古銭買い取り業者徹底比較!

穴銭の1種「和同開珎」の買取相場と概要とは?

和同開珎買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。
和同開珎買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

和同開珎の特徴/買取相場と詳細について

和同開珎

和同開珎とは708年8月29日(和銅元年8月10日)に、日本で鋳造・発行された銅銭です。「わどうかいほう」あるいは「わどうかいちん」と読み、所説ありますが、日本で初めて流通した貨幣だと言われています。

昔々、現在の埼玉県秩父市黒谷で純度の高い自然銅が発見され、朝廷に献上されました。 当時は「熟している」「柔らかい」ことを「和」と表現したため、熟して柔らかく、扱いやすい純銅を「和銅」と呼びました。
和銅が発見されたことを記念して年号が「和銅」となり、その名前をつけた銅銭が作られたと言われています。それが、今回ご紹介の「和同開珎」です。

しかし、当時の日本ではまだまだ物々交換が主な流通手段であったため、和同開珎は、貨幣としては近畿周辺以外ではあまり流通しませんでした。 また、自然銅が発見されただけで年号が変わってしまうほどに銅が貴重だったので、和同開珎の流通量自体もそれほど多くなかったという説もあります。
その後、延暦15年(796年)に、4年後をめどに和同開珎の流通を停止する命令が出されましたが、実際に停止できたのは大同2年(807年)のことでした。とは言え、情報の流れがゆっくりだった昔のことですから、和同開珎が完全に流通しなくなったのは大体9世紀半ば頃だとされています。

和同開珎の買取相場と詳細

和同開珎は、直径24mmの円形の銅銭で、中央には正方形の穴がうがたれています。表面には上右下左の順に「和同開珎」と文字が鋳込まれています。 これは、621年に唐(現在の中国)で発行された開元通宝の形に倣っています。
和同開珎の額面は1文ですが、当時は1文で米が2kg買えたと言われていますので、そこそこの価値のある銅銭ですね。

和同開珎は現代においても、価値が高い穴銭として知られています。日本で初めての流通貨幣であること、そして歴史の授業などで習ってきたことからネームバリューがあり、収集家からも高く評価されているためです。 ですが、和同開珎には様々な手変わりがあり、分類も多いことから、それぞれで価値も細分化されています。(大まかな手変わりでも、大体12種類くらいに分けることが出来ます)

和同開珎は、材質や製作方法、書体などの違いによって、「古和同開珎」「新和同開珎」の2種類に分けることが出来ます。

  • 材質がもろく、製造方法もあまり発達していなかった時代のものを「古和同開珎」と分類。銀銭・銅銭の2種類があります。
  • 材質が固く、書体も均一なものを「新和同開珎」と呼び、通常、和同開珎といえばこの新和同開珎の方を指します。新和同開珎には、銅銭のみしかありません。
「古和同開珎」「新和同開珎」でいえば、平均的な買取相場は古和同開珎の方が高く、物によっては200万円以上の買取価格が付くものもあります。

和同開珎の買取相場は、最も希少価値が薄い「標準銭」と呼ばれる中字のものでも、一枚あたり大体10万円前後の買取価格が期待できます。 物によっては更なる高価買取も期待でき、例えば、新和同開珎の「三つ跳」と呼ばれる、和同珎の三字の末端が跳ねており、文字が大き目になっている手変わりがあります。 この三つ跳の和同開珎だと、買取相場は100万円前後まで上昇します。

ただ、和同開珎は鋳造からとても長い年月が経っている古銭で、今までの保存状態も様々であったため、買取価格の差は非常に大きくなっています。 銭体の状態や種類なども見分けるのが困難ですので、和同開珎の正確な買取価値を判断されたい場合は、古銭の買取業者へ写真付きで質問されてみることをお勧めします。

古銭の買取価値を簡単かつ正確に知る方法

メール査定がおすすめ

このページで説明したのは、あくまでも「古銭の目安の価値と買い取り相場」ですので、先に古銭の買取価格を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です。
古銭は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、買取業者の問い合わせフォームから写真を添付して送ることで、簡単に買取価値が明らかになります。

そして、古銭は種類だけではなく、その状態によっても買取価値が大きく変動します。
実物を見てもらえるメール査定は状態も考慮した古銭の正確な価値を知る為に、この上ない程の最善の方法です!
特に、価値の高い古銭をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください。

古銭をメール査定してもらう方法やおすすめの古銭買取業者は、こちらを参考にしてください

今月のおすすめ業者!

ページ上部へスクロール