古銭買い取り業者徹底比較!

古銭を高価買取してもらう絶対法則!
簡単な対策で古銭は高く売れる!

  1. 古銭を高く売るコツ
古銭買い取りにおけるおすすめの買取業者を紹介します。

古銭買い取りにおいて古銭を高く売るコツとは

業者の比較は重要です!

古銭を高く売る為のコツは非常に簡単です!

複数業者で必ず相見積もりをとる!

これを実践するだけです。

古銭に限らず買い取りにおいて、【高く売る為に相見積もりをとる】という事は買い取りの基本テクニックですが、 古銭買い取りのコツとして相見積りを紹介する次の理由があります。

古銭買い取りは業者選びの重要性が特に高い

これには古銭という品物の特殊性からくる理由があります。
古銭の買い取りにおいては相見積もりが特に重要という理由は次の二つが挙げられます。

  • 1:古銭は販売経路の確保が非常に難しい
  • 2:古銭は【査定は簡単だが鑑定が難しい】

この二点について少し詳しく説明します。

まず、業者が品物を高価買い取りする為に必要なのは【優秀な販売経路の有無】が重要です。

買い取り業者は、お客から買い取った品物をすぐに転売する事で利益を上げる、いわば【せどり商売】です。 買取業者は高く速やかに転売する為に、独自の販売ルートを必ず確保しています。
つまり、高く再販できるルートがなければ、当然買取価格も低くなります。

古銭を安定して高く売れる販売経路の確保は非常に難しい為、ブランド商品などと比べて、高く売る為に相見積もりを取る必要性が必然的に高くなります。

そして、古銭は【査定は簡単だが鑑定が難しい】という事についてです。

実は、【古銭の査定は画像を確認するだけで可能】です。
ブランド品等は、細かな状態の確認等で実物査定が必須ですが、古銭では中古しか存在しないという性質上、実物査定は不要な為、査定をするだけなら非常にお手軽に可能なのです。

ですが、古銭を正確に鑑定する事は別問題、知識と経験が必要不可欠です。
例えば、古銭に打刻されている【文字の跳ね方】が少し変わるだけで価値が大きく変わりますが、これは優秀な査定員でなければ鑑定はできません。

正確な鑑定ができなければ当然古銭の買い取り価格は下がりますし、古銭の種類にあった優秀な販売ルートを持っていない場合も買い取り価格はかなり安くなります。
実際に、私は全く同じ古銭で1000円の査定と10万の査定をする業者に出会いました。

古銭は大手業者でも買い取り価格が非常に不安定な為、相見積もりが特に重要なのです。
ですが、幸いなことに古銭は非常に簡単に相見積もりが可能です。
古銭の相見積もり方法も下部で説明しますので、是非参考にしてください!

一方で、ブランド品といった品物の場合、相見積もりの必要性は実は高くありません。
買い取り業者にとっては販売経路の確保は容易であり、査定自体も簡単なので、スピード買取やブランディアといった 大手買い取り業者であれば大体似たような買い取り価格になるからです。

もちろん相見積もりをとるに越したことはありませんが、価格差が少ないにも関わらず、手間を考えれば必要性は薄いと言えるのです。

古銭の相見積もりを取る方法

メール査定が有効

では早速、古銭における相見積もりの簡単な方法を教えます。

複数社に画像をつけてメール査定を依頼する

古銭はこれだけで正確な相見積もりが可能なのです!

例えば、綺麗な中古のロレックスを売ろうとしたとします。
この場合、品番等の情報と写真を送ればある程度の査定価格を教えてもらえるでしょう。

ですが、腕時計の場合、実物査定からが本番です。
実物査定で明らかになった細かな傷の有無で買い取り価格は数万単位で簡単に下がります。
要は、実物査定でイチャモンを付けてメール査定よりも価格を下げるという事が可能なのです。

私も実際に腕時計を売ったことがありますが、実物査定で金額は大きく下がりました。

一方で、古銭の場合はメールで写真を送ればかなり正確な査定が可能です。
古銭は基本的に新品が存在しないため、状態によって買い取り価格はもちろん上下しますが、実物査定でしか分からないような細かな傷や劣化に関してはかなり寛容なのです。

古銭は実物査定が不要と言えるので、メールで正確な査定が可能なのです。

では具体的に相見積もりの方法を見ていきましょう

  • 1:古銭の両面の写真をとる。
    ※スマートフォンでぶれないように写真をとれば大丈夫です

  • 2:気になる買い取り業者のサイトから問い合わせをする
    ※画像が添付できない場合は、問い合わせでメールアドレスを聞いて送りましょう

  • 3:返信を待ち、査定価格の高いところで依頼する。
    ※全ての査定の連絡が返ってくるまでゆっくり待って大丈夫です。

たったこれだけです
写真は使いまわしができるので、一社に送った後は同じ画像を添付してメール査定を依頼するだけで相見積もりが 取れるので非常に簡単なのです。

ですが、大量の古銭の買い取りを依頼する場合は少々面倒です。
正直、数十枚の古銭の両面を一枚一枚撮影して添付するのは非常に億劫です。
この場合は量によって変わりますが、次の二つの方法をおすすめします。

1:解像度の高いカメラで複数の古銭を並べて撮影するという方法
古銭の両面が確認できれば査定が可能ですので、解像度の高いカメラで並べて撮影しましょう。
これも、スマートフォンのカメラで一番解像度の高い設定で大丈夫です。

2:2~3社に出張査定を依頼する方法
自宅に呼んで直接査定をしてもらうという事ですが、出張買取は少々注意が必要です。
最も注意すべき点は悪徳業者に当たらないという事です。
そして、業者の押しに負けて他社と比較する前に買い取りを依頼する事です。

買取業者は基本的に押しがやはり強いので、一旦断る意志はきちんと示しましょう。
別に一度断ったとしても、後日宅配にて買取を依頼する事も可能ですので、全ての買取業者に出張査定をしてもらった後にゆっくり決めても大丈夫です。

買い取り価格はすぐには変わりませんし、宅配キットも郵送料も大体の業者は無料ですので、安心してください。トップページでおすすめの古銭買い取り業者をランキング形式で紹介していますので、 併せてご参考にしてください♪

買い取りにおける古銭の特徴の補足

古銭という品物の特徴について、少々補足しておきます。

査定自体は簡単だが、鑑定が難しい

上記でも説明しましたが、古銭は知識のある査定員であれば画像だけで正確に査定可能ですが、 古銭の正確な鑑定は知識がない人には絶対にできません!

例えば【寛永通宝】という穴銭が2枚あるとします。
昔の日本では、穴銭や古金銀を鋳造する場所がいくつかに分かれていたので、【同じ寛永通宝】でも鋳造された場所によって微妙な違いがあります。
例えば【寛】という漢字の「払い棒」や「跳ね方」が少し長いといった違いがあり、それだけで実は買い取り価格は変わってきます。

寛永通宝に限らず昔に鋳造された古銭は穴銭であれ古金銀であれ鋳造された地域、細かい文字の違いで価値は大きく異なります。
古銭の高価買い取りには幅広い知識と緻密な鑑定眼が必要不可欠なのです。

古銭の買い取りを行っている業者は多くても、的確な鑑定ができる査定員は少数なのです。

古銭は販売経路の確保が難しい

古銭を高く売るためには相見積もりをとる事が必須だと説明しましたが、この大きな理由として 古銭は骨董品と並んで販売経路の確保が非常に難しいという点が挙げられます。
買い取り業者はあなたから買い取った品物をより高い価格で、独自の販売経路で再販をします。

要は転売をして利益を挙げているという事です。

古銭の高価買い取りには鑑定が大切だといいましたが、高く転売できるかどうかが非常に重要です。
ですが、腕時計やブランド品と異なり、古銭の販売経路は確保が非常に難しいと言われています。

その為、業者ごとに古銭の買い取り価格は非常にバラつきがあり、古銭の中でも得意分野が異なりますので いくら信頼のおける買い取り業者を知っていたとしても、そこが必ず高く買い取れるとは限らないのです。

だからこそ、古銭の買い取りでは相見積もりをとる事が必要不可欠なのです。

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者の買取プレミアムはこちら
ページ上部へスクロール