古銭買い取り業者徹底比較!

大黒1円札の価値と買い取り情報を紹介します。

大黒1円札の価値と買い取り価格、概要を紹介します!

大黒1円札の価値とは?

古銭の価値に悩む女性

ここでは大黒1円札の価値についてお話しします
もし、大黒1円札を含む古銭を高価買い取りしてくれる業者をお探しであればトップページをご参考にしてください。

トップページでは、私の過去の古銭買い取りの実体験を基に、様々な古銭を高く買い取ってくれた業者をご紹介しています。
では、こちらのページでは、「大黒1円札(旧兌換銀行券1円)」についてをご紹介します。

大黒1円札について

まず、価値を説明する前に【大黒1円札】について簡単に説明します。
大黒札の正式名称は「旧兌換銀行券」といい、初めて日本銀行が発行した紙幣です。 紙幣自体は大黒札以前にも多数発行されてきましたが、これまで江戸幕府が崩壊するまでは藩札なども流通していましたし、明治時代に新政府が発足すると153の国立銀行が続々開業、それぞれで紙幣を発行するなど、均整の取りにくい状態が続いていました。

金融制度を確立するため、明治15年に日本銀行条例が公布され、伴って、紙幣の発行権は「日本銀行(国立の中央銀行)」へと集約されました。 そして明治18年に発行されたのが、今回ご紹介の「大黒札(旧兌換銀行券)」です。

大黒札は、1円札の他にも「100円札」「10円札」「5円札」と、計4種類の額面がありましたが、この中で唯一、1円札だけが今でも使える紙幣になっています。 ですが、最大で10万円以上の古銭的な価値が見込め、実際に支払いなどで使ってしまうのはかなり損です。

こちらが大黒1円札(旧兌換銀行券1円)です

大黒1円札表 大黒1円札裏

大黒1円札が流通していたのは、1885年(明治18年)~1958年(昭和33年)頃のことで、表面には大黒像が、裏面には彩文(紙幣偽造防止の模様)がデザインされています。
紙幣の図柄として採用された"大黒天"とは商売や農業の神様で、当時、少しでも景気が良くなるようにと紙幣に採用されたという説もあります。 実際、大黒札は紙幣としての評判も良かったのですが、耐久面での欠陥が相次いだため、1889年(明治22年)には新たな紙幣(改造1円札)が発行されました。

大黒札の欠陥の内容としては、まず紙幣の強度を上げるために”コンニャク粉”を混ぜたため、ネズミや虫の被害に合いやすかったことが挙げられます。 そして偽造防止のため、写真に写りにくい”青色インク”を採用したのですが、インクに顔料として鉛白が混ぜられていたため、硫化水素と化学反応を起こして黒くなってしまい、温泉地では変色してしまうことも問題でした。

大黒1円札の買取価格(価値)について


では、肝心の【大黒1円札の価値】についてですが、美品であれば一枚2万円前後の買取価値も期待できるプレミア紙幣です。 あまり美品とはいえない大黒1円札であっても、1万円前後の買取価格は期待できます。

もし未使用品と呼べるレベルの美品の大黒1円札であれば、10万円以上の買取価格も期待できますので、一応は「現行紙幣」である大黒1円札ですが、そのまま使ってしまうより古銭買取業者の利用をお勧めいたします。
また、大黒札の100円札、10円札、5円札もかなりの買取相場が見込めるプレミア紙幣ですが、素人では状態を加味した上で価値を判断する事も当然に困難です。

ですので、次は【一分でできる古銭の価値を調べる方法】を教えます。

誰でもできる!一分で古銭の価値を調べる方法

メール査定がおすすめ

方法は至極単純かつ簡単です
業者にメール査定を依頼するだけ
これだけで専門家に古銭を査定してもらえます。

古銭は写真があればほぼ確実な査定が可能です。
ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、簡単に古銭の価値が明らかになります。
数が多くて大変であれば、古銭の名称だけ送れば基本相場ぐらいは知る事ができます。

更に、このメールで査定は悪徳業者を見抜く為にも重要な事でもあり、古銭においては買取価格も分かるので正に一石二鳥の方法です。
大黒1円札の正確な価値が知りたい方はネットで調べるよりもメール査定がおすすめです!

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者のスピード買取はこちら
ページ上部へスクロール