古銭買い取り業者徹底比較!

聖徳太子100円紙幣の価値と買い取り情報を紹介します。

聖徳太子100円紙幣の価値と買い取り価格、概要を紹介します!
聖徳太子100円紙幣の価値と買い取り価格、概要を紹介します!

まず、聖徳太子100円札の買取価格や概要について

古銭の価値に悩む女性

聖徳太子100円札は、日本で1930年(昭和5年)から1946年(昭和21年)まで発行されていた紙幣です。比較的近年まで発行されていたことから、価値がなく買取価格は付かないと思われがちですが、そんなことはありません。

実は聖徳太子100円札は発行時期によって【乙号券】【い号券】【ろ号券】【A号券】の4種に分けることが出来、種類によっては額面以上の価値も十分に期待できるプレミア古紙幣です。

このページでは、4種の聖徳太子100円札の見分け方と各種買取相場に加えて、エラー紙幣や特殊紙幣に該当する聖徳太子100円札についても紹介していますので、興味のある方は是非参考にしてください。

また、当サイトでは私の過去の古銭買取の実体験を基に旧紙幣を含めた古銭を高く売れるおすすめの買取業者や、「聖徳太子100円札以外の古い100円紙幣」「歴代の紙幣全種類について」などなど、古銭に関する様々な情報も紹介していますので参考にしてください。

4種類の聖徳太子100円紙幣の買取価格と見分け方

では、4種類の聖徳太子100円札の見分け方と買取価格についてご紹介します。

それぞれの図柄が違うため見分け方も簡単ですので、もし聖徳太子100円札がお手元にあれば、見比べながら読んでみてください。

聖徳太子100円札【1次(乙号券)】の買取相場と概要

聖徳太子100円札【1次(兌換券)】
発行年度~廃止年度:1930年(昭和5年)~1946年(昭和21年)
券種:兌換券
紙幣サイズ:縦93mm×横162mm

聖徳太子100円札は4種類が存在していますが、こちらは1回目に発行されたため通称「聖徳太子1次100円札」とも呼ばれます。表面の図柄はそのまま聖徳太子2次100円札に流用されましたが、裏面のデザインが異なるため見分けるのは簡単です。既に失効しているため貨幣的な価値はありませんが、古銭買取業者だと額面以上の買取価格も期待できます。

聖徳太子100円札【2次(い号券)】の買取相場と概要

聖徳太子100円札【2次(い号券)】
発行年度~廃止年度:1944年(昭和19年)~1946年(昭和21年)
券種:不換紙幣
紙幣サイズ:縦93mm×横163mm

こちらは2番目に発行された聖徳太子100円札のため、「聖徳太子2次100円」とも呼ばれます。表の図柄は上記の聖徳太子1次100円札とほぼ同じですが、裏面の図柄は異なり、茶色のインクで印刷されているため簡単に見分けることが出来ます。紙幣の表面右上に小さな紙が貼りつけられているものは「証紙付き」で、買取相場も若干高額になります。

聖徳太子100円札【3次(ろ号券)】の買取相場と概要

聖徳太子100円札【3次(ろ号券)】
発行年度~廃止年度:1945年(昭和20年)~1946年(昭和21年)
券種:改正不換紙幣
紙幣サイズ:縦93mm×横162mm

聖徳太子100円札のろ号券は、3番目に発行された聖徳太子100円札のため通称「聖徳太子3次100円札」と呼ばれます。他の聖徳太子100円札とは異なり、肖像が中央に配置されているのが特徴です。こちらも表面の右上に小さな紙が貼られていれば「証紙付き」に該当し、買取相場も若干高くなります。

聖徳太子100円札【4次(A号券)】の買取相場と概要

聖徳太子100円札【4次(A号券)】
発行年度~廃止年度:1946年(昭和21年)~現行紙幣
券種:日本銀行券A号券
紙幣サイズ:縦93mm×横162mm

こちらの聖徳太子100円札は、4番目に発行されたため通称「聖徳太子4次100円札」と呼ばれています。新しいデザインを作る時間的な余裕がなかったため図柄は2次100円札によく似ていますが、裏面のインクの色が緑色です(2次は茶色)。これまで発行された聖徳太子100円札のうち、こちらの4次だけは今でも使える”現行紙幣”です。

聖徳太子100円札の買取価格一覧リスト

  • 紙幣の名称
    未使用
    美品
    並品
  • 聖徳太子1次100円札
    未使用
    5000円~10000円
    美品
    1000円~5000円
    並品
    200円~1000円
  • 聖徳太子2次100円札
    未使用
    2500円~6000円
    美品
    1000円~2500円
    並品
    200円~1000円
  • 2次100円札証紙付き
    未使用
    3000円~10000円
    美品
    1000円~3000円
    並品
    400円~1000円
  • 聖徳太子3次100円札
    未使用
    7000円~15000円
    美品
    2000円~7000円
    並品
    500円~2000円
  • 3次100円札証紙付き
    未使用
    8000円~18000円
    美品
    2000円~8000円
    並品
    500円~2000円
  • 聖徳太子4次100円札
    未使用
    600円~1500円
    美品
    200円~600円
    並品
    100円~200円

聖徳太子100円札の【1次~4次】の見分け方

聖徳太子100円紙幣表【最初期】
聖徳太子100円紙幣表【最初期】
聖徳太子100円紙幣表【最初期】

聖徳太子100円札は、3次だけは肖像画が真ん中に配置されているため見分けやすいのですが、1次・2次・4次は表面のデザインがほとんど同じです。

ですが、裏面の図柄がそれぞれ違いますので見分けるのは簡単です。1次の裏面には「百圓」の文字が左右に大きく書かれており、2次は「茶色のインク」で印刷されています。4次100円札は、図柄こそ2次100円と同じですがインクの色が緑色になっています。

  • 聖徳太子1次100円札(乙号券)・・・表面同一、裏面には左右に大きく「百圓」の文字
  • 聖徳太子2次100円札(い号券)・・・表面同一、裏面のインクの色が茶色
  • 聖徳太子3次100円札(ろ号券)・・・聖徳太子の肖像画が中央に配置されている
  • 聖徳太子4次100円札(A号券)・・・表面同一、裏面のインクの色が緑色

聖徳太子100円札の【証紙付き】について

証紙付き聖徳太子100円札

聖徳太子100円札の中には、表面の右上に「百圓」と書かれた小さな紙が貼りつけられているものが存在します。これは【証紙】といい、証紙が貼られている聖徳太子100円札は買取相場も少し上がる傾向にあります。

日本が第二次世界大戦に敗戦すると、現金を手元に確保しておこうと多くの国民が預金を引き出し、また政府側も軍発注物資の代金を一気に精算したため、市場にお金があふれハイパーインフレが発生します。そのため抑制の手段として、これまで発行された日本銀行券のほとんどを失効させ、預金払出額を制限する「新円切替」が行われました。

ですが、新円切替後の紙幣の発行が間に合わなかったため、かつて使われた紙幣に「証紙」を貼りつけて流通させます。証紙は「これが貼られた紙幣は新円として流通できます」という意味の紙で、十分に新円紙幣が行き渡ったあとの1946年10月に失効しています。

プレミア価値のある聖徳太子100円紙幣について

上記の「1次~4次」も買取相場をチェックするうえでの重要なポイントですが、それ以外にもプレミア価値を判断するポイントがあります。代表的な種類に「1.エラープリント」や「2.ミスプリント」、「3.連番紙幣」「4.AA券」「5.帯付き(or官封)」が挙げられます。

聖徳太子100円札のエラー種類や特殊札は例を挙げるとキリがなく、エラー度合いによって買取相場が非常に変動しやすい事から全てを紹介することは困難ですので、いくつかの例を挙げて買取相場と特徴をご紹介していきます。

エラー聖徳太子100円紙幣「福耳エラー」

エラー聖徳太子100円紙幣「福耳エラー」
買取価格:3万円~5万円
「福耳」とは、紙幣の裁断時にカットしきれなかった紙が福耳のように残っているエラー紙幣です。福耳は非常に高い価値を持つエラー紙幣として知られますが、買取相場は紙幣の種類と状態、そして福耳の残り方によっても大きく変わります。
例えば画像の聖徳太子100円札のように、紙幣に折れなく綺麗な状態で残っており、かつ福耳も大きく分かりやすいエラーの場合、大体3~5万円前後の買取価格まで期待できます。

エラー聖徳太子100円紙幣「裁断ズレ」

エラー聖徳太子100円紙幣「裁断ズレ」
買取価格:5万円~7万円
聖徳太子100円札の中でもエラー紙幣は特に高額で買取される傾向にあり、上記の「福耳」そしてこちらの「裁断ズレ」が代表的です。裁断ズレエラーとは、紙幣の裁断時にズレが生じて図柄が偏ったように見えるエラー紙幣のことで、買取価格は紙幣の状態と種類、そしてズレの大きさによっても異なります。例えばこちらの聖徳太子100円札のように、隣の印刷まで巻き込んでしまっている程の大きなズレであれば買取相場は5~7万円前後までも期待できます。

聖徳太子100円紙幣「帯付き(100枚束)」

聖徳太子100円紙幣「帯付き(100枚束)」
買取価格:1万円~10万円
こちらの画像は、聖徳太子100円札の100枚束で「帯付き」あるいは「帯封」と呼ばれる状態です。聖徳太子100円札を1枚1枚バラバラで買取に出すより、帯付きの状態で買取に出した方が買取価格が上がりやすくなります。買取相場は紙幣の種類・状態により変わりますが、価値の高い聖徳太子100円札の場合、帯付きだと大体10万円前後の買取価格が相場になります。もちろん状態良く残っている帯付きや、中にぞろ目や珍しい記番号が含まれている場合は、買取価格は更に高額になります。

聖徳太子100円紙幣「ぞろ目番号」

聖徳太子100円紙幣「ぞろ目番号」
買取価格:8万円~10万円
聖徳太子100円札の記番号が、例えば”111111”などの「ぞろ目」になっていれば、買取価格も高額になります!買取価格は紙幣の種類と状態にもよりますが、綺麗な状態で残っていれば最大で8万~10万円前後の買取価格になるケースもあります。また、記番号”777777”は通称ラッキーセブンとも呼ばれており、人気が高いため買取相場も若干上昇することがあります。また”BB222222B”のようにアルファベット・数字ともにぞろ目の場合、数十万円の買取価格も十分期待できます!

聖徳太子100円紙幣「珍番」

聖徳太子100円紙幣「珍番」
買取価格:3万円~5万円
聖徳太子100円札の記番号が”000001”や”100000”などのキリ良い番号、あるいは”123456”のように階段状の数字の場合も希少価値が高くなります。買取価格はこちらも紙幣の種類と状態によって異なりますが、1枚あたり大体3万円~5万円前後の買取価格も期待できます。
聖徳太子100円札には1次~4次までの種類がありますが、紙幣の種類・番号の珍しさ・状態によって買取価格も変動しますので、古銭買取業者の写真査定を活用されることをおすすめします。

また、聖徳太子100円紙幣の価値は【ナンバーのアルファベット】によっても変わります。

聖徳太子100円紙幣「開始記番号(A-A券)」

聖徳太子100円紙幣「開始記番号(A-A券)」
買取価格:7万円~10万円
紙幣の記番号が”A一桁に始まり、Aで終わる(A123456Aなど)”番号だと【開始記番号(トップ番号)】と呼ばれ、通称”A-A券”と表現されます。この番号を持つ紙幣は市場でもなかなか出回らない逸品で、聖徳太子100円札においても例外ではありません。
A-A券の買取価格は紙幣の種類と状態によって大きく変わりますが、ピン札で綺麗な状態の聖徳太子100円札だと、 7~10万円前後の買取価格も期待できます。

A-A券を始めとしたサンドイッチ番号の補足情報

なぜ、Aから始まりAで終わる「A-A券」の聖徳太子100円紙幣の価値が高いのかというと、普通、紙幣が発行されるとA-A券が優先的に進呈されて博物館や関係機関などに保有されるため、流通することはほぼありえないからです。 (大体A000001A~A000100Aまでが進呈されると言われています。) 希少価値が非常に高いため、古銭買取においても高い買い取り価格が期待できるという事です。

また、お札で「ZZ900000Z」は、最後の番号を意味し、聖徳太子100円紙幣においても価値が高い番号です。ZZから始まりZで終わる紙幣ナンバーは、通称【ラスト番号】とも呼ばれ、聖徳太子100円紙幣においても非常に高い人気があります。

そして、A-A券の聖徳太子100円紙幣と比べれば、希少価値はそれほど高くありませんが、例えば「B846258B」など、始めと終わりのアルファベットが同じ記番号は【サンドイッチ番号】と呼ばれ、こちらの聖徳太子100円紙幣であっても通常品よりも買取相場は高くなります。

旧紙幣(古紙幣)買取におけるおすすめ買取業者を紹介

優秀な古銭買取業者に依頼をするだけで、特に手間をかけずにお手軽かつ安心に【聖徳太子100円札】の高価買取が実現可能です。私も古銭買取の際には【聖徳太子100円札】を含めた様々な種類の旧紙幣の相見積もりを行っていますので、その経験を基に私がおすすめする買取業者をご紹介します。

誰でもできる!一分で古銭の価値を調べる方法

メール査定がおすすめ

方法は至極単純かつ簡単です

業者にメール査定を依頼するだけ

これだけで専門家に【聖徳太子100円札】を査定してもらえます。古銭は写真があればほぼ確実な査定が可能です。ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、簡単に【聖徳太子100円札】の価値も明らかになります。

更に、このメールで査定は悪徳業者を見抜く為にも重要な事でもあるので、【聖徳太子100円札】の買取価格も分かり正に一石二鳥の方法です。 聖徳太子100円紙幣の正確な価値が知りたい方はネットで調べるよりもメール査定がおすすめです!

今月のおすすめ業者!

ページ上部へスクロール