古銭買い取り業者徹底比較!

伊藤博文1000円紙幣の価値と買い取り情報を紹介します。

  1. 古銭買い取り比較トップ
  2. 伊藤博文1000円紙幣買い取り情報
伊藤博文1000円紙幣の価値と買い取り価格、概要を紹介します!

伊藤博文1000円紙幣の価値とは?

古銭の価値に悩む女性

ここでは伊藤博文1000円札の価値についてお話しします
もし、伊藤博文1000円札を含む古銭を高価買い取りしてくれる業者をお探しであればトップページをご参考にしてください。

トップページでは、私の過去の古銭買い取りの実体験を基に、様々な古銭を高く買い取ってくれた業者をご紹介しています。
では、伊藤博文1000円札についてをご紹介します

伊藤博文1000円札について

まず、価値を説明する前に【伊藤博文1000円札】について簡単に説明します。
1000円紙幣には【甲号券】【B号券】【C号券】【D号券】【E号券】の5種類に分類できます。
伊藤博文1000円紙幣は【C号券】の事を指し、現在の野口英世1000円紙幣は【E号券】です。

こちらが伊藤博文1000円札(C号券)です

伊藤博文1000円札表 伊藤博文1000円札裏

1963年(昭和38年)に発行が開始され、1986年(昭和61年)に支払いが停止されました。
実は、聖徳太子10000円紙幣、5000円紙幣と全く同じ年に支払いが停止されています。
この時期に、三種の紙幣は同時に切り替えがされました。

古紙幣ではありますが、まだまだ近年の紙幣ですので伊藤博文1000円紙幣は40代以上の方は普通に使用していた紙幣です。

伊藤博文1000円紙幣の買取価格(価値)について

では、肝心の【伊藤博文1000円札の価値】についてですが一部を除き額面通りです。
紙幣に共通して言える事ですが【現在使用可能な銀行券】は基本額面以上の価値が見込めないのです。
ですが、状態が【未使用】や【ピン札】の伊藤博文1000円紙幣であれば、額面以上の価値はあります。

更に、【前期に発行された伊藤博文1000円紙幣】【一桁ナンバー】はかなり価値が高まります!
一桁ナンバーとは、お札に記載されている頭のアルファベットが一桁の紙幣の事です。
※上画像の紙幣は「RW542017T」ですので、二ケタナンバーになります。

そして、前期に発行された紙幣かどうかの判断はナンバーに使用されているインクの色です。
【黒色】であれば前期、【紺色】であれば後期のものと判断できます。
※インクの色は見分けが難しいので、ページ下部で簡単な見分け方をご説明します。

そして、非常に価値の高い伊藤博文1000円紙幣も存在します。
このような紙幣の事をプレミア紙幣と言いますが、プレミア紙幣であれば状態が悪くても額面以上の価値が期待できます!

プレミア価値のある伊藤博文1000円紙幣について

伊藤博文1000円札でプレミアがつく代表的なものは「ミスプリント」「エラープリント」です。
これは、【お札の余白が大きい】や【印刷がずれている】というやつです。
そして、もう一つ大切な要素は【お札のナンバー】です

伊藤博文1000円札表 伊藤博文1000円札裏

この画像の「RW542017T」というナンバーが例えば「A〇〇〇〇〇〇A」(A-A番)「NG〇〇〇〇〇〇A」(NG版)のように数字が【A】で挟まれているような、「アルファベットの並びが珍しい」紙幣や「WK111111A」「H123456A」の様にぞろ目や連番のものにはプレミア価値があります。

上記の様な珍しい紙幣であれば、状態が悪くても高い価値を期待できます!
ですが、状態における買取価格に関しては買取業者次第であり、同じプレミア紙幣でも折れ目があるものよりも「ピン札」や「未使用」の紙幣の方が価値は高いです。

そして、もう一点重要な事があります。
上記で説明した【紙幣№】はともかく、【エラープリント】に関しては見分ける事が非常に困難です。
また、素人では状態を加味した上で価値を判断する事も当然に困難です。

ですので、次は【一分でできる古銭の価値を調べる方法】を教えます。

誰でもできる!一分で古銭の価値を調べる方法

メール査定がおすすめ

方法は至極単純かつ簡単です
業者にメール査定を依頼するだけ
これだけで専門家に古銭を査定してもらえます。

古銭は写真があればほぼ確実な査定が可能です。
ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、簡単に古銭の価値が明らかになります。
数が多くて大変であれば、古銭の名称だけ送れば基本相場ぐらいは知る事ができます。

更に、このメールで査定は悪徳業者を見抜く為にも重要な事でもあり、古銭においては買取価格も分かるので正に一石二鳥の方法です。
伊藤博文1000円紙幣の正確な価値が知りたい方はネットで調べるよりもメール査定がおすすめです!

査定におすすめの業者はトップページをご参考にしてください。

メールでの査定方法はこちらを参考にしてください。

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者の買取プレミアムはこちら
ページ上部へスクロール