古銭買い取り業者徹底比較!

小判の価値と概要を紹介します。
小判買い取りをお考えの際にもご参考にしてください!

  1. 古銭買い取り比較トップ
  2. 小判の価値とおすすめ買い取り業者
小判の価値と概要、おすすめ買い取り業者を紹介します!

小判の価値と買い取り価格はいくらくらい?

古銭の価値に悩む女性

小判とは別名小判金とも呼ばれ、江戸時代に流通した金貨の一種であり、古金銀の一種です。
古金銀の価値や種類一覧はこちら

小判と言えば誰もが形をイメージできるほど有名な古銭であり、小判の価値は古銭の中でも非常に高くなっています。
ですが、小判と言っても鋳造された時期で10種類に分ける事ができます。

このページでは各時代の小判の価値や概要、買取価格についてご説明します。

ですが、一つ注意していただきたい事があります。
買い取り価格に関しては明確な金額は説明しずらいという事です

理由は、各小判の取引価格(価値)の相場は大体検討が付きますが、古銭買い取り業者の提示する価格は業者によって幅があります。
つまり、ここで説明する取引価格(価値)の相場=買い取り価格ではないという事です。
ですが、安心して下さい。
小判の買い取り価格を簡単に知る方法はあります!
ですので、まずはそちらの方法から簡単に説明します。

小判の価値を簡単に知る方法

メール査定がおすすめ

小判の価値を知る方法は至極簡単です
業者にメール査定を依頼するだけ
これだけで専門家に小判を査定してもらえます。

小判を含む古銭は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに価値が明らかになります。

素人には小判の贋作を見分ける事すらも困難ですし、小判は状態によっても買い取り価格が変動するので、 メール査定は価値を知る為にこの上ない程の最善の手段なのです!
そして、メール査定をしても、買取は簡単に断れますのでご安心ください♪

小判をメール査定してもらうのにお勧めの業者は次のページを参考にしてください

おすすめの古銭買い取り業者はこちらをご参考にしてください。

メールでの査定方法はこちらを参考にしてください。

小判の価値について

では、小判の価値と基本的な情報について説明していきます
まず、このページで説明する小判の一覧は次の通りです。

上記の小判リンクをクリックするとスクロールします。

小判の価値と概要、買い取り価格を紹介

慶長小判の価値と買い取り価格

慶長小判
鋳造~通用期間:1601年~1695年(寛永6年~元禄8年の約94年)
古銭としての価値:非常に高い
素材:金86.28%、銀13.20%
慶長小判は「初代の江戸小判」であり、慶長小判の中でも「江戸座」「京座」「駿河座」等に分類される事がありますが、実態は分類される根拠が薄く、鋳造地に関する分類等は今も解明されていません。
取引価値は非常に高く170万円~180万円程であり、買い取りに関する価格ももちろん非常に高額です!

元禄小判の価値と買い取り価格

元禄小判
鋳造~通用期間:1695年~1710年(元禄8年~宝永7年の約15年間)
古銭としての価値:非常に高い
素材:金56.41%、銀43.19%
元禄小判は別名「元禄金」や「元治金」とも呼ばれ、慶長小判に次ぐ江戸時代に二番目に通用された金貨です。
江戸時代の小判の中では最も高額で取引が行われる小判の一つで、状態にもよりますが200万円を超える事もあります。 買取価格ももちろん高額ですが贋作も多い為、真贋鑑定はきちっとおこなっておきましょう。

宝永小判の価値と買い取り価格

宝永小判
鋳造~通用期間:1710年~1738年(宝永7年~元文3年)
古銭としての価値:非常に高い
素材:金83.40%、銀16.55%
宝永小判は別名「乾字小判」と呼ばれ、「乾」字が打印されているのが非常に特徴的な元禄小判に次ぐ江戸時代に三番目に通用された金貨です。
綺麗な状態であれば100万円を軽く超える価格で取引され、小判の中でも高い価値を持つ小判です。

正徳小判の価値と買い取り価格

正徳小判
鋳造~通用期間:1714年(正徳4年、4ヶ月)
古銭としての価値:最高額
素材:金85.69%、銀14.25%
正徳小判は宝永小判に次ぐ、江戸時代に4番目に通用された小判であり、別名「武蔵小判」とも呼ばれています。
武蔵と呼ばれる所以は、慶長金である「武蔵墨書小判」の品位に近い事から呼ばれており、 取引価格は250万円を超える価値をもつ最高額の小判ですので買い取りならば可能な限り相見積もりをとりましょう!

享保小判の価値と買い取り価格

享保小判
鋳造~通用期間:1414年~1827年(正徳4年~文政10年)
古銭としての価値:かなり高い
素材:金86.14%、銀13.55%
享保小判は正徳小判に次ぐ、江戸時代に5番目に通用された小判で、 正徳時代に鋳造された事から「正徳後期小判」とも呼ばれますが、明確に区別する為にも享保小判とされています。
取引価格は状態の良いもので60万円であり、古銭買い取りにおいてもかなり良い値がつく小判です。

元文小判の価値と買い取り価格

元文小判
鋳造期間:1736年~1827年(元文元年~文政10年)
古銭としての価値:かなり高い
素材:金65.31%、銀34.41%
元文小判は享保小判に次ぐ江戸時代に6番目に通用された小判であり、「文字小判」とも呼ばれています。後に文政小判の鋳造以降は、区別をする為に「真文小判」や「古文字小判」と呼ばれました。
この時期以降の小判から価値は大きく下がり、取引価格は大体25万前後、買い取り価格はその5割~7割程度という所です。

文政小判の価値と買い取り価格

文政小判
鋳造期間:1819年~1842年(文政2年~天保13年)
古銭としての価値:かなり高い
素材:金56.05%、銀43.58%
文政小判は元文小判に次ぐ、江戸時代に7番目に通用された小判で、別名「新文字小判」、「草文小判」とも呼ばれます。
元文小判と同様に「文」字が打印されていますが、文政小判は文字が草書体であり、これは別名の由来でもあります。 取引価格は20万前と、小判としては見劣りしますが、古銭としてはかなり価値の高い部類です。

天保小判の価値と買い取り価格

天保小判
鋳造期間:1837年~1874年(天保8年~明治7年)
古銭としての価値:高い
素材:金56.77%、銀42.86%
天保小判は文政小判に次ぐ、江戸時代に8番目に発行された小判で、「保」字が打印されている事から「保字小判」とも呼ばれています。
取引価格は状態の良いものでおよそ15万程であり、古銭買い取り業者による買い取り価格となると10万前後、状態が悪ければ5万前後が目安です。

安政小判の価値と買い取り価格

安政小判
鋳造期間:1859年~1874年(安政6年~明治7年)
古銭としての価値:非常に高い
素材:金56.77%、銀43.23%
安政小判は天保小判に次ぐ江戸時代で9番目に発行された小判であり、「正」字が打印されている事から「正字小判」とも呼ばれています。
鋳造期間が短く、古金銀通用停止により多くが回収されたため現存数は僅かな事から、 江戸後期に鋳造された小判でありながら価値が高く、状態が良ければコレクター間では70万円前後で取引が行われます。

万延小判の価値と買い取り価格

万延小判
鋳造期間:1860年~1874年(万延元年~明治7年)
古銭としての価値:高い
素材:金57.25%、銀42.35%
万延小判は江戸時代で最後に鋳造された小判であり、安政小判に次いで鋳造された小判です。 別名「新小判」や「雛小判」とも呼ばれ、安政小判同様鋳造期間は短期間かつ現存する量も少数です。
江戸に発行された小判の中で圧倒的に量目が低い事もあり、取引価格は12万前後と小判の中では最も価値が低く買い取り価格も同様です。
  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者の買取プレミアムはこちら
ページ上部へスクロール