古銭買い取り業者徹底比較!

岩倉具視500円紙幣の価値と買い取り情報を紹介します。

  1. 古銭買い取り比較トップ
  2. 岩倉具視500円紙幣買い取り情報
岩倉具視500円紙幣の価値と買い取り価格、概要を紹介します!

岩倉具視500円紙幣の価値とは?

古銭の価値に悩む女性

ここでは岩倉具視500円紙幣の価値についてお話しします
もし、岩倉具視500円紙幣を含む古銭を高価買い取りしてくれる業者をお探しであればトップページをご参考にしてください。

トップページでは、私の過去の古銭買い取りの実体験を基に、古銭を高く買い取ってくれた業者をご紹介しています。
では、岩倉具視500円紙幣についてをご紹介します

岩倉具視500円紙幣について

まず、価値を説明する前に【岩倉具視500円紙幣】について簡単に説明します。
岩倉具視500円紙幣は昭和26年発行された【B号券】と昭和44年に発行された【C号券】と2種類あります。

こちらが岩倉具視500円紙幣のB号券

大倉具視500円紙幣B号券-表 大倉具視500円紙幣B号券-裏

こちらが岩倉具視500円紙幣のC号券(新岩倉500円紙幣)

大倉具視500円紙幣C号券-表 大倉具視500円紙幣C号券-裏

B号券とC号券を見比べてみて気付くかと思いますが、富士山と岩倉具視の画像は同じ原画を使用している為。基本デザインは似ています。 この岩倉具視500円紙幣は昭和57年に「500円硬貨」が誕生してから徐々に数は少なくなり、平成6年に支払いが停止されました。

ですが、トータルで2億枚以上は潜在的に現存しているとされ、この枚数は2000円札よりも多いとされています。

では、肝心の【岩倉具視500円紙幣の価値】についてですが、基本的に額面以上の価値はないとされています。 希少性が非常に低く、岩倉具視500円紙幣は【現在も有効な銀行券】ですので、昔の古銭と比べても紙幣自体には付加価値ほとんどありません。

時々、良心的な業者は数十円だけ額面にプラスして査定してくれることがありますが、基本的には銀行に持っていっても、古銭買い取り業者に買い取りをお願いしても同額と思っていいでしょう
ですが、岩倉具視500円紙幣でもプレミア価格で買い取ってもらえるのも存在します!

プレミア価値のある岩倉具視500円紙幣について

特に価値が高いとされる岩倉具視500円紙幣の代表的なものは「エラープリント」「ミスプリント」のものです。 これは、「50円玉の穴ずれ」や「お札の余白が大きい」みたいなものです。
そして、もう一つ大切な要素は【お札のナンバー】です

大倉具視500円紙幣B号券-表 大倉具視500円紙幣B号券-裏

この画像の「H750098A」というナンバーが例えば「A〇〇〇〇〇〇A」「NG〇〇〇〇〇〇A」のように数字が【A】で挟まれている、また【NG】で始まるような、 珍しいアルファベットの並びや、番号が「H111111A」「H1123456A」の様にぞろ目や連番のものはプレミア価値があります。

私も過去に依頼する時に勉強した知識で専門家ではないので、プレミア価値のつく組み合わせを全て把握していませんが、 組み合わせも様々らしいので、あなたの持っている【岩倉具視500円紙幣】は気づいていないだけでプレミア価値がある可能性があります。

特にエラープリントは素人では見分ける事が困難なモノもあります!
ですので、次は【一分でできる古銭の価値を調べる方法】を教えます。

誰でもできる!一分で古銭の価値を調べる方法

メール査定がおすすめ

方法は至極単純かつ簡単です
業者にメール査定を依頼するだけ
これだけで専門家に古銭を査定してもらえます。

古銭は写真があればほぼ確実な査定が可能です。
ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに古銭の価値は明らかになります。
数が多くて大変であれば、古銭の名称だけでもを送れば基本相場を教えてくれます。

小判や大判、寛永通宝などの古銭はかなり高価な価値があり、見分けが難しいです。 このメールで査定は、悪徳業者を見抜く為にも重要な事ですが、古銭に置いては買取価格も分かるので非常におすすめです。

「古銭の価値が知りたい!」という方はネットで調べるよりもメール査定がおすすめです!

査定におすすめの業者はトップページをご参考にしてください。

メールでの査定方法はこちらを参考にしてください。

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者の買取プレミアムはこちら
ページ上部へスクロール