古銭買い取り業者徹底比較!

穴銭の1種「細倉当百」の買取相場と概要とは?

穴銭買い取りにおけるおすすめの買取業者を紹介します。

細倉当百の特徴/買取相場と詳細について

細倉当百

細倉当百は、文久3年(1863年)に仙台藩の細倉鉱山(現:宮城県栗原市)の鉱山の中での取引のために発行された、鉛製の大型貨幣です。
その鉱山で働いていた人は、給金として細倉当百を支払われ、鉱山内で用いる日用品を細倉当百で購入することができたのです。 貨幣価値としては、細倉当百一文で百文に相当しました。細倉当百の”当百”とは、「百文に相当する」という意味だったのです。

細倉当百は、鉱山内で使うために作られた穴銭でしたが、実際には鉱山の地元の栗原郡だけではなく、登米郡・磐井郡でも流通していたことが確認されていて、かなり広範囲にわたって流通したことが分かっています。

幕末期、東北地方は冷害や飢饉に苦しむことが度々あったのですが、鉱山が多いので金属資源は多かったことから、藩内だけで通用可能な地方貨幣が数多く作られました。幕府の正式な許可を得た地方貨幣もあったのですが、それは一部の話で、他の多くは密造だったと言われています。

細倉当百の買取相場と詳細

一般の銅銭、たとえばこの時代に流通していた寛永通宝などは、大きさはおよそ2.3センチ・重さは3.7~2.6グラムでしたが、細倉当百は6.1センチ・175グラムもあります。 他の穴銭とは類を見ないほどの大型貨幣として知られ、重さは約168g~180gにも至ります。

細倉当百の形は、角の丸い正方形で、中央には正方形の穴がうがたれています。 表面には、右左上下の順に「細倉當百」と刻印されています。一般の銅銭は「上下右左」の順に刻印されることが多いですね。
裏面には、藤原秀衡の花押を模したとされる「秀」の字が下部に刻印されています。 奥州藤原氏の栄華と北上山地から産出された金の財力が結び付けられ、鉱山の発展を願って裏面に「秀」と刻印されたとされています。

細倉当百の相場は、状態が良いものであれば80000円以上で取引されることもある、高い価値のある古銭です。
ですが、細倉当百は1863年とかなり昔に発行された穴銭ですので、買取される細倉当百の中には、状態があまり良くないものも多くあります。 そのため、細倉当百の平均的な買取相場となると、大体1万円から2万円前後までが期待できます。

古銭の買取価値を簡単かつ正確に知る方法

メール査定がおすすめ

このページで説明したのは、あくまでも「古銭の目安の価値と買い取り相場」ですので、先に古銭の買取価格を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です。
古銭は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、買取業者の問い合わせフォームから写真を添付して送ることで、簡単に買取価値が明らかになります。

そして、古銭は種類だけではなく、その状態によっても買取価値が大きく変動します。
実物を見てもらえるメール査定は状態も考慮した古銭の正確な価値を知る為に、この上ない程の最善の方法です!
特に、価値の高い古銭をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください。

古銭をメール査定してもらう方法やおすすめの古銭買取業者は、こちらを参考にしてください

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者のスピード買取はこちら
ページ上部へスクロール