古銭買い取り業者徹底比較!

長野オリンピック記念硬貨の買取相場と概要とは?

記念硬貨買い取りにおけるおすすめの買取業者を紹介します。

長野オリンピック記念硬貨の価値と概要

長野オリンピック記念硬貨

「長野オリンピック記念硬貨」とは、1998年に開催された長野オリンピックを記念して発行された記念硬貨で、1次・2次・3次と3回に渡って発行されました。
更にそれぞれ500円硬貨、5000円硬貨、そして10000円硬貨とありますので、こちらのページでは順に説明していきます。

長野オリンピック500円記念硬貨は直径が26.5mm・量目7.2gで、図柄は1次がスノーボード、2次がボブスレー、そして3次にはフリースタイルの選手が描かれています。 裏面には長野県の県鳥である雷鳥とオリンピックのマーク、そして"1998 NAGANO"と記されています。 それぞれ2000万枚が発行されましたので、合計で6000万枚の500円記念硬貨が発行されたことになります。
「長野五輪500円白銅貨」の価値は、完全未使用の美品状態でおよそ1500円前後、買取価格は800円前後が相場となります。

けれども500円記念硬貨だけでは買取不可となっている場合もありますので、長野オリンピック500円記念硬貨を売る場合は、実績のある記念硬貨買取業者に依頼するようにしましょう。 しかし以下でご紹介する5000円銀貨、1万円金貨とのセットであれば価値が上乗せされる場合もありますので、もし全て揃ったセット状態でお持ちであればバラさずに売ると良さそうです。

長野オリンピック5000円記念硬貨は素材が銀925/銅75ですので、地銀の価値も持つ記念硬貨です。 1次の図柄はアイスホッケー、2次はバイアスロン、3次はパラリンピックのアルペンスキーを行う選手の姿が描かれており、当時の光景そのままの躍動感に溢れています。 裏面には長野県の県獣であるカモシカが描かれた愛らしい図柄で、こちらも右上に"1998 NAGANO"と記されています。
こちらの「長野五輪5000円銀貨」の価値はおよそ7500円前後となりますが、その時々の銀相場によっても買取価格が上下する傾向にあります。 直径が30.0mm、量目が15.0gの記念硬貨ですので、記念硬貨買取業者を利用する場合は銀の買取相場-数百円×重量をひとつの目安として捉えておくと良いでしょう。

長野オリンピック1万円金貨は素材がK24ですので、こちらは非常に高く売れる記念硬貨となっています! デザインは1次にはジャンプをする選手、2次にはフィギュアスケート、3次にはスピードスケートの姿が描かれ、裏面には長野県の県花であるりんどうが描かれています。
長野五輪1万円金貨の価値はだいたい8万前後であり、買取価格は4万円前後が相場価格となります。
しかし銀貨と同じようにその日の金相場によって買取価格は上下し、こちらの記念硬貨も金の買取相場-数百円×重量が買取価格の目安となります。 長野五輪一万円金貨は直径が26.0mm、量目が15.6gですので、こちらの量目をその日の金の買取相場と掛けてみてください。

記念硬貨の価値を簡単かつ正確に知る方法

メール査定がおすすめ

このページでは説明するのはあくまでも記念硬貨の目安の価値と買い取り価格ですので、先に記念硬貨の価値を正確に知る方法をご紹介します。

それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です
これだけで専門家に記念硬貨を査定してもらえます。

記念硬貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに価値が明らかになります。

そして、記念硬貨は状態によって価値が変動しますので、メール査定は状態も考慮した記念硬貨の正確な価値を知る為にこの上ない程の最善の方法です!
特に、価値の高い記念硬貨をお持ちであれば、こちらのメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。 そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください♪

記念硬貨をメール査定してもらうのにお勧めの古銭買取業者は次のページを参考にしてください

査定におすすめの業者はトップページをご参考にしてください。

メールでの査定方法はこちらを参考にしてください。

  • 今月のおすすめ業者!
  • おすすめ古銭買い取り業者のスピード買取はこちら
ページ上部へスクロール