古銭買い取り業者徹底比較!

穴銭の1種「秋田鍔銭」の買取相場と概要とは?

穴銭買い取りにおけるおすすめの買取業者を紹介します。

秋田鍔銭の特徴/買取相場と詳細について

秋田鍔銭

秋田鍔銭とは”あきたつばせん”と読み、文久3年(1863年)久保田藩主の佐竹義堯の刀の鍔を模して鋳造したといわれる銅銭です。 裏面に八卦の文様が刻印されているものもあり、八卦銭とも呼ばれます。

これまで古銭の製造は幕府の管轄で行っていたのですが、幕末には全国的に貨幣が不足し、事態を収束させるため「地方で独自の貨幣を作っても良い」と定め、申請のあった藩に許可を出し、様々な地方貨幣が生まれました。 今回ご紹介の「秋田鍔銭」もそのひとつで、秋田藩は鉱山資源に恵まれたため、4種類もの銅銭を作ることが出来ました。
ですが、こちらの秋田鍔銭は公式な資料が残っていないので、詳細は不明な点が多い穴銭です。

また、同時期に幕府が公式に流通させていた銅銭を「天保通宝」といいます。ですが、天保通宝は非常に密鋳の多かった古銭としても知られています。 貨幣を1枚鋳造するのにかかるコストが、大体5~6文分だったのにもかかわらず、額面が10文に設定されていましたから、密造すればするほどに儲かったわけです。 偽造された天保通宝は、おおよそ2億枚近いともされています。

この秋田鍔銭は、公式な資料が残っていないこと、そして天保通宝とも銅質が非常に似ていることから、天保通宝密造の偽装工作だとする説もあります。

秋田鍔銭の買取相場と詳細

秋田鍔銭は、刀の鍔を模した形をしています。全体は丸みを帯びた四角形ですが、中央にうがたれた穴が細長いことが特徴的です。(一般の穴銭は、だいたい穴は正方形になっています。)
秋田鍔銭重さは45~56グラム、縦53ミリ、横48ミリのサイズで、銅特有の赤褐色です。

表面には雌雄の鳳凰・もしくはこの地方名産の比内鶏の模様が刻印されています。鳳凰の尾の長さが微妙に異なっており、その長さによって「長尾」「中尾」「短尾」に分けることが出来ます。 この中では「長尾」が最も多いとされており、鳳凰の尾が周囲の円のふちどりに触れるほどに長いのが特徴です。 他にもヤスリで仕上げた「肥紋」や、表面を滑らかに仕上げた「美制」と呼ばれるものもあります。

買取価値が高い秋田鍔銭としては、「中尾」のものが挙げられ、他の秋田鍔銭が大体25000円前後の取引価値なのに比べ、中尾の秋田鍔銭だと、65000円前後の取引価値に上ることもあります。 買取価格は取引価格よりも低いことが一般的ですが、それでも中尾の秋田鍔銭だと高い買取価格も十分期待できそうです。

ですが、明らかに尾が長い「長尾」だと見分けるのも容易いのですが、「中尾」「短尾」となると、見分ける事も困難になってきます。 そのため秋田鍔銭を買取してもらう前は、一度査定段階で鑑定をしてもらうか、あるいは古銭買取業者で写真付きメールで質問されてみることををおすすめします。

古銭の買取価値を簡単かつ正確に知る方法

メール査定がおすすめ

このページで説明したのは、あくまでも「古銭の目安の価値と買い取り相場」ですので、先に古銭の買取価格を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です。
古銭は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、買取業者の問い合わせフォームから写真を添付して送ることで、簡単に買取価値が明らかになります。

そして、古銭は種類だけではなく、その状態によっても買取価値が大きく変動します。
実物を見てもらえるメール査定は状態も考慮した古銭の正確な価値を知る為に、この上ない程の最善の方法です!
特に、価値の高い古銭をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください。

古銭をメール査定してもらう方法やおすすめの古銭買取業者は、こちらを参考にしてください

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者のスピード買取はこちら
ページ上部へスクロール