古銭買い取り業者徹底比較!

金貨の価値と概要を紹介します。
金貨の買い取りをお考えの際にも参考にしてください!

  1. 古銭買い取り比較トップ
  2. 金貨の価値とおすすめ買い取り業者
金貨の価値と概要、おすすめ買い取り業者を紹介します!

金貨の価値と買い取り価格はどれくらい?

古銭の価値に悩む女性

金貨の価値や買い取り価格に関してですが、【金の取引相場】を基準に算出可能です。
ですので、手持ちの金貨の【金品位】と【重量】が分かれば、金貨の価値と買い取り価格はある程度算出できます。
金貨を相続税等の税金対策として利用されるのも、価値の性質が金地金に近いからです。


ですが、厳密に言うと金貨は金地金とは異なり、コレクター品としての価値が考慮されます。
貴重な金貨であれば、金買取相場に価値を上乗せした金額で取引・買取されますし、同じ金貨でも状態が悪ければ通常の金買取相場から減額した金額で取引される事になります。

そして、金貨の中でも【金の取引価格】で価値を算出しない金貨もあります。
代表的な例で挙げると【昭和天皇御在位60年記念10万円金貨】があてはまります。
昭和天皇御在位60年記念10万円金貨は重量が20gですので、金の買取相場で計算をすると額面である10万円を下回る価値になります。
更に、昭和天皇御在位60年記念10万円金貨は、コレクター品としても10万円以上で取引されている事例も少ない金貨です。
その為、金相場で取引するよりも単純に額面通りの金額で銀行で引き換えするのが一番良いと言えます。

金貨の価値は厳密に言うと金と言えども種類によって価値の考え方は様々なのです。
このページで一覧形式で金貨の価値や概要、買取価格についてご説明しますので、是非参考にしてください。
もし、「金貨の正確な価値を知りたい!」というのであれば下記で説明する方法を試してみて下さい。

金貨の価値を簡単かつ正確に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明するのはあくまでも金貨の目安の価値と買い取り価格ですので、先に金貨の価値を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に金貨を査定してもらえます。

金貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに価値が明らかになります。

そして、金貨は状態によって価値が変動しますので、メール査定は状態も考慮した金貨の正確な価値を知る為にこの上ない程の最善の方法です!
特に、価値の高い金貨をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。 そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください♪

金貨をメール査定してもらうのにお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

査定におすすめの業者はトップページをご参考にしてください。

メールでの査定方法はこちらを参考にしてください。

金貨の価値について

では、金貨の価値と基本的な情報について説明していきます
このページでは、日本国内で発行された金貨の価値について説明します。
ですが、一点注意があり、ここでは状態の良い金貨を前提条件として価値や買い取り価格の目安を説明しています。
上記にもあるように、金貨は状態によって価値が上下する為、例えば完全未使用のプルーフ金貨であればこのページよりも価値が上がる事もありますし、逆に状態が悪ければ価値は下がります。
また、時期や需要によっても価格は上下しますので、あくまでも一つの目安となります。
このページで説明する金貨の一覧は次の通りです。

日本の金貨一覧

記念硬貨に属する日本の金貨の価値はこちらで説明しています。

外国金貨一覧

上記の金貨の名称をクリックするとそこまでジャンプします。

日本金貨の価値と買い取り価格を紹介

旧1圓金貨の価値と買い取り価格

旧1圓金貨
発行年度:大型-明治4~6年、小型-明治7年~13年
量目(重量):1.6667g
品位:金900,銅100(21.6金相当)
明治時代初期に発行された旧1圓金貨は2種類のサイズがありますが、量目自体はどちらも同じです。 日本の金貨は基本的に古ければ高い価値があり、旧1圓金貨も小さい量目の割に高く取引されており高い価値が見込めます。 古銭買取業者での買い取り価格は一枚で2~3万円以上は期待できます。

>>>旧1圓金貨の詳細はこちら

旧二圓金貨の価値と買い取り価格

旧二圓金貨
発行年度:大型-明治3~6年、小型-明治8年~13年
量目(重量):3.3333g
品位:金900,銅100(21.6金相当)
旧二圓金貨は旧一圓金貨同様に、二種類のサイズが存在しますが、量目はどちらも同じです。 量目自体は旧一圓金貨の倍程度ですが、価値は倍以上です。年数(銘)や状態によって旧二圓金貨の価値は様々ですが、古銭買い取り業者でも状態の良い旧二圓金貨なら買い取り価格は10万円以上見込めます。 状態が悪ければもう少し安くなりますが、それでも高い買い取り価格が見込めます。

>>>旧2圓金貨の詳細はこちら

旧五圓金貨の価値と買い取り価格

旧五圓金貨幣
発行年度:大型-明治3~5年、小型-明治5年~30年
量目(重量):8.3333g
品位:金,銅
旧五圓金貨も旧一圓・二圓金貨同様にサイズが二種類ありますが、量目は同じです。 この旧五圓金貨は同時期に発行された金貨の中では製造期間が圧倒的に長く、大型と小型の発行枚数は合計で1千万枚近くと圧倒的に多いです。 古銭買い取り業者による買い取り価格は年代にもよりますが状態が非常に良ければ15万円以上は期待できます。

>>>旧5圓金貨の詳細はこちら

旧十圓金貨の価値と買い取り価格

旧十圓金貨
発行年度:大型-明治4~6年、小型-明治9年~13年
量目(重量):16.6667g
品位:金900,銅100(21.6金相当)
この時期に発行された金貨でも、旧十圓金貨は価値が最も高いと言えます。 完全未使用品の希少なタイプの旧十圓金貨は100万円を超える金額で取引される事例もありますが、 古銭買い取り業者による旧十圓金貨の買い取り価格は現実的に考えると、状態がよければ20万円~40万円位です。

>>>旧10圓金貨の詳細はこちら

旧二十圓金貨の価値と買い取り価格

旧二十圓金貨
発行年度:大型-明治4~5年、小型-明治8年~13年
量目(重量):33.3333g
品位:金900,銅100(21.6金相当)
旧20圓金貨は発行枚数が圧倒的に少なく、トータルでも50000枚に満たない枚数です。 旧二十圓金貨の価値は発行数が多い明治3年銘のものが必然的に最も低くなるのですが、それでも状態が良ければ200万円以上の買取価格がつきます。 明治3年以外のものならその価値は天井知らずで、1000万円近い買取価格がつくこともあるのです。

>>>旧20圓金貨の詳細はこちら

新5円金貨の価値と買い取り価格

新5円金貨
発行年度:大型-明治30年~昭和5年
量目(重量):4.1667g
品位:金900,銅100(21.6金相当)
貨幣法により、明治3年以降に発行された金貨は新金貨と呼ばれています。時代が新しくなる事から、金貨としての価値は旧金貨より劣ると言えます。 それでも、価値自体は非常に高額であり、新5円金貨の買い取り価値の相場は状態のよいもので大体10万円が基準となります。 新5円金貨は長い期間発行されていましたが、発行枚数は1369246枚とかなり少数です。

>>>新5円金貨の詳細はこちら

新10円金貨の価値と買い取り価格

新10円金貨
発行年度:大型-明治30年~明治43年
量目(重量):8.333g
品位:金900,銅100(21.6金相当)
新10円金貨は真5円金貨より発行期間は短いですが、約16倍である20295500枚発行されています。 発行枚数が多いという事もあり、新5円金貨より量目が多いにも関わらずその価値は5円金貨と同じくらいとなっています。 古銭買い取り業者による買い取り価格の相場も、大体10万円前後が目安となります。

>>>新10円金貨の詳細はこちら

新20円金貨の価値と買い取り価格

新20円金貨
発行年度:明治30年~昭和7年
量目(重量):16.6667g
品位:金900,銅100(21.6金相当)
新20円金貨は50895491枚発行されていおり、新金貨の中では圧倒的に多く発行されています。 発行枚数が圧倒的に多い為、他の新金貨と比べると量目が多いにも関わらず価値は若干劣り、古銭買取業者の買い取り価格はおよそ7~8万円前後が相場になります。 量目の重さから、5万円を下回る査定ならば金相場で買い取りを考える方が良いと言えます。

>>>新20円金貨の詳細はこちら

外国金貨の価値と買い取り価格を紹介

メイプルリーフ金貨の価値と買い取り価格

メイプルリーフ金貨
鋳造年度:1979年~毎年発行
量目(重量):1,1/2,1/4,1/10,1/20トロイオンス(1トロイオンス=31.1g)
品位:金999(24金相当)
メイプルリーフ金貨はカナダで発行される地金型金貨であり、重さは5種類あります。 この五種類のメイプルリーフ金貨は額面通りのカナダドルとして法定通貨としての価値を持ちますが、実際の価値は額面よりも遥かに高いです。 古銭買取業者によるメイプルリーフ金貨の買取価格は純金の買取相場-数百円×重量が目安になります。

>>>メイプルリーフ金貨の詳細はこちら

クルーガーランド金貨の価値と買い取り価格

クルーガーランド金貨
鋳造年度:1892年~1900年
量目(重量):1,1/2,1/4,1/10(1トロイオンス=31.1g)
品位:金916,銅84(22金相当)
クルーガーランド金貨は南アフリカ共和国で発行された地金型金貨で、スプリングボックの絵が特徴的です。 全部で4種類の重さがあり、現在では約5000万枚流通していますが、1900年以降は限定品として僅かに飲み販売されている程度になっています。 古銭買取業者によるクルーガーランド金貨の買い取り価格は22金相場×重量が基準となります。

>>>クルーガーランド金貨の詳細はこちら

ウィーン金貨の価値と買い取り価格

ウィーン金貨
鋳造年度:1989年~毎年発行
量目(重量):1,1/2,1/4,1/10(1トロイオンス=31.1g)
品位:金999(24金相当)
ウィーン金貨はオーストリアにて発行されている地金型金貨であり、楽器の刻印が特徴的です。 ウィーン金貨は2004年に15枚限定で1枚1000トロイオンスのものが発行されており、当時は世界最大の金貨として話題を呼びました。 古銭買い取り業者に寄るウィーン金貨の買い取り価格の相場は上記にもあるメイプルリーフ金貨と同程度となっています。

>>>ウィーン金貨の詳細はこちら

カンガルー金貨の価値と買い取り価格

カンガルー金貨
鋳造年度:1986年~発行
量目(重量):1,1/2,1/4,1/10(1トロイオンス=31.1g)
品位:金999(24金相当)
カンガルー金貨はオーストラリアにて発行されている地金型金貨であり、なんといっても裏面に描かれているカンガルーが非常に特徴的な金貨です。 このカンガルーの絵は毎年デザインが異なる事から、カンガルー金貨はコレクターから人気が高く、古銭買い取り業者の買取価格は金相場にプラスアルファの価値で取引されています。

>>>カンガルー金貨の詳細はこちら

パンダ金貨の価値と買い取り価格

パンダ金貨
鋳造年度:1982年~毎年発行
量目(重量):1,1/2,1/4,1/10,1/20トロイオンス(1トロイオンス=31.1g)
品位:金999(24金相当)
パンダ金貨は中国にて発行されている金貨ですが、その名の通り描かれたジャイアントパンダの絵が特徴的です。 このパンダ金貨に描かれたパンダの絵は、カンガルー金貨同様毎年デザインが変わります。限定的に5オンスや12オンスのパンダ金貨も発行されており、 古銭買い取り業者によるパンダ金貨の買取価格はメープル金貨に若干劣る価格が相場です。

>>>パンダ金貨の詳細はこちら

イーグル金貨の価値と買い取り価格

イーグル金貨
鋳造年度:1986年~発行
量目(重量):1,1/2,1/4,1/10(1トロイオンス=31.1g)
品位:金916,銅84(22金相当)
イーグル金貨はアメリカで1986年から発行されている地金型金貨の総称です。純金ではなく22金相当と、 地金型金貨の中では珍しい品位であり、価値に関しては少々複雑です。古銭買い取り業者の買い取り価格は22金の買い取り相場×重量が基準ですが、 コレクター用のプルーフ金貨であれば買い取り価格は高くなります。

>>>イーグル金貨の詳細はこちら

インディアン金貨の価値と買い取り価格

インディアン金貨
鋳造年度:1907年~
量目(重量):1/2,1/4,1/8(1トロイオンス=31.1g)
品位:金900,銅100(21.6金相当)
インディアン金貨はアメリカ合衆国で発行されている金貨です。 インディアン金貨の重量は三種類あり、それぞれで打刻されている絵が異なっているのが大きな特徴です。 古銭買い取り業者による買い取り価格は、およそ20金の金相場×重量が基準となりますが、1/2トロイオンスのもので大体60000円前後くらいです。

>>>インディアン金貨の詳細はこちら

ソブリン金貨の価値と買い取り価格

ソブリン金貨
鋳造年度:1817年~
量目(重量):7.98g
品位:金916,銅84(22金相当)
ソブリン金貨はイギリスにて発行される金貨ですが、地金型金貨ではありません。 しかし、トータルでの発行枚数が多い事から地金型金貨に準じた扱いで取引されています。 ですが、ソブリン金貨は種類が非常に多く存在し、価値に関しても一概には説明しづらいので、古銭買い取り業者に問い合わせて買い取り価格を確認する事をおすすめします。

>>>ソブリン金貨の詳細はこちら

バッファロー金貨の価値と買い取り価格

バッファロー金貨
鋳造年度:2006年~
量目(重量):1,1/2,1/4,1/10(1トロイオンス=31.1g)
品位:金999(24金相当)
バッファロー金貨が発行されたのは2006年と最近ですが、アメリカが初めて発行した純金貨です。 バッファロー金貨は表面にインディアン、裏面にバッファローが刻印されているのがの大きな特徴です。 純金の金貨ですので、価値は非常に高く、古銭買い取り業者による買い取り価格の相場もメイプル金貨と同等で取引されています。

>>>バッファロー金貨の詳細はこちら

ナゲット金貨の価値と買い取り価格

ナゲット金貨
鋳造年度:1986年~1989年
量目(重量):1,1/2,1/4,1/10(1トロイオンス=31.1g)
品位:金999(24金相当)
ナゲット金貨とはオーストラリアから発行されている地金型の金貨で、今はカンガルー金貨となっています。 図柄は表面にはエリザベス2世の肖像、そして裏面にはナゲット(金塊)が描かれています。 24金の金貨ですので価値はメープル金貨やカンガルー金貨と同等で、だいたい24金の買取相場-数百円×重量が目安として買い取りされます。

>>>ナゲット金貨の詳細はこちら

中国十二支金貨の価値と買い取り価格

中国十二支金貨
鋳造年度:1981年~
種類:100元,150元,200元,500元,1000元など
品位:22金、24金
中国十二支金貨とは中華人民共和国から毎年発行されている金貨です。 中国十二支金貨は地金型の金貨ですが「24金」と「22金」が存在しており、額面や図柄、形状なども年毎に異なるものとなります。 しかし近年発行された金貨のために年ごとのプレミアムはまだついていないものが殆どで、大半は地金の価格で買取されることとなるかと思います。

>>>中国十二支金貨の詳細はこちら

マン島キャット金貨の価値と買い取り価格

マン島キャット金貨
鋳造年度:1988年~2012年
量目(重量):1,1/2,1/5,1/10,1/25(1トロイオンス=31.1g)
品位:金999(24金相当)
マン島キャット金貨とはイギリス領のマン島から発行されている地金型金貨で、毎年異なる猫の図柄が採用されるためにコレクターからの人気も高い金貨です。現時点での価値はおおよそ地金の価格で買取されていますが、別で特別セットなども販売されているため需要が高ければ相場を上回る買い取り価格がつくことも稀にあります。

>>>マン島キャット金貨の詳細はこちら

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者の買取プレミアムはこちら
ページ上部へスクロール