古銭買い取り業者徹底比較!

大阪万博記念硬貨(expo70)の価値と買取価格と概要

  1. 大阪万博記念硬貨の価値と買い取り価格
記念硬貨買い取りにおけるおすすめの買取業者を紹介します。

大阪万博記念硬貨の価値と概要

大阪万博記念硬貨

大阪万博記念硬貨とは1970年に開催された日本万国博覧会を記念して発行された記念硬貨で、種類は100円硬貨の1種類のみとなります。 発行日は開催日の5日前となる1970年3月10日、そして同年7月9日に追加発行も行われました。

デザインは葛飾北斎が描いた富嶽三十六景のうち一つである「赤富士」、裏面には万博のマークと地球儀が描かれており、浮世絵をデザインした日本らしい装飾で話題を呼びました。 素材は銅とニッケルの合金で出来ており、比率は銅750/ニッケル250となっています。

大阪万博記念硬貨(日本万国博覧会記念100円白銅貨)の価値ですが、現在はおよそ1000円前後、買い取り価格となると200~500円程度というところです。 これは当時の発行枚数が4000万2052枚と極めて多く、現在でもそれほど希少性は上がっていないためです。 現在でも比較的入手しやすい記念硬貨のため、コレクターの入門編としても人気がある記念硬貨です。

しかし、大阪万博記念硬貨は単品でなくセットで販売されたものもあり、価値が非常に高くなっています。
大阪万博記念貨幣セットは僅か7000個しか発売されなかったために希少価値が高く、こちらの価値であれば3~4万円ほどを見込むことが出来ます。
大阪万博記念硬貨は東京オリンピック記念硬貨に次いで日本で2番目に発行された記念硬貨であり、記念貨幣セットは初めての発行となりました。

海外へ向けて発行されたミントセットも5000円程度の価値があり、買取価格も状態が良ければ2000~3000円は期待できそうです。 こちらはビニールパックに密閉されたセットで表紙がついており、発行数は記念貨貨幣セットよりも少し多く26000部が販売されました。

大阪万博はアジアで初めて開催された国際博覧会であり、当時最大の規模を誇っての華やかな出来事となりました。 東京オリンピックに次ぐ大規模な国家プロジェクトであった大阪万博は多くの企業や芸術家達が参入し、一部の施設やシステムは万博後に一般的に普及し、私たちの生活を更に豊かなものへと成長させました。

記念硬貨の価値を簡単かつ正確に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明するのはあくまでも記念硬貨の目安の価値と買い取り価格ですので、先に記念硬貨の価値を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に記念硬貨を査定してもらえます。

記念硬貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに価値が明らかになります。

そして、記念硬貨は状態によって価値が変動しますので、メール査定は状態も考慮した記念硬貨の正確な価値を知る為にこの上ない程の最善の方法です!
特に、価値の高い記念硬貨をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。 そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください♪

記念硬貨をメール査定してもらうのにお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

査定におすすめの業者はトップページをご参考にしてください。

メールでの査定方法はこちらを参考にしてください。

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者の買取プレミアムはこちら
ページ上部へスクロール