古銭買い取り業者徹底比較!

穴銭の1種「慶長通宝」の買取相場と概要とは?

慶長通宝買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。
慶長通宝買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

慶長通宝の特徴/買取相場と詳細について

慶長通宝

今回は、有名な穴銭のひとつ「慶長通宝」についてご紹介していきます。
慶長通宝は、素材は銅で出来ている穴銭で、直径は23.5mm前後の事が多く、表面には上下右左の順に「慶長通寶」と刻印されており、中央には正方形の穴が打たれています。 裏面には何の文字も刻印されていません。(これを”無紋”といいます。)

また、慶長通宝は2つのタイプがあり、1つは字もはっきり刻印された良質なもの、もう1つはやや小型、刻印された文字がハッキリしないことから「永楽通宝の文字を削り、「慶長」を無理やり刻印しなおしたいわゆる「変造硬貨」と言われています。 前者の「はっきり刻印された良質な」慶長通宝は”大字”とも呼ばれるタイプで、幕府で製造された鋳型によって鋳造された物になります。
良質なものは銅でできていますので磁石につきませんが、出来の悪いほうは磁石につきますので、銅以外のものが混ぜられていると考えることが出来ます。

慶長通宝の買取相場と詳細

慶長通宝の買取相場は、大体5000円~2万円ほどが期待できますが、状態や刻印の鮮明さによって、価値に大きな開きが出てきます。 私の場合は買取業者の方がかなり頑張ってくれ、12000円で買取して貰うことが出来ましたが、慶長通宝の状態があまりにも悪いと、値段がつかないことも珍しくないそうです。 もしくは「コレクション用に磨いている」古銭となると、値打ちが下がってしまい、買取価格も低くなってしまいます。

また、慶長通宝には「宝頂星」と呼ばれる”「寶」のウ冠の1画目が通常品より長い”ものがあり、そうなると1枚あたり5~7万円の買取価格がつくこともあるそうです。

日本では平安時代から江戸時代にかけて、中国から輸入した銅銭である永楽通宝を通貨として使っていました。 徳川家康が江戸幕府を開いたとき、貨幣を日本全体で統一しようとし、銅銭も国内で作ることになりました。そこで作られたのがこの「慶長通宝」です。

ですが当時の鋳造記録がきちんと残っていないため、慶長通宝について詳しいことはあまりわかっていませんので、ここで紹介する以上に高価買取が期待できるお宝慶長通宝が存在するかも知れませんね。

慶長通宝は慶長11年(1606年)に鋳造が開始され、その2年後、慶長13年(1608年)には、一世代前の古銭である”永楽通宝”の使用を禁ずる法令を出しました。 さらに、翌年には金1両 = 銀50匁 = 永楽通宝1貫文(一貫=1000) = 「京銭(きんせん)」4貫文の交換比率が定められていることから、この 「京銭(きんせん)」が慶長通宝のことを指すという説があります。

とはいうものの、いきなり多くの銅銭を作れるわけではなく、事実上「永楽通宝使用禁止」は不可能であったとされています。

古銭の買取価値を簡単かつ正確に知る方法

メール査定がおすすめ

このページで説明したのは、あくまでも「古銭の目安の価値と買い取り相場」ですので、先に古銭の買取価格を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です。
古銭は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、買取業者の問い合わせフォームから写真を添付して送ることで、簡単に買取価値が明らかになります。

そして、古銭は種類だけではなく、その状態によっても買取価値が大きく変動します。
実物を見てもらえるメール査定は状態も考慮した古銭の正確な価値を知る為に、この上ない程の最善の方法です!
特に、価値の高い古銭をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください。

古銭をメール査定してもらう方法やおすすめの古銭買取業者は、こちらを参考にしてください

今月のおすすめ業者!

ページ上部へスクロール