古銭買い取り業者徹底比較!

古銭や記念硬貨を高価買取してもらうコツ!売る方法で古銭は高く売れます

古銭買い取りにおけるおすすめの買取業者を紹介します。

古銭買い取りにおいて古銭を高く売るコツとは

業者の比較は重要です!

古銭を高く売る為のコツは非常に簡単です!


複数の古銭買取業者で相見積もりをとる!


古銭の場合はこれだけです。ですので、このページでは古銭・記念硬貨(以下「古銭」で統一)の合い見積もりについて中心にご紹介し、以下のような内容で説明していきます。

  • 古銭を高く売る為に相見積もりが大切な理由
  • 簡単に合い見積もりができるメール査定の流れと方法

古銭では相見積もりを簡単に取る方法がございますので、古銭を少しでも高く売るのであれば当ページを是非参考にしてください。

古銭を高く売る為に相見積もりが大切な理由

相見積もりは大切です!
古銭に限らず買い取りにおいて、【高く売る為に相見積もりをとる】という事は買い取りの基本テクニックですが、 古銭買い取りのコツとして相見積りを紹介する次の理由があります。

古銭買い取りは業者選びの重要性が特に高い

これには古銭という品物の特殊性からくる理由があります。
古銭の買い取りにおいては相見積もりが特に重要という理由は次の二つが挙げられます。

  • 古銭は販売経路の確保が非常に難しい
  • 古銭の査定は手軽だが難しい

この二点について少し詳しく説明します。

古銭は販売経路の確保が非常に難しい

まず、買取業者が品物を高価買い取りする為に必要なのは【優秀な販売経路】が重要です。

買い取り業者は、お客から買い取った品物を転売する事で利益を上げる、いわば【せどり商売】です。つまり、高く再販できるルートがなければ、当然買取価格も低くなります。

ですので、古銭買取業者は高く速やかに転売する為に、独自の古銭販売ルートを必ず確保しています。

ブランド品とは違い、古銭はニーズが限られたコレクターアイテムであり、外国の古銭やコインも含めると種類も膨大になりますので、古銭は販売経路の確保が一筋縄ではいかないようです。

古銭の種類にあった優秀な販売ルートを持っていない場合も買取価格は安くなりますので、優秀な販売経路を持たない古銭買取業者に依頼しないためにも相見積もりを取る必要性が高いのです。

古銭の査定は手軽だが難しい

実は、【古銭の査定は画像があれば可能】です。
ブランド品等は細かな状態の確認等で実物査定が必須ですが、古銭では中古しか存在しないという性質上、実物査定をせずとも査定をして買取価格の提示が可能です。

ですが、古銭を鑑定し正確な買取価格を提示するとなると別問題、知識と経験が必要不可欠です。 例えば、古銭に打刻されている【文字の跳ね方】が少し変わるだけで価値が大きく変わりますし、高価な古銭では贋作ももちろんあります

こういった古銭になると優秀な査定員でなければ鑑定はできず、鑑定ができなければ当然古銭の買い取り価格は下がります。実際に、私は全く同じ古銭で1000円の査定と10万の査定をする業者に出会いました。
古銭は大手買取業者でも種類によって買い取り価格差が大きい為、相見積もりが特に重要なのです。

古銭の相見積もりを取る簡単な方法について

メール査定が有効

前述にも何回か出てきていますが古銭を簡単に合い見積もりを取る方法とは、

複数の買取業者に画像をつけてメール査定を依頼する

非常に簡単ですが、これで古銭買取においては相見積もりが可能です。

古銭は基本的に新品が存在しないため、実物査定でしか分からない細かな傷や劣化に関してはかなり寛容なので、メールで写真を送ればかなり精度の高い査定が可能なのです。

しかも、画像は使いまわしができるので、一社に送った後は同じ画像を添付してメール査定を依頼するだけで相見積もりが取れるので非常に簡単なのです。

では、具体的な相見積もりをとる方法ですが、次の3ステップに沿って詳しく説明します。

  • 古銭の両面の写真をとる
  • 気になる買い取り業者のサイトから問い合わせをする
  • 返信を待ち、査定価格の高いところで依頼する。

古銭の両面の写真をとる。

まず、撮影はスマホのカメラで大丈夫です。そして、古銭の写真は片面でも大丈夫ですが、両面を撮影して送った方がベターです。

査定をしてほしい古銭が複数枚ある場合は、下の写真のように並べて、まとめて撮影をすればよいです。画像では同じ古銭を並べていますが様々な古銭、長銀、穴銭を並べても大丈夫ですし、紙幣に関しても同じように並べて撮影すればOKです。

写真撮影のサンプル画像

この時に注意するのは、「商品の光の反射」「裏面の撮影時に古銭の位置を変えない」「並べる枚数は適量にする」という点です。

要は古銭買取業者の査定員が写真を見て査定ができる程度に商品が確認できれば良いという事ですので、塩梅が分からなければ上記の画像の様に並べて裏表の画像を送ればよいです。


この方法で大体の枚数ならメール査定で対応可能なのですが、あまりにも大量の古銭の買取(査定)を依頼するので「写真を撮影するのが億劫だ」という方は、出張査定を依頼して自宅で直接査定をしてもらった方が楽かもしれません。

ですが、自宅に呼んで直接査定をしてもらう出張買取には少々注意が必要です。それは、1.業者の押しに負けて納得しないままに買い取りを依頼する事と、2.悪徳業者に依頼しないようにする事です。

買取業者は基本的に押しが強いですが、一旦断る意志をきちんと示せれば大丈夫です。 別に一度断ったとしても、後日宅配にて買取を依頼する事も可能ですので、全ての買取業者に出張査定をしてもらった後にゆっくり決めても大丈夫です。

買い取り価格はすぐには変わりませんし、宅配キットも郵送料も大体の買取業者は無料ですので、安心してください。

そして、悪徳業者に合わない方法ですが、買取業者を適当に選ばない事が大切です。当サイトの下記ページにておすすめの古銭買取業者もご紹介していますのでそちらも参考に古銭買取業者を選択してみてください。

気になる買い取り業者のサイトから問い合わせをする

写真撮影のサンプル画像

実際にメール査定をする際には、買取業者のサイトへ行き画像(福ちゃんのPC専用フォームを引用)のような「問合せフォーム」を探します。大体の場合「WEB査定」「メール査定」「問合せ」といったボタンがありますので、すぐに見つかるはずです。

問合せフォームがあれば必要な項目を入力し、画像を添付して「査定をお願いします」と一言添えて送れば完了です。電話での連絡がNGであれば「査定結果の連絡はメールでお願いします」と添える事で、よほど変な担当者でない限りは電話対応をする必要もございません。

この方法を2~3の買取業者に繰り返し行えば相見積もりは完了します。連絡をしてもらうメールアドレスはフリーアドレスを使用しても大丈夫です。

ですが、買取業者によっては問合せフォームから画像が送れなかったり、備考欄が用意されていない場合があります。その場合は、とりあえず一度問合せフォームから問い合わせをし、担当者から連絡がきますので、「まずは写真を送って査定をして欲しいので、メールで対応して欲しい」と伝える事で、画像を送るメールアドレスを教えてもらえるはずですので、そちらから送れば大丈夫です。

備考欄があれば、備考欄にメール査定の旨を記載すればOKです。

返信を待ち、査定価格の高いところで依頼する

メールを送信してからおよそ2~3営業日で査定の連絡がきますのでそこから高い査定価格を提示してくれた買取業者に相談して、買取依頼すればOKです。

ですが、注意点として初めから査定価格が知りたいだけであっても必ず次の文章の様なお礼と検討の返事をしましょう。

「査定をしていただきありがとうございました。こちらの情報を基に検討してみますので、買取を依頼させていただく際にはこちらから再度ご連絡をさせていただきます。」

マナーの意味もありますが、連絡が途絶えたら買取業者から電話連絡等が定期的にきますので、きちんと伝えておいた方が手間ではないからです。

古銭の高価買取には業者の選び方も大切です

ここまで、古銭の高価買取には相見積もりを取ることが大切とお伝えし、古銭の合い見積もりを取る方法をご紹介してきました。

ですが、もう一つ古銭の高価買取にはとても大切な事があります。

それは、古銭買取業者の選択です。

いくら合い見積もりをとっても、レベルの高い古銭買取業者がいなければ高価買取は当然ながら実現しません。ですので、合い見積もりを取る際には前述にもありますが当サイトで紹介しているおすすめ古銭買取業者も参考にしてみてください。

私の古銭買取に関する実体験に基づいた情報や口コミ・評判までご紹介していますので、きっとお役に立つはずです。

そして、合い見積もりに関してですが、買取業界では合い見積もりを取ることは引越し業者で合い見積もりを取るくらい普通の事ですので、気になるのであれば遠慮せず相見積もりをかけた方がお得ですよ!

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者のスピード買取はこちら
ページ上部へスクロール