古銭買い取り業者徹底比較!

穴銭の1種「金円世宝」の買取相場と概要とは?

穴銭買い取りにおけるおすすめの買取業者を紹介します。

金円世宝の特徴/買取相場と詳細について

金円世宝

15世紀、琉球王朝は独自の貨幣を鋳造していました。 1400年ごろ、琉球は山北・中山・山南の3国が覇権争いをしており、通称「三山時代」と呼ばれる時代でした。 この3国は長年争っていましたが、山南の王朝に属していた尚巴氏が立ち上がり、1406年に中山を、1416年には北山を滅ぼし、1429年には3国の統一を果たしました。それが”琉球王国”の誕生です。

琉球王国で発行された穴銭である「大世通宝」「世高通宝」、そして今回ご紹介する「金円世宝」を、合わせて”琉球三世銭”と呼ぶこともあります。
琉球王国は中国などの東アジアと貿易を行っており、その地自体が貿易の中継点として機能していましたが、だんだん貿易に使われた穴銭が不足していきます。 その穴銭の不足を補うために発行されたのが「大世通宝」で、やがて王が変わり、次に「世高通宝」が発行されます。

そして再び王が変わり、また別の穴銭が発行されるようになりました。その穴銭が、今回ご紹介の「金円世宝」です。

金円世宝の買取相場と詳細

1469年に貿易品収蔵庫の長官だった内間金丸が、王朝を倒しました。 そして金丸は名を尚円とし、琉球の王になりました。
以降は、琉球王国の歴史の中では「第二尚氏王朝」と呼ばれていた時代に入り、琉球王国が最も栄えていたときになります。 その尚円が鋳造させた貨幣が「金円世宝(金圓世宝)」です。

金円世宝の直径は26.5mm前後、重さは約4gで、中央には円形の穴が穿たれています。上下左右に「金圓世寶」と記されていて、裏面は無紋です。

金円世宝は、琉球三世銭(大世通宝・世高通宝・金円世宝)の中では最も価値が高く、一枚あたり大体1万円前後の買取価格も期待できます。 価値は状態によって大きくぶれますが、良いものでは3万円ほどの値で取引されていることもあり、高価買取も十分期待できる穴銭です。

古銭の買取価値を簡単かつ正確に知る方法

メール査定がおすすめ

このページで説明したのは、あくまでも「古銭の目安の価値と買い取り相場」ですので、先に古銭の買取価格を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です。
古銭は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、買取業者の問い合わせフォームから写真を添付して送ることで、簡単に買取価値が明らかになります。

そして、古銭は種類だけではなく、その状態によっても買取価値が大きく変動します。
実物を見てもらえるメール査定は状態も考慮した古銭の正確な価値を知る為に、この上ない程の最善の方法です!
特に、価値の高い古銭をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください。

古銭をメール査定してもらう方法やおすすめの古銭買取業者は、こちらを参考にしてください

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者のスピード買取はこちら
ページ上部へスクロール