古銭買い取り業者徹底比較!

旧紙幣(古紙幣)の価値と概要を紹介します。
旧紙幣の買い取りをお考えの際にも参考にしてください!

古紙幣(旧紙幣)の価値と概要、おすすめ買い取り業者を紹介します!

旧紙幣(古紙幣)の価値と買い取り価格はどれくらい?

古銭の価値に悩む女性

旧紙幣(古紙幣)は見覚えのない額面・絵柄のものでも「現行紙幣」と呼ばれる種類であれば額面通りの金額で使用する事が可能です。そして、現行紙幣に属する種類の旧紙幣であれば買取価格は額面以内がほとんどです。

ですが、「エラー銭」と呼ばれる旧紙幣や「ゾロ目紙幣」等に該当すれば現行紙幣であっても額面の数十倍以上の買取価格も期待できますし、「大黒100円」や「旧国立銀行券」といった旧紙幣の中でも特に古い時代に流通していた旧紙幣の買取価格なら数十万円以上期待できる種類もあります。

ですが、見慣れない旧紙幣の種類はかなり多い事からも、古い紙幣をパッと見て高価買取が期待できる旧紙幣かどうか判断する事は、知らない人にとってはとても難しい事です。ですので、このサイトでは様々な旧紙幣についての買取価格や価値、概要を紹介しています。

旧紙幣は過去に流通していた紙幣ですので発行枚数がかなり多かったことから「家の中で旧紙幣を見つけた」というような事は珍しくありません。ですが、見つかりやすい旧紙幣は額面以上の買取価格を期待できない事が多いので、旧紙幣の買取依頼をする前に買取依頼をするほどの価値がある旧紙幣かどうかを調べてみる事をおすすめします。


査定・買取でのおすすめ古銭買取業者はこちら。

古紙幣(旧紙幣)の価値について

では、古紙幣(旧紙幣)の価値と基本的な情報について説明していきます
このページでは、日本国内で発行された古紙幣(旧紙幣)の価値について説明します。 このページで説明する古紙幣(旧紙幣)の一覧は次の通りです。

上記の古紙幣(旧紙幣)の名称をクリックするとそこまでジャンプします。

古紙幣(旧紙幣)の価値と買い取り価格を紹介

聖徳太子100円紙幣の価値と買い取り価格

聖徳太子100円紙幣
発行年度:1次:1930年、4次:1946年
券種:乙号券、い号券、ろ号券、A号券
サイズ:6.8cm × 12.4cm
聖徳太子100円紙幣は同じ100円の額面でも4種類に分けられ、主に発行された時代によって分けられます。聖徳太子100円紙幣の中でも買取価格が特に高いのは「ろ号券」の通称「3次100円紙幣」で買取価格は1万円以上も期待できるほどです。一方で、「A号券」の通称」4次100円は買取価格は最も低く200円の買取価格が付けば良い方です。

>>>聖徳太子100円紙幣の詳細はこちら

板垣退助100円紙幣の価値と買い取り価格

板垣退助100円紙幣
発行年度:1953年~
券種:B号百円券
サイズ:7.6cm × 14.8cm
板垣退助100円紙幣となると年代によって「珍しい旧紙幣?」と思う方と「懐かしい」と思う方に分かれる紙幣ですね。板垣退助100円券は割と近年の紙幣な事から「現行紙幣」ですので買取価格は100円を超える事は珍しいですが、最初期と呼ばれる板垣退助100円紙幣は別で、1000円以上の買取価格も期待できます。

>>>板垣退助100円の詳細はこちら

岩倉具視500円紙幣の価値と買い取り価格

岩倉具視500円
発行年度:1951年、1969年
券種:B号百円券、C号百円券
サイズ:7.6cm × 15.6cm or 7.2cm × 15.9cm
岩倉具視500円紙幣は同じ500円の額面でも発行時期によって2種類に分けられ、それぞれ「岩倉旧500円」と「岩倉新500円」と呼ばれています。岩倉具視500円紙幣は現行紙幣ですので買取価格はほとんどが額面を超える事はありませんが、「岩倉旧500円」の中でも前期発行の一桁アルファベッドならば1000円以上の買取価格も期待できます。

>>>岩倉具視500円紙幣の詳細はこちら

聖徳太子1000円紙幣の価値と買い取り価格

聖徳太子1000円紙幣
発行年度:1950年
券種:B号千円券
サイズ:7.6cm × 16.4cm
聖徳太子1000円紙幣は100円紙幣とは異なり券種は1種類です。日本で「2番目」に発行された1000円紙幣で、最初の1000円紙幣は5年前に発行された「日本武尊1000円紙幣」です。現行紙幣ですので状態が悪ければ買取価格は額面を超えませんが、状態が良く更にアルファベッド一桁紙幣であれば10000円を超える買取価格も期待できます!

>>>聖徳太子1000円紙幣の詳細はこちら

伊藤博文1000円紙幣の価値と買い取り価格

伊藤博文1000円紙幣
発行年度:1963年3
券種:C号千円券
サイズ:7.6cm × 16.4cm
伊藤博文1000円紙幣は現在も使用できる「現行紙幣」ですので、買取価格はほとんどが額面を超える事はないと考えてよいです。ですが、未使用や極美品と呼べるような状態の「前期発行紙幣」であれば額面以上の買取価格も期待でき、前述の状態かつアルファベッド一桁であれば5000円以上の買取価格も期待できない事はありません。

>>>伊藤博文1000円紙幣の詳細はこちら

紫式部2000円紙幣の価値と買い取り価格

紫式部2000円紙幣
発行年度:2000年
券種:D号二千円券
サイズ:7.6cm × 15.4cm
紫式部2000円紙幣は記憶に残っている方も多いかと思います。比較的近年に発行された紙幣で現在も使用可能な「現行紙幣」ですので買取価格は額面を超える事は「普通」はありません。ですが、エラー銭であれば話は別で紫式部2000円券は【JL券】と呼ばれる特殊なエラー銭があり、【JL券】であれば5万を超える買取価格も期待できるほどです。

>>>紫式部2000円紙幣の詳細はこちら

聖徳太子5000円紙幣の価値と買い取り価格

聖徳太子5000円紙幣
発行年度:1957年
券種:C号五千円券
サイズ:8.0cm × 16.9cm
聖徳太子5000円紙幣は日本で初めて「5000円」という額面が採用された紙幣です。買取価格は現行紙幣ですので基本的に額面を超えた買取価格は期待できないと考えて大丈夫です。ですが、エラー銭はこの限りではなく。また、「未使用」かつ「アルファベッド一桁」というレベルの聖徳太子五千円紙幣であれば8000円以上の買取価格も期待できます。

>>>聖徳太子5000円紙幣の詳細はこちら

聖徳太子10000円紙幣の価値と買い取り価格

聖徳太子10000円紙幣
発行年度:1958年
券種:C号一万円券
サイズ:8.4cm × 17.4cm
聖徳太子10000円紙幣は聖徳太子が描かれた紙幣の中でも最も新しい年代に発行が始まった紙幣であり、10000円という額面が初めて採用された紙幣でもあります。現行紙幣ですので聖徳太子10000円紙幣の買取価格も額面以上は期待できませんが、アルファベッド一桁かつ未使用状態であれば20000円以上の買取価格を期待することもできます。

>>>聖徳太子10000円紙幣の詳細はこちら

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者のスピード買取はこちら
ページ上部へスクロール