古銭買い取り業者徹底比較!

「万延大判」の買取相場や価値・詳細、おすすめ古銭買取業者とは?

万延大判買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。
万延大判買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

万延大判の買取相場や価値、詳細をご紹介

万延大判の買取価格

万延大判は、1860年~1862年にかけて、通貨として発行された大判です。 万延大判は2年しか鋳造されなかったため、製造枚数は17097枚に留まります。さらに、明治維新とともに鋳潰されてしまったため、あらゆる古銭の中でも希少価値はかなり高い方です。

古銭買取における万延大判の買取相場は、1枚辺り大体50万円~100万円前後の買取価格が基準になります。 真ん中にある”墨書”の状態が良く、摩耗も少なく綺麗に保たれている万延大判であれば、一枚で200万円以上の買取価格も期待できるようになってきます。

ただ、その希少価値の高さゆえ、江戸時代に発行されてきた大判や小判においては、鑑賞用の参考品・あるいは偽物が数多く作られてきたのも特徴です。
けれども、万延大判の偽物であっても「素材が金で出来ている偽物」なら買取価値がつく可能性があります。 例えば、本物の万延大判と同重量で、かつ純金で出来ていた万延大判の偽物の場合、金の買取相場に基づき、40万円前後の買取価格も期待できるようになります。

また、大判には精巧な偽物が多いことから、鑑定書が付属されている本物だと、買取相場は大きく上昇します。

万延大判の買取価値と概要

万延大判とは?

万延大判とは、万延元年(1860年)3月に発行された大判で、「新大判」とも呼ばれます。日本で最後の大判となりました。

これまで通貨としての目的で初めから作られた大判はなかったのですが、この万延大判は最初から”通貨としての目的”で作られました。 万延大判は、通貨としては明治維新の直前まで、大体1874年(明治7年)の9月末まで通用していました。

1874年(明治7年)になると、明治維新によって明治新政府が日本を統治するようになり、これまでの貨幣制度が大きく変わりました。 明治新政府は「旧金銀貨幣価格表」を発表し、江戸時代に使われていた古銭や大判・小判を回収し、新しい貨幣の材料にしていきました。 そのため、現在残っている大判類は、明治維新の際に政府へ提出されなかった大判の生き残り、ということになります。 そうした点も、大判の希少価値を裏付ける歴史的なポイントとなり、古銭買取においてもかなり高い買取価格が期待できます。

万延大判は、他の大判と比べると金の品位が低く、含有量は全体の36%前後しか含まれていません。 ですが、これまでは大判一枚あたり44匁を基準としてきた量目が設定されてきましたが、万延大判の時代になると大幅に引き下げられて、大判一枚あたり30匁に落ち着きました。

万延大判は、日米和親条約で自由化された交易により、小判が大量に海外へ流出したことを受け、これまでよりも金の含有量を減らした貨幣を作るために行なわれました。 しかし、改鋳によって貨幣が増加し、海外へ良質な品物が輸出されたことから激しいインフレとなってしまいました。

万延大判の特徴とは

万延大判の表面には「拾両後藤」の花押が墨書されています。これは後藤十七代典乗の書です。 万延大判の外見は、今までの大判と同じように角ばった楕円形ですが、これまでよりも量目(重さ)がぐっと引き下げられています(165g→112g)。 金の品位は金364/銀630/雑6と、こちらも大幅に引き下げられました。

万延大判の表面は、鏨(たがね)目のものと、熨斗(のし)目のものと2種類が見られ、熨斗目のほうが現存量が多いです。 (鏨目は大判表面の刻みが平行に並んでいますが、熨斗目は刻みが互い違いになっています)

万延大判の裏面は、鋳造年によって刻印が異なります。

  • 1860年3月23日~4月25日発行の万延大判…鏨目で「恒・宇・吉」および「伊・宇・き」 合計854枚
  • 1860年4月29日~1861年7月10日発行の万延大判…熨斗目で「吉・宇・き」および「吉・安・大」合計9,491枚
  • 1861年7月11日~12月24日発行の万延大判…鏨目に戻り、「吉・宇・き」4,565枚、「吉・安・大」2,187枚
万延大判は、墨書や状態の良し悪しだけでなく、その希少価値によっても買取相場が変わってきますので、大判買取の際には、専門性が高い古銭買取業者の利用をおすすめ致します。

古銭の買取価値を簡単かつ正確に知る方法

メール査定がおすすめ

このページで説明したのは、あくまでも「古銭の目安の価値と買い取り相場」ですので、先に古銭の買取価格を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です。

古銭は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、買取業者の問い合わせフォームから写真を添付して送ることで、簡単に買取価値が明らかになります。

そして、古銭は種類だけではなく、その状態によっても買取価値が大きく変動します。
実物を見てもらえるメール査定は状態も考慮した古銭の正確な価値を知る為に、この上ない程の最善の方法です!
特に、価値の高い古銭をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください。

古銭をメール査定してもらう方法やおすすめの古銭買取業者は、こちらを参考にしてください

今月のおすすめ業者!

ページ上部へスクロール