古銭買い取り業者徹底比較!

イーグル金貨の価値と買い取り価格と概要

  1. イーグル金貨の価値と買い取り価格
金貨買い取りにおけるおすすめの買い取り業者を紹介します。

イーグル金貨の価値と概要

イーグル金貨
イーグル金貨とは、アメリカで1986年から発行されている地金型金貨の総称です。
表面には「自由の女神」、そして裏面には「イーグル(わし)の一家」が図柄に採用されており、そのうち一羽の鷲はオリーブの枝を加えています。

発行元はアメリカ造幣局で、量目は1、1/2、1/4、1/10の4種類が発行されています。
「イーグル金貨」の名称は今と昔で意味が少々違っており、昔はアメリカ政府が発行する10ドル金貨のことを指しましたが、現在では「1986年から発行されている金貨」の名称として用いられることが多いです。

イーグル金貨は純金ではなく金916の銅84で22金相当と、地金型金貨の中では珍しい品位であり、価値に関しては少々複雑です。
古銭買い取り業者の買い取り価格は22金の買い取り相場×重量が基準ですが、コレクター用のプルーフ金貨であれば買い取り価格は高くなります。
ちなみに22金は金の純度でいうとだいたい91~92%ほどに該当しますので、純金と比べると価値が少し下がってしまいます。

どうして純金ではなくあえて22金としたかというと、金の純度を下げて合金とすることで硬度や耐久性が上がり、レリーフなども綺麗な状態で保つことが出来るからです。
アメリカ合衆国の他に22金を採用している有名な地金型金貨は、南アフリカ共和国発行の「クルーガーランド金貨」そしてイギリスの「ブリタニア金貨」があります。
アメリカが発行している24金の地金型金貨には2006年から発行された「バッファロー金貨」があり、金の純度に重点を置く場合はそちらを選択する場合も多いようです。

しかし上記で少し述べたように、コレクター向けの収集品として発行された「プルーフ金貨」であれば地金の価格よりも買い取り価格は高くなります。
プルーフ金貨は両面が鏡面加工されている金貨のことで、通常のものよりも発行数が少ないために希少価値があるのです。
他、グレードによりけりですが鑑定済みのイーグル金貨も高い価値がついているものがありますので、もしイーグル金貨の買い取りを検討しているのであれば一概に地金のみの買い取り額で判断せず、複数社から相見積もりを取ることをお勧めします。

金貨の価値を簡単かつ正確に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明するのはあくまでも金貨の目安の価値と買い取り価格ですので、先に金貨の価値を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に金貨を査定してもらえます。

金貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに価値が明らかになります。

そして、金貨は状態によって価値が変動しますので、メール査定は状態も考慮した金貨の正確な価値を知る為にこの上ない程の最善の方法です!
特に、価値の高い金貨をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。 そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください♪

金貨をメール査定してもらうのにお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

査定におすすめの業者はトップページをご参考にしてください。

メールでの査定方法はこちらを参考にしてください。

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者の買取プレミアムはこちら
ページ上部へスクロール