古銭買い取り業者徹底比較!

穴銭の1種「寛永通宝」の買取相場と概要とは?

寛永通宝買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。
寛永通宝買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

寛永通宝の特徴/買取相場と詳細について

寛永通宝

「寛永通宝」とは、寛永13年(1636年)に創鋳され、幕末まで鋳造され続けた古銭です。 江戸時代には多くの古銭類が作られ、そして姿を消していきましたが、寛永通宝は江戸幕府が倒されても長きに渡って使われ続け、明治30年頃まで通用していました。

江戸幕府が成立した頃、日本での銅銭は主に「永楽通宝」が使われていました。 室町時代から200年余りの、長きに渡って使われ続けてきた永楽通宝ですが、実は関東近辺でしか使われておらず、関西方面では「京銭」と呼ばれる、出来の悪い銅銭が使われていました。

そのため、江戸幕府は銅銭を日本で統一することを決め、寛永通宝の鋳造が行なわれることになりました。 銭座(古銭を作っていたところ)は全国各地に設けられ、寛永通宝は瞬く間に、庶民の銅貨として親しまれることになったのです。

寛永通宝のうち、万治2年(1659年)までに鋳造されたものを古寛永(こかんえい)と呼び、寛文8年(1668年)以降に鋳造されたものを新寛永(しんかんえい)と呼びます。 ですが、長きに渡って発行され続けた古銭のため、寛永通宝の種類は数百種類もが確認されています。
寛永通宝は長期間にわたって鋳造されたことから、活字のわずかな差異や貨幣の色合いの違いなどで、非常に細かく分類されています。

香川県観音寺市には「寛永通宝」の砂絵である「銭型砂絵」があり、人気の観光スポットとなっています。 また、2010年から観音寺市内の登録されたお店では、寛永通宝を実際の通貨として使うことができます。(銅一文銭=30円で使用できます。)

寛永通宝の価値や買取相場

寛永通宝の種類は実に数百種にも及び、それぞれで買取価値も細分化されています。 観音寺市内寛永通宝を実際の通貨に見立てて支払いが出来るお店もあるほどで、一見希少価値はなさそうに思われますが、実は寛永通宝の中には価値が100万円以上のものも存在しています。

寛永通宝の有名なプレミア品として「島屋文」が知られていますが、文字が通常の寛永通宝より深く彫られている点、そして寛永通宝の”通”の頭部分が”ユ”になっています。 ですが、見分けるのは通常品と比較しない限り困難ですし、島屋文の中でも、例えば”島屋文小頭通”や”細縁”などの手代わりも存在します。
そのため、寛永通宝の正確な買取価値を判断するためには、買取業者へ直接問い合わせてみる事を強くお勧め致します。 ちなみに、本物の寛永通宝・島屋文でコンディションの良い品であれば、買取相場は1枚で5万円以上も期待できるようになります。

今回は、寛永通宝の有名なプレミア品として「島屋文」をご紹介しましたが、これ以上の買取価格がつくレアな寛永通宝も沢山あります。

寛永通宝の概要や詳細、特徴など

寛永通宝の大きさはおおよそ24~25㎜、重さは3.5gほどです。ですが、寛永通宝の発行年代によって大きさは若干異なります。
円形で中央に正方形の穴がうたれ、表面には上下右左の順に「寛永通寶」と刻印されています。材質は銅・鉄・真鍮のもの等があります。

また、寛永通宝には、裏面に文・元・足・長・小・千・久・盛などといった文字(多くの場合1文字)が表記されているものや、波型の文様が刻まれているものもあります(四文銭)。 文字は多くの場合、鋳造された地名の一文字を示し、他には鋳造期間を指すものもあります。 例えば「足」が刻印された寛永通宝は、足尾銅山から産出された銅で作られているため「足字銭」とも呼ばれています。

古銭の買取価値を簡単かつ正確に知る方法

メール査定がおすすめ

このページで説明したのは、あくまでも「古銭の目安の価値と買い取り相場」ですので、先に古銭の買取価格を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です。
古銭は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、買取業者の問い合わせフォームから写真を添付して送ることで、簡単に買取価値が明らかになります。

そして、古銭は種類だけではなく、その状態によっても買取価値が大きく変動します。
実物を見てもらえるメール査定は状態も考慮した古銭の正確な価値を知る為に、この上ない程の最善の方法です!
特に、価値の高い古銭をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください。

古銭をメール査定してもらう方法やおすすめの古銭買取業者は、こちらを参考にしてください

今月のおすすめ業者!

ページ上部へスクロール