古銭買い取り業者徹底比較!

「天保大判」の買取相場や価値・詳細、おすすめ古銭買取業者とは?

天保大判買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。
天保大判買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

天保大判の買取相場や価値、詳細をご紹介

天保大判の買取価格

天保大判とは、天保9年(1838年)から発行されていた大判で、発行枚数は僅か1887枚と非常に少なく、古銭買取においても希少価値がある大判です。

天保大判の買取相場は、大体150万円前後が基準ですが、墨書きが綺麗な状態で残っているものは、300万円以上の買取価格も期待できます。

天保大判は発行枚数が極めて少ない大判のため、収集用の参考品やレプリカ、あるいは偽物なども多く出回っています。 ですが、偽物の天保大判の場合でも、素材が金で出来ていれば買取価格がつく可能性があります。 例えば偽物の天保大判でも、もし純金で出来ていて、天保大判と重量が同一の約165gであれば、買取価格は60万円前後が期待できます。

そのため、真贋が分からない天保大判を売りたい場合でも、古銭買取業者へ一度問い合わせてみることをお勧め致します。

天保大判の概要と買取価値

天保大判とは?

「天保大判」とは、1838年6月から発行された大判です。たいていの大判は、吹き替え(改鋳)をきっかけに製造されますが、天保大判はそういった理由ではなく、大判座(大判を製造するところ)の財政難対策で発行されたといわれています。

天保大判は、その時代に発行されていた「享保大判」と、量目・品位がほぼ同じなため、「吹増大判(ふきましおおばん)」あるいは「吹継大判(ふきつぎおおばん)」とも呼ばれています。

天保大判の通用期間は、1838年(天宝9年)から1860年(万延元年)で、享保大判と並行して流通していました。
古銭買取においての天保大判の買取価値は、ものにもよりますが、享保大判よりも若干高額です。天保大判は発行数が少なく希少価値が高いので、あらゆる古銭の中でも、かなり高額な買取価格が期待できます。

天保大判の特徴とは

天保大判の金品位は、金674/銀283/その他43で、量目は165.4gでした。

天保大判の表面には「拾両・後藤」と墨書されています。墨書は後藤四郎兵衛家十六代方乗、十七代典乗の2代によるもので、形状はやや角ばった楕円となります。 享保大判と違い、天保大判だけは、極印の周りに円形の縁取りが見られます。表面の槌目が幅広なのも特徴です。

天保大判の裏面には、丸枠桐紋、亀甲桐紋、花押の極印と、左下には座人極印が打たれています。 全体の鋳造数は1887枚ですが、天保大判は裏面の極印で鋳造された時期や枚数がわかっています。

  • 1838年6月21日~8月28日・・・裏の極印「方・次・丘」2枚(見本として製造)、「伊・三・丘」243枚、「伊・文・丘」224枚、「伊・次・丘」154枚
  • 1838年9月26日~12月2日・・・裏の極印 不明 156枚
  • 1841年1月15日~12月21日・・・裏の極印「い・宇・川」および「は・宇・川」の計1,115枚

全ての発行枚数を合計しても1887枚なので、天保大判はそもそもの買取価値も非常に高い大判ですが、希少なものだと更に高い買取価格がつく可能性もあります。

古銭の買取価値を簡単かつ正確に知る方法

メール査定がおすすめ

このページで説明したのは、あくまでも「古銭の目安の価値と買い取り相場」ですので、先に古銭の買取価格を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です。
古銭は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、買取業者の問い合わせフォームから写真を添付して送ることで、簡単に買取価値が明らかになります。

そして、古銭は種類だけではなく、その状態によっても買取価値が大きく変動します。
実物を見てもらえるメール査定は状態も考慮した古銭の正確な価値を知る為に、この上ない程の最善の方法です!
特に、価値の高い古銭をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください。

古銭をメール査定してもらう方法やおすすめの古銭買取業者は、こちらを参考にしてください

今月のおすすめ業者!

ページ上部へスクロール