古銭買い取り業者徹底比較!

内閣制度創始100周年記念硬貨の価値と買取価格と概要

  1. 内閣制度創始100周年記念硬貨の価値と買い取り価格
記念硬貨買い取りにおけるおすすめの買取業者を紹介します。

内閣制度創始100周年記念硬貨の価値と概要

内閣制度創始100周年記念硬貨

内閣制度創始100周年記念硬貨とは、1885年に始まった内閣制度が1985年に100年を迎えた記念で発行された記念硬貨です。 そのため表面の図柄は内閣総理大臣官邸、裏面にも内閣の印がデザインされており、裏表ともに内閣に関連する図柄で統一されています。
種類は500円白銅貨で、大きさは30mm重量は13gと、直径・重量ともに一つ前に発行されたつくば科学技術博500円記念硬貨と同一です。 品位は銅が750に対してニッケル250で、種類は白銅貨になります。

つくば科学博500円玉との共通点は直径や重量だけでなく、その枚数も70,000,000枚と同じ数が発行されました。 枚数が多いために今でも希少価値はそれほど上がっておらず、買取価格も大体額面程度となります。

内閣制度百周年500円白銅貨の価値は、美品であればおよそ1000円前後であり、買取価格は600円~700円程度が相場と言えます。 しかし流通しているほとんどが並品であるため、あまり高価買取は期待できない記念硬貨となります。

内閣制度創始100周年記念硬貨も他の記念硬貨と同様にミントセットが発売されましたが、ミントセットの販売部数も74万6000部と多く希少性が薄いため、こちらもあまり値上がりしていません。 しかし美品であれば販売定価ほどで買取してもらえる可能性もありますので、古銭買取店の無料査定を利用するのも良いかと思います。

内閣制度の創始前までは1868年に布告された太政官制度が採用されていましたが、情勢の変化と目前に迫った国会の開設に備え、新しい時代に適応する必要があったため内閣制度が発足しました。 初代総理大臣には伊藤博文が就任し、内閣制度の運営についてを規定した内閣職権も同時期に制定されました。

記念硬貨の価値を簡単かつ正確に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明するのはあくまでも記念硬貨の目安の価値と買い取り価格ですので、先に記念硬貨の価値を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に記念硬貨を査定してもらえます。

記念硬貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに価値が明らかになります。

そして、記念硬貨は状態によって価値が変動しますので、メール査定は状態も考慮した記念硬貨の正確な価値を知る為にこの上ない程の最善の方法です!
特に、価値の高い記念硬貨をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。 そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください♪

記念硬貨をメール査定してもらうのにお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

査定におすすめの業者はトップページをご参考にしてください。

メールでの査定方法はこちらを参考にしてください。

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者の買取プレミアムはこちら
ページ上部へスクロール