古銭買い取り業者徹底比較!

聖徳太子1000円紙幣の価値と買い取り情報を紹介します。

聖徳太子1000円紙幣の価値と買い取り価格、概要を紹介します!
聖徳太子1000円紙幣の価値と買い取り価格、概要を紹介します!

まず、聖徳太子1000円札の買取価格や概要について

古銭の価値に悩む女性

聖徳太子が描かれた千円札は、岩倉具視500円紙幣や板垣退助100円紙幣と同時期に流通していた「日本銀行券B号」という券種の一種です。

聖徳太子1000円札は1950年(昭和25年)発行と比較的新しい時代に作られた紙幣で、かつ一応は今でも使える”現行紙幣”であることから、買取価格はつかないと思われがちですがそんなことはありません。

聖徳太子1000円札は、厳密には発行時期によって【前期】と【後期】に分けることが出来、種類によっては額面以上の買取価格が十分に期待できます。

このページでは、聖徳太子千円札の種類の見分け方や各種の買取相場に加えて、エラー紙幣や特殊紙幣に該当する聖徳太子1000円札についても紹介しますので、興味のある方は是非参考にしてください。

また、当サイトでは私の過去の古銭買取の実体験を基に旧紙幣を含めた古銭を高く売れるおすすめの買取業者や、「聖徳太子1000円札以外の古い1000円紙幣」「歴代の紙幣全種類について」などなど、古銭に関する様々な情報も紹介していますので参考にしてください。

聖徳太子1000円札の買取価格と見分け方

では、聖徳太子1000円札の見分け方と買取価格についてご紹介します。聖徳太子1000円札は【前期・後期】に分けることが出来ますが、種類の見分け方は簡単です。ここから見分け方と買取相場、概要などを紹介していきます。

聖徳太子1000円札の買取相場と概要

聖徳太子1000円札
発行年度~廃止年度:1950年(昭和25年)~現行紙幣
券種:日本銀行券B号券
紙幣サイズ:縦76mm×横164mm

聖徳太子1000円札は、当時のインフレによってより高額な紙幣が必要になり、1950年(昭和25年)に発行されました。聖徳太子1000円札は発行時期によって【前期】と【後期】に分けることが出来、古銭買取での相場は【前期】>【後期】です。聖徳太子1000円札の見分け方は簡単ですので、ここから解説していきます。

聖徳太子千円札の買取価格一覧リスト

  • 紙幣の名称
    未使用
    美品
    並品
  • 前期
    未使用
    5000円~15000円
    美品
    1500円~5000円
    並品
    1000円~1500円
  • 後期
    未使用
    2000円~4000円
    美品
    1000円~2000円
    並品
    額面

聖徳太子1000円札の【前期】と【後期】の見分け方

聖徳太子1000円札【前期】
聖徳太子1000円札【後期】

聖徳太子1000円札の【前期】【後期】の見分け方は、記番号前半(左部分の頭)の”アルファベットの桁数”で簡単に見分けが付きます。記番号前半のアルファベットが1桁であれば前期、アルファベットが2桁ならば後期になります。

古銭買取における聖徳太子1000円札の買取相場は前期のほうが高く、未使用クラスの紙幣で比較した場合「アルファベット1桁なら最大15000円前後まで」「アルファベット2桁なら最大4000円まで」の買取価格も期待できます。

ですが、買取価格は依頼する買取業者によってもかなり変わりますので、古銭買取業者の写真査定を活用して価値を判断されることをおすすめします。

後期発行の聖徳太子1000円札だとなかなか高い買取価格は付きにくくなりますが、一部の珍しい紙幣であれば、例え状態が悪くても高額な買取価格も期待できます!

プレミア価値のある聖徳太子1000円紙幣について

特にプレミア価値が高いとされる聖徳太子1000円札の代表的な種類は「1.エラープリント」や「2.ミスプリント」、「3.連番紙幣」「4.AA券」「5.帯付き(or官封)」が挙げられます。

聖徳太子1000円紙幣のエラー種類や特殊札は例を挙げるとキリがなく、エラー度合いによって買取相場が非常に変動しやすい事から全てを紹介することは困難ですので、いくつかの例を挙げて買取相場と特徴をご紹介していきます。

エラー聖徳太子1000円紙幣「福耳エラー」

エラー聖徳太子1000円紙幣「福耳エラー」
買取価格:5万円~10万円
紙幣の裁断時にミスが生じ、カットしきれなかった紙が福耳のように残ったエラーを「福耳」と呼びます。古紙幣では稀に見られるエラーで、紙幣の種類と状態、そして福耳の残り方によっても買取価格は変動します。
画像がなかったため別紙幣(伊藤博文1000円札)の画像を使っていますが、今までの事例と相場から見て、聖徳太子1000円札の福耳エラーの場合、1枚で大体10万円前後までの買取価格も期待できます。

エラー聖徳太子1000円紙幣「裁断ズレ」

エラー聖徳太子1000円紙幣「裁断ズレ」
買取価格:3000円~5万円
古紙幣で稀にあるエラーが「裁断ズレ」で、これは紙幣の裁断時にズレが生じ、お札の図柄がずれたように見えるエラー紙幣のことです。裁断ズレのエラー紙幣の場合、紙幣の種類と状態、そしてズレの大きさによって買取相場が大きく変動します。こちらの聖徳太子1000円札のように、僅かに図柄が端に寄っているレベルだと買取相場は3000円前後までが期待できますが、紙幣の図柄が途中で切れてしまっているくらいにズレているエラーであれば、買取価格は5万円前後までも期待できます。

聖徳太子1000円紙幣「帯付き(100枚束)」

聖徳太子1000円紙幣「帯付き(100枚束)」
買取価格:10万円~40万円
こちらは「帯付き」あるいは「帯封」と呼ばれる紙幣100枚の束です。聖徳太子1000円を1枚ずつ、この状態で買取に出したほうが高い買取価格が付きやすくなりますので封を切らないことをおすすめします。買取相場は大体11万円前後ですが、もし聖徳太子1000円札の前期であれば、買取価格が40万円前後に上ることもあります。状態が良いものや、あるいは紙幣100枚が番号順に収められていますので、中にぞろ目や珍しい記番号が含まれている場合は、買取価格は更に高額になります。

聖徳太子1000円紙幣「ぞろ目番号」

聖徳太子1000円紙幣「ぞろ目番号」
買取価格:5万円~8万円
聖徳太子千円札の記番号が”111111”や”555555”などのぞろ目の場合、希少価値があり買取価格も期待できます。買取価格は紙幣の種類と状態にもよりますが、もし未使用ピン札の綺麗な状態であれば、買取価格は8万円前後までも期待できます。
聖徳太子1000円札の場合は前期(アルファベット1桁)と後期(2桁)によっても価値が変わりますので、古銭買取業者の写真査定で価値を判断されることをおすすめします。

聖徳太子1000円紙幣「珍番」

聖徳太子1000円紙幣「珍番」
買取価格:5万円~8万円
記番号の数字が”000001”や”100000”などのキリの良い数字、あるいは”123456”や”456789”などの階段状の番号も希少価値が高いです。買取価格は紙幣の種類と状態によっても変わりますが、綺麗な状態の聖徳太子1000円札の場合、1枚あたり5~8万円前後の買取価格も期待できます。また、”AA000001A”など記番号のアルファベットも揃っている場合は希少価値が更に高くなり、1枚で数十万円の買取価格が期待できるケースもあります。

また、聖徳太子1000円紙幣の価値は【ナンバーのアルファベット】によっても変わります。

聖徳太子1000円紙幣「開始記番号(A-A券)」

聖徳太子1000円紙幣「開始記番号(A-A券)」
買取価格:7万円~10万円
聖徳太子1000円紙幣の記番号が”A一桁に始まり、Aで終わる(A123456Aなど)”番号であれば、【開始記番号(トップ番号)】と呼ばれ、”A-A券”と表現されます。 この番号を持つ聖徳太子千円札は市場でも出回ることがほとんどなく、希少価値が非常に高い古紙幣です。買取価格は紙幣の状態の良し悪しによっても大きく変わりますが、折り目などがない綺麗な状態の聖徳太子1000円札だと、買取価格は7~10万円前後までも期待できます。

A-A券を始めとしたサンドイッチ番号の補足情報

なぜ、Aから始まりAで終わる「A-A券」の聖徳太子1000円紙幣の価値が高いのかというと、普通、紙幣が発行されるとA-A券が優先的に進呈されて博物館や関係機関などに保有されるため、流通することはほぼありえないからです。 (大体A000001A~A000100Aまでが進呈されると言われています。) 希少価値が非常に高いため、古銭買取においても高い買い取り価格が期待できるという事です。

また、お札で「ZZ900000Z」は、最後の番号を意味し、聖徳太子1000円札においても価値が高い番号です。ZZから始まりZで終わる紙幣ナンバーは、通称【ラスト番号】とも呼ばれ、AA券には及びませんが、古紙幣の買取においても高い人気があるナンバーです。

そして、こちらもAA券の聖徳太子1000円紙幣と比べれば希少価値はそれほど高くありませんが、例えば「B846258B」など、始めと終わりのアルファベットが同じ記番号は【サンドイッチ番号】と呼ばれ、こちらの聖徳太子1000円紙幣であっても通常品よりも買取相場は高くなります。

旧紙幣(古紙幣)買取におけるおすすめ買取業者を紹介

優秀な古銭買取業者に依頼をするだけで、特に手間をかけずにお手軽かつ安心に【聖徳太子1000円札】の高価買取が実現可能です。私も古銭買取の際には【聖徳太子1000円札】を含めた様々な種類の旧紙幣の相見積もりを行っていますので、その経験を基に私がおすすめする買取業者をご紹介します。

誰でもできる!一分で古銭の価値を調べる方法

メール査定がおすすめ

方法は至極単純かつ簡単です

業者にメール査定を依頼するだけ

これだけで専門家に【聖徳太子1000円札】を査定してもらえます。古銭は写真があればほぼ確実な査定が可能です。ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、簡単に【聖徳太子1000円札】の価値も明らかになります。

更に、このメールで査定は悪徳業者を見抜く為にも重要な事でもあるので、【聖徳太子1000円札】の買取価格も分かり正に一石二鳥の方法です。 聖徳太子1000円紙幣の正確な価値が知りたい方はネットで調べるよりもメール査定がおすすめです!

今月のおすすめ業者!

ページ上部へスクロール