6000円~8000円前後までも期待できます。未使用品までとはいかない美品でも、大体5000円~6000円前後が買取相場として期待できます。

銀行での両替だと額面と同じ5000円との交換になりますので、議会開設100周年記念硬貨を売る際は古銭買取業者の写真査定を活用して価値を判断されるのがおすすめです。

議会開設・裁判所制度100周年記念貨幣セットについて

裁判所制度100周年記念硬貨

議会開設100周年記念硬貨は単体販売の他にも、同年に発行された「裁判所制度100周年記念硬貨」と2種のセット品も販売されており、「議会開設・裁判所制度100周年記念貨幣セット」とも呼ばれています。

「議会開設・裁判所制度100周年記念貨幣セット」の買取価格は、未使用でコレクションとして綺麗な状態であれば最大で16000円前後までの買取価格も期待できます。単体よりも買取価格は高額になりやすいので、もしセットでお持ちであれば一式揃えた状態で買取に出されるのをおすすめします。

議会開設について

議会開設について

日本で初めての議会は明治23年(1890年)11月29日に行われ、第92回となる1947年まで続きました。 解散年となる1947年に日本国憲法が施行され、今まで帝国議会と呼ばれていた議会は「国会」に名称を変え、今現在も続いている立法機関です。

日本の議会は、明治初期に行われた「自由民権運動」そして「国会開設運動」の影響を受けて誕生しました。これまでの明治政府は”藩閥政治”という、江戸時代に勢力のあった藩が閥を作って行う方法を採用していました。ですが、明治維新における活動家で構成された形態だったため、活動家が減ってしまうと政治を維持していく力も減退していくという将来的なデメリットがありました。

そして1873年、”明治6年の政変”が起こり、これまで一線で活躍していた板垣退助、西郷隆盛などが政治から去り、さらに国会の必要性が高まります。その後1881年(明治14年)、明治天皇が「国会開設の詔」を表明し、帝国議会の実現に向けて大きく動くことになったのです。

1890年(明治23年)には国会議員を選ぶための総選挙が行われ、同年に第一回帝国議会が開かれました。これが日本最初の議会です。ですが選挙権は「年間15円以上の国税を納めているもの」かつ「満25歳以上の男子」のみで、その条件を満たす者は僅か1.1%しか現れませんでした。

当時の人口は約45万人とされていたうちの1.1%でかつ性別も限られ、さらに当時の1円は今でいうと2万円相当の価値(※参考により異なります)に該当するため、いかに選挙権が限られたものであったかが覗えます。

記念硬貨買取におけるおすすめ買取業者を紹介

優秀な記念硬貨買取業者に依頼をするだけで、特に手間をかけずにお手軽かつ安心に記念硬貨の高価買取が実現可能です。ですので、先に記念硬貨買取におけるおすすめ買取業者をご紹介します。記念硬貨の買取は古銭買取業者が併せて行っているので、【おすすめ記念硬貨買取業者=おすすめ古銭買取業者】となっています。

議会開設100周年記念硬貨の買取価格を簡単に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明するのはあくまでも議会開設100周年記念硬貨の目安の価値や買い取り相場ですので、議会開設100周年記念硬貨の買取価格を正確に知る方法も最後にご紹介しておきます。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に議会開設100周年記念硬貨を査定してもらえます。

議会開設100周年記念硬貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに買取価格は明らかになります。

議会開設100周年記念硬貨は状態による買取相場の判断が難しいので、正確に知りたいと言う方であればメール査定が価値を知る為にこの上ない程の最善の手段なのです!メール査定であれば買取も簡単に断れますのでご安心ください♪

議会開設100周年記念硬貨をメール査定してもらう方法やお勧めの古銭買取業者は次のページも参考にしてください

今月のおすすめ業者!

ページ上部へスクロール