古銭買い取り業者徹底比較!

国際科学技術博覧会記念硬貨の買取相場と概要とは?

記念硬貨買い取りにおけるおすすめの買取業者を紹介します。

国際科学技術博覧会記念硬貨の価値と概要

国際科学技術博覧会記念硬貨

国際科学技術博覧会記念硬貨とは、つくば国際科学技術博覧会を記念して発行された記念硬貨で、開催日の5日前となる1985年3月12日に発行されました。
つくば科学万博を記念して発行されたため、別名「つくば国際科学技術博覧会記念500円白銅貨」と呼ばれることもあります。 種類は500円玉で、品位は銅が750に対してニッケルが250、素材は白銅が採用されています。

表の図柄は筑波山と茨城県の県木に制定されている梅が描かれており、裏面には科学技術博のシンボルマークと"TSUKUBA EXPO '85"のレタリングがデザインされています。 大きさは直径が30mmに重量が13gで、こちらの記念硬貨も合計7000万枚と大量の枚数が発行されました。

国際科学技術博覧会記念硬貨の買取価格は現在でもそれほど伸びておらず、価値は美品の状態でおよそ800円~1000円程度に留まり、買取価格にすると額面通り~600円程度が相場となります。 7000万枚と記念硬貨の中では発行数が最も多いため入手の難易度もそれほど高くなく、今のところ希少価値は高くありません。

しかしつくば科学技術博の会場で限定発売されたミントセットは発行部数が10万部と少なく、高値で買い取りされる傾向にあります。状態にもよりますが大体1500~2000円程度の買取価格になりますので、額面よりも高い価値を持つセットとなっています。

つくば科学技術博(国際科学技術博覧会)は茨城県で開催された特別博覧会で、日本を含む48ヵ国と37の国際機関が参加した大規模な博覧会となりました。 総入場者は2033万人を超えるほどの大盛況ぶりで、当時行われた博覧会の中で最高の入場者記録となります。
日本で開催される博覧会としては3回目であり、このつくば科学技術博を機につくばの知名度が世界的に上昇することとなるのです。

記念硬貨の価値を簡単かつ正確に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明するのはあくまでも記念硬貨の目安の価値と買い取り価格ですので、先に記念硬貨の価値を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に記念硬貨を査定してもらえます。

記念硬貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに価値が明らかになります。

そして、記念硬貨は状態によって価値が変動しますので、メール査定は状態も考慮した記念硬貨の正確な価値を知る為にこの上ない程の最善の方法です!
特に、価値の高い記念硬貨をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。 そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください♪

記念硬貨をメール査定してもらうのにお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

査定におすすめの業者はトップページをご参考にしてください。

メールでの査定方法はこちらを参考にしてください。

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者のスピード買取はこちら
ページ上部へスクロール